自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険の免責金額の設定を工夫したら、保険料が安くなった!

車両保険の契約の際、「免責」という言葉が登場します。この免責をしっかり理解していないと、車両保険を付けるときに思わぬ損をする可能性があります。そして、車両保険の免責を正しく理解すれば、自動車保険の保険料はぐっと安くなるのです。そこで今回は、車両保険の免責について説明をしましょう。

車両保険の免責金額の設定を誤ると、保険料が高くなる

車両保険の免責金額、あなたはよく分からないまま決めていませんか?

実は、この「免責」の仕組みをよく理解すれば、車両保険にかかる保険料を抑えることができ、結果的に自動車保険の保険料を安くする結果になるのです。

車両保険の「免責金額」とは、事故に遭った際「あなたが負担する金額」

事故による破損などで車の修理が必要になったとき、その修理費用の一定額を保険会社ではなく、被保険者本人が負担することがあります。それが「免責」です。

車両保険における免責金額とは、「保険会社が支払いを免れる金額=被保険者の自己負担になる金額」のことを示しています。下の図で見ると分かりやすいですね。

width="100%"

しかし、もしものために保険に入っているのに、どうしてわざわざ自己負担するのでしょうか。

なお、こちらの記事では、車両保険で免責金額を設定するメリットを説明しているので、参考にしてください。

車両保険の免責金額が0(ゼロ)に近いほど、自動車保険の保険料が高くなる

免責金額、すなわち自分で負担する金額について、いくらにするかを設定(選択)することができます。基本的には車両保険の対象となる事故の1回目の免責金額、2回目以降の免責金額を、それぞれ設定することが多いようです。保険会社によっても異なるものの、1回目の車両事故は5万円、2回目以降の車両事故は10万円に設定した場合、【5-10】と表記されることもあります。

このとき、【0-0】と表記される場合もあります。これは、どのような意味なのでしょうか。

【0-0】とは、何回目の事故であっても自己負担を負わないという意味です。つまり「免責金額を設定しない」というわけです。

免責の回数は、契約期間の更新でリセットされる

先述のように、免責金額は多くの保険会社で1回目と2回目の事故時の金額を設定します。この回数は、通常の自動車保険は1年で契約期間が満了になるため、それに伴い、更新のタイミングでリセットされます。

つまり、車両事故が自身が経験する2回目の事故であったとしても、契約更新後であれば、1回目の免責金額が適用されるのです。

免責金額を除いた保険金に、所得税はかからない

保険会社から収受する保険金は、車両保険の契約時に設定した免責金額を除いた金額となります。そして、この保険金には所得税がかかりません(非課税)。その理由は、受け取った保険金は利益ではないためです。つまり、所得税がかからないというわけです。

補償範囲と車両保険を使った場合の等級への影響

「事故によって等級が下がり、自動車保険の保険料が上がってしまった……」

そんなときには、車両保険の免責金額を高めに設定し直してみるのがいいでししょう。免責金額を高設定すると、自動車保険の保険料を抑えることができます。

車両保険の免責金額と等級の、保険料への影響

一般に車両保険を付帯すると、自動車保険の保険料は高くなってしまいます。しかし、免責金額を高く設定することで保険料が節約できます。

また、事故によって車両保険を使った場合、事故の内容によって3等級、もしくは1等級下がります、そして等級が下がると、保険料は上がってしまします。

車両保険でカバーされる事故と、等級ダウンの程度

車両保険には、大きく分けて補償範囲の広い「一般型」と、補償範囲が限定された「エコノミー型」とがあります。補償が充実している分、一般型の車両保険のほうが保険料は高くなります。

一般形 補償範囲が広く、自損事故や当て逃げ事故もカバーするタイプ
エコノミー型 補償範囲が限定されるが、保険料が安くなるタイプ

そして、「車両保険が適用される事例=免責が発生する事例」なのです。

補償範囲 一般型 エコノミー型 ダウンする等級
他車との事故 3等級
自損事故 × 3等級
当て逃げ × 3等級
転落・転倒 × 3等級
盗難 1等級
いたずら 1等級
落書き 1等級
飛び石 1等級
台風・洪水 1等級
火災・爆発 1等級
地震 × × -

なお、地震については車両保険では補償されないので、注意が必要です。

保険スクエア!

車両保険の免責金額の設定で、保険料を抑えるテクニック

車両保険では、実際に事故を起こしてしまった際に備えて免責金額をゼロ【0-0】に設定すると、月々の保険料は上がってしまいます。ここでは、車両保険の免責金額の設定を工夫し、保険料を安くする方法を紹介します。

知っておくべき、車両保険の免責金額を“あえて”高く設定する「2つ」のメリット

保険料を安くするために、車両保険の免責金額を“あえて”高く設定するという方法があります。
車両保険の免責金額は、高く設定すればするほど月々の保険料は安くなります。つまり【0-0】よりも、【0-10】や【5-10】、さらには【10-10】に設定したほうが保険料は安くなるのです。

保険会社や個人の条件によって金額は変わるものの、だいたい年間で8,000円から15,000円もの差額が生まれます。

実は、免責金額をいくらに設定していても、必ずしもその金額を負担するとは限りません。そのため、免責金額を設定しておいたほうが、保険料が安くなって「お得」かもしれません。
それでは、免責金額を負担しなくてよいのはどのようなときでしょうか。それは車が全損したときです。

免責金額の自己負担が不要になる全損には、大きく分けて以下の3つのケースがあります。

  • ケース①:車が修復不可能な「物理的全損」になってしまった
  • ケース②:修理費が車両保険金額以上の「経済的全損」になってしまった
  • ケース③:契約車両が丸ごと盗難被害に遭ってしまった

ケース①:車が修復不可能な「物理的全損」になってしまった

まず挙げられるのが、車が事故などによって、修復不可能なまでに損壊してしまった場合です。これを「物理的全損」と言います。車が機能を果たせなくなってしまったときは、全損として扱われます。

ケース②:修理費が車両保険金額以上の「経済的全損」になってしまった

次に挙げられるのが、修理費が車両の時価額(車両保険金額)を上回る「経済的全損」です。

車両保険に加入するとき、車両保険金額(補償の上限金額)を設定します。車両保険金額は、一般的に契約時に各保険会社が設定した車両の時価額、再調達価額が基になっています。この車両保険金額を修理費が超えてしまうと、全損扱いになります。

例えば、事故による修理費用が50万円となった場合、車両保険金額が30万円であれば、修理可能な状態であっても全損として扱われるのです。

ケース③:契約車両が丸ごと盗難被害に遭ってしまった

車が盗難の被害にあって発見できないときも、実は全損として扱われます。盗難によって全損扱いになり、保険金が支払われた後は、その車の所有権は保険会社に移転します。そのため、その後に盗まれた車が発見されたとしても、原則として返還してもらえないのです。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

知らなきゃ損!?車両保険の「免責ゼロ」のデメリット

車両保険で免責金額をゼロ(【0-0】)にするデメリットは、支払う保険料が大幅に上がってしまうという点です。

先に述べたような例外はあっても、免責金額はもしものときに自己負担になる金額です。

この点、免責金額をゼロにしないと、いざというときに保険料を受け取れないわけではありません。そもそも、必ず事故が起きるとは限らず、事故に遭わず、保険料を掛け捨てて済めばそれに越したことはありません。

そのため、免責金額を【10-10】に設定して保険料を抑え、万一のときに備えて自己負担できる余裕を持つというのが賢い選択と言えるでしょう。事故時に自分の手元にいくらくらいの余裕をつくれるかを考慮したうえで、免責金額を設定することが最も重要です。

これさえ分かれば安くできる!免責金額の設定パターンと保険料の関係性

そうは言っても、具体的に1回目と2回目の設定金額をいくらにすればいいのでしょうか。ここでは、免責金額の設定パターンを紹介します。あなたにあった免責金額を設定しましょう。

あなたはどれ?免責金額設定の「4つ」のパターン

免責金額の幅は保険会社ごとに異なるものの、設定方法には大きく分けて次の4つのパターンあります。

  • パターンⒶ:免責金額設定しない(※0円にする)
  • パターンⒷ:2回目以降の額を上げる+車対車免責ゼロ特約
  • パターンⒸ:1回目と2回目を同額に設定する
  • パターンⒹ:2回目以降の額を上げる

詳しくは、以下の図のようになっています。

それでは、4つのパターンごとの年間で支払う保険料を見てみましょう。保険会社2社を対象に、まったく同じ条件で試算をしました。

保険会社
補償額
保険料/年
高い←      →安い
Ⓐ0-0 Ⓑ5-10
+免ゼロ
Ⓒ5-10 Ⓓ10-10
A社
150万円
- 71,430円 68,780円 61,810円
B社
150万円
75,610円 - 60,400円 54,770円

同じ条件で試算を行ったところ、上記のような結果になりました。B社では、免責金額の設定によって、年間の保険料で2万円もの差が出たのです。

免責金額の相場は0円~10万円

免責金額は保険会社ごとに設定方法や幅は異なるものの、だいたい「0円」「5万円」「7万円」「10万円」の組み合わせで選ぶようになっています。A社のように【0-0】の金額設定ができない会社もあれば、B社のように車対車免ゼロ特約自体がない会社もあるので、注意して比較をするようにしましょう。

体験談でよく分かる!おすすめの免責金額の設定パターン

免責金額の設定パターンについては、把握できたでしょうか。

しかし、ほかの人はどう設定しているのかが気になりますよね。そこでここでは、ほかの人たち体験談を見てみましょう。免責金亜をどのように決めるべきか、参考になるはず。

(1)愛知県 会社員 36歳男性
車種 トヨタ プリウス
保険料 ¥70,000
おすすめ パターンⒷ
口コミ 【5-10】に設定して、車対車免ゼロ特約をつけています。1回目の事故なら自腹を切らなくて済む免ゼロ特約が、いいとこどりな気がしています。レジャー目的で車を使うことは少ないため、契約期間に何度も事故をすると思えないので、2回目以降の免責金額を上げるのがおすすめです。
(2)東京都 会社員 28歳女性
車種 トヨタ パッソ
保険料 ¥64,800
おすすめ パターンⒸ
口コミ 【5-10】で設定しています。以前は車対車面積ゼロ特約を付けていました。しかし以前、車と車で事故を起こしたとき、過失割合からおりてくる相手からの保険金が免責金額の5万円を上回っていたので、免ゼロ特約は案外必要ないと感じて外しました。追突事故など、過失割合が100%の事故を起こしてしまったときは免ゼロ特約があるとありがたいと思います。
(3)兵庫県 主婦 41歳女性
車種 スバル レガシィ
保険料 ¥64,000
おすすめ パターンⒹ
口コミ 【10-10】に設定しています。今まで無事故ですが、等級が下がって保険料が上がるのが嫌なので、小さな事故であれば保険を使わず自分で修理しようと考えています。金額は高めに設定した方が保険料が安くなるのでおすすめです。

これを知っていれば、車両保険の免責金額を設定するうえできっと役に立つ

賢いドライバーは、免責金額の見直しや特約で保険料を抑えている

年に1回、車両保険の補償内容と免責金額を見直している

車両保険の保険金は車両価格で決まります。しかし、車の価値は毎年下がっていきます。そのため、毎年、車両保険金額や免責金額を見直すのが「賢いドライバー」だと言えるでしょう。

保険スクエア!

1回目の事故で免責ゼロ!自己負担をせず、充実の補償を受けられる特約

「車対車免責ゼロ特約」 を用意している保険会社は数多くあります。これはつまり、以下の場合に限り、自己負担をすることなく、車両保険金額の上限いっぱいの補償を受け取れる特約 です。

  • 保険の契約期間中で最初の事故が起きた。
  • 上記事故が、他の自動車との衝突または接触により起きた事故である。
  • そして相手車両の運転手が確認できている(いわゆる当て逃げではない)。

車対車免責ゼロ特約を付帯している場合、上記の条件を満たしたとき、設定した車両保険金額以下の修理費などの補償金額から免責金額を差し引かずに、必要な金額に相当する補償を受け取ることができます。

例えば、免責金額を【5-10】に設定していて、上記に挙げたような衝突事故が発生した場合、車対車免責ゼロ特約を付帯している場合に限り、通常は差し引かれるはずの免責金額の5万円が差し引かれません。

そのまま、車両保険金額の上限までが保険金として支払われます。もしもの事故のときには自己負担なしで備えたいけれど、保険料も抑えたいという人は車対車免責ゼロ特約を付帯しておくことをおすすめします。

自動車保険の保険料を比較するなら、一括見積もりサイトを有効に使おう

車両保険を付けた場合、自動車保険の保険料は各社によって差が出る

車両保険を付けると、どうしても自動車保険の保険料は高くなります。2015年のデータ(※)によれば、車両保険に加入している人は56%と過半数です。
※2015年1月1日~3月21日の「保険スクエアbang!自動車保険」利用者データより

車両保険を付けた場合、あなたは実際にどのくらいの保険料がかかるのか知っていますか。この場合の保険料は、保険会社によっても大きく異なります。

一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」がおすすめな「3つ」の理由

「保険スクエアbang!」をおすすめする理由として、次の3つの点が挙げられま
す。

  • 15年以上にわたり、300万人以上に利用されている安心感
  • 必要情報の入力は3分で完了
  • 見積もり依頼予約機能で、自動車保険を定期的に見直せる

まず、「保険スクエアbang!」は、15年以上にわたって300万人以上に利用されているため、安心感があります。しかも、必要情報を入力するのにかかる時間はたったの3分。

さらに、「保険スクエアbang!」には見積もり依頼予約機能があり、必要な情報を入力しておけば、満期日まで60日の時点で自動的に見積もり依頼を完了してくれます。一般に満期日が90日以上先の場合、保険料の見積もりをすることができません。見積もりから契約までの間が長いと、契約をする人の条件が変わってしまう可能性があるというのがその理由です。

しかし、この機能があれば満期日がしばらく先でも、見積もりを忘れずに行えます。

用意するものは免許証と保険証券、または車検証だけ。

車両保険を付けたいが、保険料は抑えたいという人は、「保険スクエアbang!でさっそく見もりをしてみましょう!

車両保険を付けても保険料を抑えたいなら、免責金額の設定を工夫すること

車両保険を付けたいが保険料は抑えたいという人は、この記事に記載されているテクニックを試してみましょう。きっと、自動車保険の保険料を節約できるはず。

    【ポイント】

  • 免責金額は、全損以外の車両事故で<補償をもらうとき自己負担する金額
  • 万一の事故時に10万円払えるのなら、免責金額は10万円に設定したほうが良い
  • 車両保険による保険料は、免責金額のの設定が高いほど安くなる
  • 一括見積サイトで、免責金額など希望の契約内容を変えて比較すべき

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×