自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険金額の設定で自動車保険料を節約!12人の口コミで徹底比較

車両保険を付けると、どうしても保険料が高くなってしまいますよね。自動車保険の保険料は、車両保険の保険金額の決め方に影響すると言っても過言ではありません。そのため、車両保険の保険金額をいくらに設定するかは考えどころです。そこで今回は、車両保険の保険金額の目安や決め方、またほかの人は保険金額をいくらに設定し、どのくらいの保険料を支払っているのかについて解説していきます。
    Point

  • 車両保険をつけている12人に聞いてみた結果、車両保険の平均金額は108万だった
  • 実際に払っている保険料の平均は月額5,541円、年間66,492円
  • 車両保険金額は保険金が下りる限度額になるので、低く設定すればするほど保険料は下がる
  • さらに、車両保険は加入するタイミング・会社によって大きく金額が変わる
  • 「保険料を払い過ぎている気がする……」という方は一度、20社の保険を一括見積で比較し「どれくらい安くなるか」を把握するべき

安い保険を探す

突然ですが自動車保険クイズです

自動車保険、実は一括見積して乗りかえると、25,000円安くなるってホント!?

↓  あなたの答えは?  ↓

    正解!なんと25,000円安くなるんです!

  • 一括見積サイト「Bang」経由で保険を乗り換えると、平均25,000円安くなっている!
  • 見積もり自体は最短3分で終了し、20社の保険を比較可能!
  • 言い換えると、最短3分で「一番安い保険」を探せるので、一括見積もりしてみよう!

一括見積もりする

    不正解!なんと25,000円安くなるんです!

  • 一括見積サイト「Bang」経由で保険を乗り換えると、平均25,000円安くなっている!
  • 見積もり自体は最短3分で終了し、20社の保険を比較可能!
  • 言い換えると、最短3分で「一番安い保険」を探せるので、一括見積もりしてみよう!

一括見積もりする


車両保険の保険金額が自動車保険料を大きく変える!

車両保険とは、任意保険である自動車保険に加入する際に登録する契約車両の損壊を補償してくれる保険です。また、一般的には車両保険を付けると保険料が高くなると言われてるため、2人に1人が「節約のために」と車両保険を付帯しないドライバーであるという統計が出ています。

とはいえ、車両保険が必要な人は多いのです。

自動車保険加入時に車両保険を付帯するとなると、必ず「車両保険金額」を設定しなければなりませんが車両保険金額とはそもそも何を意味するのでしょうか?

車両保険金額は下りる保険金の限度額

「下りる保険金の限度額」とは、詳しく言い換えると「自分の車が事故で破損して修理費などを保険でまかなう時に、保険会社が出してくれる場合の補償金の限度額」ということです。これは、自動車保険加入時または車両保険を新たに付帯する際に、申し込み手続きをする際に設定して契約を締結します。

車種別の「車両料率」とドライバーごとの「等級」と並んで、「車両保険金額」は車両保険を付帯する場合に特に自動車保険料に影響する要素の一つです。

では、その車両保険金額はどのようにして決められるのでしょうか?

事故で受け取れる車両保険金額は市場価値で上限が決まる

車両保険金額の相場としては、基本的に購入1年未満の車だとカーナビなどの付属品を含めて購入時にかかった金額を契約期間内の補償金額まで設定できる保険会社が多いようです。

車両保険金額は、「契約当時の市場価格」とも言えます。中古車で新たに車両保険を付帯する場合などは、中古車市場で同等の自動車が流通している金額が参考にされます。新車であっても、購入から年月を重ねて走行距離が累積で長くなればなるほど、減価償却によって車の価値は下がるようになっています。

契約時に時価相当額をどれほどの金額で値踏みされるかによって、自分で決定できる車両保険金額の上限が決まりますし、支払う保険料にも大きく影響します。そこでもし、今の契約内容や保険料、設定した保険金額に納得いかない場合は、一括見積サイトを活用し、見直すことをお勧めします。

もっと良い自動車保険を見てみる

車両保険金額はいくら?12人に聞いてみました!

では、ほかの人は、車両保険の保険金額(車両保険金額)をいくらに設定し、また、月額または年間で平均的にいくらの保険料を払うのが相場なのでしょうか?

実際に車両保険を付けている人たち(12人)にアンケートを行いました。以下のアンケート結果から、車両保険を付帯されているドライバーの皆さんの保険料を目安として見てみましょう!

車名
等級
車両保険金額
保険料/月
ノア
20
140万円
4,922円
フォレスター
8
165万円
8,880円
ヴォクシー
20
145万円
4,620円
パジェロ
15
150万円
6,800円
ベンツ
7
110万円
13,170円
ラパン
11
30万円
2,520円
NBOX
20
125万円
4,300円
タントカスタム
20
70万円
3,090円
ハリアー
14
150万円
4,650円
ステラ
9
80万円
4,600円
ミラ
16
100万円
3,800円
キャロル
8
30万円
5,150円

はたして、あなたに近い人はいたでしょうか?

車両保険金額のアンケートでわかること

車種が違えば車両保険金額が大きく異なり、保険金額がほぼ同じでも等級などによって保険料が異なることが分かります。保険金額を高く設定しても、等級が高ければそれだけ高い割引率が適用されるので、保険料が安くなっています。
また、12人のアンケートを計算した結果、月々の平均保険料と平均車両保険金額は以下のようになりました。

平均保険料 平均車両保険金額
¥5,541 ¥1,080,000

まとめると、アンケート結果を見ると以下のようなことに気付くことができます。

  • 車両保険を付けると保険料が高い
  • 車種が違えば保険金額が大きく異なる
  • 保険金額がほぼ同じでも等級などによって保険料が異なる

ご自身の今加入している自動車保険の保険料と比較すると、いかがだったでしょうか?もし、「今の保険では高すぎるかも…」と感じていれば、車両保険金額の設定など見直す余地がきっとあります。最短3分の入力で20社から一括見積で比較できるので、一度試してみると安い保険に出会えるかもしれません。

車両保険金額を見直したら保険料はいくら?

車両保険金額の満額が支払われる事故まとめ

先ほど述べたように、車両保金額は、いざというときに支払われる保険金の限度額です。では、車両保険金額が満額支払われるケースには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

全損時に支払われる保険金の上限=車両保険金額

自動車の損壊の程度は「分損」や「全損」という言葉で説明されることがあります。
「分損」というのは「部分的な破損」を意味し、程度次第では修理の必要がないと判断されるケースもあります。一方の「全損」は一般型やエコノミー型など車両保険を問わず、いずれの車両保険でも補償範囲に入ります(ただし、自損事故や単独事故による全損はエコノミー型での補償は難しいです)。

車両保険の契約内容や破損した状況によって、補償されるかどうかという保険会社の判断が決まりますが、その事故が全損に至る自動車事故の場合には車両保険金額いっぱいの補償を受けることになります。(廃車費用やスクラップ代を差し引いた額が補償されるケースが一般的です)

全損扱いになる代表的な3つのケース

また、車両保険における「全損」は大きく分けると物理的全損経済的全損盗難被害の3つがあります。以下では、その違いを説明しましょう。

物理的全損 修理できないほど車が損壊してしまった状態
経済的全損 修理自体は可能でも
かかる修理費が車両保険金以上の額になる状態
盗難被害 自動車ごと盗難されてしまった状態

物理的全損

たとえば台風で自動車が水没してしまったり、他車を巻き込む事故で修理ができないほどに損壊してしまったり、自動車にとって致命的な破損や修理をしても復旧できないほど破損したというような状態を「物理的全損」と言います。物理的全損の場合、多くはその自動車を廃車にするか、自動車を買い替えるケースが多いです。

経済的全損

フロントガラスやバンパーの破損で走行に支障のない破損でなかったとしても「全損」という扱いになるケースがあります。

例えば、修理にかかる費用が50万円だったとして、修理によってまた走れるようになったとしても、車両保険金額が40万円だったため、受け取れる補償が最大で40万円だったというようなケースです。
このような状態を「経済的全損」と言います。これは主に、かなり減価償却が進んだ中古車が陥ることが多く、そもそも十数万円など車両保険を付帯する際に決めることのできる車両保険金額そのものがかなり低い場合は特に多いようです。

盗難被害

盗難被害での補償でもも車両保険金額だけの保険金が支払われます。万一自動車が盗難の被害に遭い、自動車が姿を消してしまった場合は車両保険金額が上限いっぱい補償されます。

車両保険金額の設定が適切か見直そう

先述のように、車両保険金額は全損の場合に支払われる保険金の上限になりますが、そもそも物理的全損になる件数は低く、経済的全損になるケースだとそもそも車両保険金額が低額で設定されているために全損になることが多いです。

ですので、車両保険金額を設定する際に限度いっぱいの金額ではあえて設定せず、低めの車両保険金額にすることで自動車保険料を安く抑える節約家のドライバーも多いです。

自動車保険の契約内容を考えてみて、設定した車両保険金額の設定は高すぎないでしょうか?
あるいはこれから付帯する自動車保険では車両保険金額を限度額いっぱいに設定する必要はあるでしょうか?

車両保険金額の設定が過剰に高いと感じたら変更して、月々の自動車保険料を節約しましょう。

もっと安い自動車保険のカンタンな探し方

車両保険金額の設定が適切かどうかと合わせて、自動車保険料も一緒に見直すことができます。保険スクエアbang!を活用することで、たった3分の入力作業で最大20社の一括見積が取れますので、試算してみることをおすすめします。

もっと安い自動車保険を探す

まとめ

  • 車両保険金額は下りる保険金の限度額
  • 全損扱いになったときのみ保険金が満額支払われる
  • 全損になることはめったにないので上限いっぱいの車両保険金額の設定は不要
  • 車両保険金額を低く設定すれば自動車保険料が安くなる
  • 車両保険金額の設定の見直しは自動車保険料の節約につながる

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×