自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険が必要か悩む!契約時確認すべき3つの必要性チェックリスト

あなたに車両保険は必要でしょうか?付帯すると自動車保険料が高くなるので、できれば入りたくないですよね。しかし車両保険に入っていると、事故時に補償も受け取れて安心です。ここでは、どんな人に車両保険が必要なのか、必要な場合は自動車保険料を少しでも安くするテクニックを解説します。

最短3分で20社から安い保険が見つかる


あなたに車両保険が必要か不要かを決めるチェックリスト

いくつか失敗談を見ても、それでも車両保険を付けると自動車保険料が高くなるので、必要ないのであればもちろん付けたくありませんね。

では、何をもって必要か不要かを判断したらよいのでしょうか?

あてはまる?車両保険が必要なドライバーの3パターン

以下の3つの指標で、自動車保険に車両保険を付帯する必要があるのかを考えてみましょう。

  • □パターン①車両価格「車の市場価値がまだまだ高い」
  • □パターン②ローンの残高「車両価格の30%以上ある」
  • □パターン③車の必要性「車がないと生活が不便」

上記いずれか一つでも当てはまれば、いざというときのために車両保険を付帯しておくと安心です。

パターン①車両価格:車の市場価値がまだまだ高い

車両保険は自分の車に対してかける保険です。車両保険の補償金額、いわゆる車両保険金額は車の登録から計算した時価で判断されます。言い換えると、販売店での市場販売価格を参考に補償金は設定されます。この車両保険金額は、契約時の車両の時価相当額で設定します。つまり、購入時にかかった金額、言い換えると市場価値ということです。これは車種や年式で決まり、減価償却で年々安くなります。

また、車両保険金額はいつかの事故時に払わねばならなくなった修理代の最大金額ですので、中古車などの車両価格の低い車だと保険料の負担に比べて十分な補償が受けられない場合があります。特に激しく損壊したとき、市場価値に高い車の方が補償として受け取れる金額が多くなるのは大きなメリットです。

パターン②ローンの残高:車両価格の30%以上ある

あなたの車のローンはどれだけ残っていますか?ここでお伝えしたい車両保険の必要性の判断基準としてローン残高があります。もし車両価格の30%以上のローンが残っているのであれば、車両保険を付けましょう。事故を起こして車が廃車になった上に多額のローンだけが残ることは悲惨な事態です。まだ車のローンの返済が多く残っている方は車両保険に入るべきでしょう。

また、オートローンは金利2%程度と安いのでローンで車を購入される方は多いですが、ローンを完済せずに、事故後廃車となった場合にも自動車税がかかります。つまり、車両保険料の支払いがなくても、税金の支払いだけが生じてしまうのです。そして、一般的に自動車の購入価格は年収の50%程度といわれています。その半分以上の30%のローンが残れば一度に完済することは難しいため、車両保険は必要です。

パターン③車の必要性:車がないと生活が不便

また、車両保険はすぐに車の修理費や新車の購入資金として保険金を受け取れる点がメリットです。そのため、車がないと生活できない人は車両保険は必要です。反対にあまり車に乗らない人や家族の持つ車に乗ることで代用できる人であれば必要性はあまりないかもしれません。

ですが、どのみちレッカー代はかかりますし、廃車になればスクラップ代、修理に出す間の代車のレンタル料など、自己負担しなければならない費用は多いものです。新車を用意しようと思うと、さらにまとまったお金の工面が必要になります。このようにして車に万一の損壊があると、これだけ多くのお金がかかることを念頭に必要性を考えましょう。

車両保険を付けても安い保険を探す

新車の人こそ車両保険の必要性をちゃんと考えて

上記で、車両価格・ローンの残高・車の必要性という観点で車両保険の必要性を見定める3つのパターンで解説しました。これら3つで車両保険が必要だと判断できる人の多くは、「新車を購入したばかり」の人です。最近買ったばかりの新車を、この先何年運転しますか?
自動車の耐久年数は、走行距離や性能によるところは当然あるものの、大事に乗り続ければ10年以上もの相棒となる車も少なくありません。

そのような車が、例えば飛び石で破損したり、あるいは最悪の場合には車ごと盗難に遭うなど、二度と戻らないことすらあります。その最悪のケースのとき、まだローンが残っていたらどうでしょうか。まさに「踏んだり蹴ったり」ですよね。そのため、自動車というものがいかに大きな買い物かを考えて、車両保険の付帯を慎重に検討しましょう。

車両保険付けず後悔!必要ないと思っていた人達の失敗談2選

2人に1人も車両保険を付帯していないという統計が出ていますが、一方で、年間で毎年50万前後に上る件数の交通事故が発生しています。単純に考えると、50万件の事故に遭った自動車の2台に1台のドライバーが車両保険を付帯せず困っていないでしょうか?あなたも、運転技術にもし自信があって他車(他者)を巻き込む接触事故が無かったとしても、飛び石や台風などの予期せぬトラブルで愛車が破損しないとは限りません。

ここでは、実際に車両保険を付帯せずにトラブルに見舞われたドライバーたちの体験談を聞かせていただいたのでご紹介します。

当て逃げの被害で総額30万円の修理費用

都内在住30歳会社員の男性。ガソリン代が馬鹿にならないので、少しでも固定費を浮かせようと自賠責保険と対人対物賠償保険以外付けていませんでした。その結果トヨタマークXでも保険料が月3千円程度に抑えられていました。

そんな中、月極駐車場に停めていた車が当て逃げの被害に遭っていたのです。フロントライトからナンバープレートまでかなり破損していました。車両保険を付けていない分、より一層慎重に日々運転していたにもかかわらず、まさかの当て逃げ被害で、もちろん、何者なのか不明のままの犯人にも請求できず、当然、車両保険の補償も下りないので自費で修理する羽目になりました。総額30万円位かかり、これなら最初から車両保険を付けておけば良かったと後悔しています。

車を購入後1ヶ月で自損事故!新車なのに18万円の修理費用

38歳建設業営業職の男性。やっと貯金もたまり、13年間乗り続けてきた車をスバルのインプレッサに買い替えることができました。今までどうしても乗りたかった車を購入してとても満足だったのですが、任意保険に加入を考えた際に車両保険付帯することが予算的にどうしても難しいと判断し、車両保険は付帯せずに対人対物無制限、そして同乗者への補償は1千円というプランに加入しました。保険料は車両保険を付帯していない分、2万5千円ととても安かったです。

しかし、購入して1ヶ月でガードレールにフェンダーを当ててしまうという自損事故を起こしてしまったのです。エンジン側への影響はありませんでしたが、フェンダー交換とフレームの補修で18万円もかかってしまいました。このときには車両保険を付帯しておくべきだと本当にとても後悔しました。

車両保険を付けても安い保険を探す

車両保険を必要とするドライバーのための保険料節約テクニック

年間に国内で発生している事故は50万件ほどに上りますが、その中にも、いざというときに保険を上手に活用したドライバーは多くいます。
では、自動車保険による経済的負担を保険を最小に押さえながら、なおかつ、困った際に最大限に自動車保険や車両保険を活用したドライバーたちはどんな節約テクニックを使ってきたのでしょうか?

自動車保険料はたった5分の一括見積で安くできる

自動車保険は、一般型車両保険やエコノミー型車両保険など同じタイプの車両保険であっても保険会社によって保険料にばらつきが出ます。しかしながら、各保険会社に手当たり次第見積もりをお願いするのは賢い方法ではありません。
そこで、自動車保険の保険の一括見積もりサイトの出番です。これを活用すると、たった5分の入力を終えたら入力内容を元に最大20社の自動車保険の見積もりを取ることができます。車両保険は必要ないと思われた方も、一度、各社の保険の見積もりを出し、それらを見比べてから検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、自動車保険の一括見積もりサイトである保険スクエアbang!をお勧めしています。このサイトが特におすすめできる理由としては以下も挙げられます。

  • 入力時間が5分
  • 見積もり結果がすぐに見れる
  • 業界マップや会社ごとのサポートの違いなど金額以外の参考情報も載っていてわかりやすい

一括見積を無料で試す

車両保険をつけても自動車保険料が安くなる小ワザ3選

悩んでいたけどやっぱり必要だ、と再認識しても、やはり車両保険を付帯することで自動車保険料が高くなってしまうのはガマンできませんよね。では、車両保険を付帯していざというときに備えつつ、経済的に無理のない保険選びを考えましょう。
もちろん保険設定金額を加入者がすべて自由に設定できるわけではありませんし、車種や年式等によって設定できるある程度の金額の幅が存在します。ですが、車両保険を付帯しても自動車保険料を安くする方法は無数にあります。
ここでは、賢いドライバーたちがやっている、車両保険を付けながらにして自動車保険料を安く抑える小ワザを厳選してご紹介します。

  • 小ワザ①車両保険金額を低めに設定する
  • 小ワザ②免責金額を高く設定する
  • 小ワザ③車対車+限定Aやエコノミー型車両保険を選択する

小ワザ①車両保険金額を低めに設定する

車両保険の補償金額、いわゆる車両保険金額を設定する際、事故時に無理のない程度まで車両保険金額を安くすることで車両保険による自動車保険料を安く抑えるというのもおすすめです。もちろん、その分受け取れる補償は減りますが、保険料は安くできるので、ある程度事故の際に自己負担で払えるようでしたら、この方法もおすすめです。
たとえば、ソニー損保でトヨタのプリウスで見積もりを出した結果、保険設定金額を90万円に設定した場合と70万円に設定した場合で年間約2千円の差がありました。

小ワザ②免責金額をあえて”高く”設定する

「小ワザ①車両保険金額を低めに設定する」と考え方は同じになりますが、上記の例のように免責金額を高く設定することで車両保険料が大幅に安くなります。
免責金額は、設定した免責金額分だけ事故後にもらえる補償が減ります。多くの保険会社では1回目の車両事故と2回目の車両事故の組み合わせで選べます。そこで、たとえば、免責をゼロにしていて、免責金額を高い設定変更したらどうなるでしょうか。

免責設定金額 車両保険料の差額
事故1回目 事故2回目
0円 5万円 -約3千円
10万円 10万円 -約1万5千円

上記の表のように、免責金額の設定の違いでこれだけの差額が生まれます。そもそも必ず事故に遭うとは限りませんので、万一の事故時にある程度自己負担できるようでしたら、この方法で安くするのもおすすめです。

小ワザ③あえて車対車+限定Aやエコノミー型の車両保険を選択する

ソニー損保でトヨタのプリウスで車両保険の設定をエコノミー型と一般型にしそれぞれ見積もりを出した結果、一般型車両保険に比べエコノミー型車両保険の方が年間約2万円保険料が安くなりました。

一般型ではなく車対車+限定Aやエコノミー型の車両保険を選択するすることで車両保険料が安くなります。しかし、このプランは自損事故や、相手がわからない当て逃げなど補償範囲に入らない保険会社が多いです。車対車+限定Aやエコノミー型の車両保険は運転技術の未熟なドライバーにあまりおすすめできません。
自損事故に関して言えば、運転技術も十分にあるため不要であると判断し、車対車+限定Aやエコノミー型の車両保険を付帯するというドライバーも多いようです。いくら運転が上達しても飛び石やいたずら、台風などの災害などによる損壊は避けられないので、そのような避けようがない万一のトラブルに備えつつも保険料は安く抑えて車対車+限定Aやエコノミー型の車両保険にするというのも良いアイディアですね。

まとめ

  • 車両保険の必要性は車両価格ローンの残高車の必要性の3つの観点で考えるべき。
  • 車両保険の必要性が特に高いには新車を購入したばかりの時。
  • 最大20社の自動車保険から、たった5分の一括見積で一番安い保険が探せる。
  • 車両保険金額・高い免責金額・エコノミー型で保険料を安くできる。
  • 車両保険を付帯せず事故が起きて後悔するケースが多い

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×