自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険金額は車の価格相場が基準!保険料は高めが実はお得

車両保険の金額っていくらにすればいいの?
車両保険の保険金額は一定の範囲であれば自由に設定できます。そこで今回は車両保険の保険金額の目安や他の人が支払っている保険料について解説していきます。
    車両保険の金額のポイント

  • 車両保険金額は車の現在の市場価格で決まる
  • 車両保険金額は一定の範囲なら自由に決めれる
  • 車両保険金額を最高額にしても保険料は年間1,000円程度しか高くならない
  • 設定できる車両保険の金額は保険会社ごとに異なるので一括見積もりサイトで確認

一括見積もりする

車両保険金額は車の市場価格が基準

車両保険は自分の車に対してかける保険です。車両保険をつけることによって飛び石被害や当て逃げ被害でも保険金が貰えます

車両保険を付帯するためには必ず「車両保険金額」を設定しなければなりません。この金額を上限として保険金が支給されます。

車両保険金額は「契約当時の販売価格」が基準になります。中古車で新たに車両保険を付帯する場合は中古車市場で流通している同じ車種や年数の車の販売金額が参考にされます。

車両保険金額は一定の範囲から設定できる

この車両保険金額には一定の幅があり、契約者が一定の範囲で金額を設定することができます

新車の場合も、購入から年数を重ねて走行距離が長くなればなるほど、車の価値は下がります。

その結果契約時に設定した車両保険金額の保険金が受けられなくなります。

一括見積もりサイトを活用し、保険金額の変更をおすすめします。

保険を見直す

車両保険の金額とは貰える保険金のこと

車両保険の金額とは「自分の車が事故で破損して修理費などを保険でまかなうときに、保険会社が出してくれる場合の補償金の限度額」です。設定金額を超過した分の修理費は補償されません。

これは、車両保険を付帯する際に設定をします。

事故で受け取れる車両保険金額は車の価格で決まる

車両保険金額は、基本的に購入1年未満の車の場合、カーナビなどの付属品を含めて購入時にかかった金額を契約期間内の補償金額まで設定できる保険会社が多いようです。

車両保険金額は、「契約当時の市場価格」とも言えます。中古車で新たに車両保険を付帯する場合などは、中古車市場で同等の自動車が流通している金額が参考にされます。

新車であっても、購入から年数を重ねて走行距離が長くなればなるほど、購入価格から車の価値は下がります

契約時に時価相当額をどれほどの金額に値引きされているかによって、自分で決定できる車両保険金額の上限が決まります。

そこでもし、今の契約内容や保険料、設定した保険金額に納得いかない場合は、一括見積サイトを活用し、見直すことをおすすめします

保険を見直す

車両保険の金額は新車であっても1年ごとに下がる

新車の購入時に車両保険に入った方で保険の内容の確認なしで更新をしている場合は注意が必要です。

事故の時に車両保険を使って補償を受けようとしても200万まで貰えると思っていても実際には150万円しか貰えなかったというケースも多くあります。

これは新車時には車の価値が200万円あったとしても10年以上経つと50万円の価格下落もあるからです。

新車購入からある程度時間が経ったタイミングで車両保険を外すことも保険料のコストと補償のバランスを考えるうえで重要です。

車両保険の金額には一般型とエコノミー型がある

車両保険の金額には一般型とエコノミー型という2つのタイプが存在します。エコノミー型のほうが保険料は安いです。しかし、補償範囲も限定されます。

一般型 補償範囲が広く、自損事故や当て逃げ事故もカバーするタイプ
エコノミー型 補償範囲が限定されるが、保険料が安くなるタイプ

車両保険の金額を高額に設定していてもエコノミー型を選択することで保険料を安くすることができます。

補償範囲 一般型 エコノミー型
他車との事故
自損事故 ×
当て逃げ ×
転落・転倒 ×
盗難
いたずら
落書き
飛び石
台風・洪水
火災・爆発
地震 × ×

上記の表の一般型の補償内容が必要ない場合はエコノミー型を選択しましょう。保険料を安くできます。

車両保険の金額は免責金額を設定できる

車両保険の金額は車に対して補償される金額のことです。しかし、この補償を一定額自己負担することができる制度が免責です。

免責金額を設定するメリットは保険料が安くなることです。

この免責金額については事故の1回目と2回目をそれぞれ設定することが多いです。

1回目を5万円に設定して2回目を10万円に設定すると事故1回目は修理額の5万円分、事故2回目は修理額の10万円を負担をすることになります。

ソニー損保の車両保険の金額を比較

今回車両保険金額の設定でどれくらい保険料が違うのか、トヨタ・プリウスの場合をソニー損保で調べました。今回は30歳で6等級、本人限定の場合です。

車両保険金額 年間保険料
325万円 10万8,710円
280万円 10万5,870円
220万円 10万2,860円

今回のケースでは車両保険の金額差105万円で年間保険料が約6千円異なります。

もしもの時に必要なものなので少し高めに設定してもこの金額差だとお得です。

実際の車両保険金額をアンケートから紹介

それでは、他の人は車両保険の保険金額(車両保険金額)をいくらに設定しているのでしょうか。また、月々の自動車保険料をいくら支払いしているお伝えします。

以下の表は、当サイトが実際に車両保険を付けている人たち(12人)に車種別にアンケートを行った結果です。

車名
等級
車両保険金額
自動車保険料/月
プリウス
20
140万円
4,922円
プラド
8
165万円
8,880円
bmw
20
145万円
4,620円
cx5
15
150万円
6,800円
ベンツ
7
110万円
13,170円
ヴォクシー
11
30万円
2,520円
レクサス
20
125万円
4,300円
ワゴンr
20
70万円
3,090円
ランクル
14
150万円
4,650円
ステラ
9
80万円
4,600円
ミラ
16
100万円
3,800円
キャロル
8
30万円
5,150円

実際に保険料への影響は運転者の等級や年齢の割合が大きく、車両保険の設定金額の保険料への影響は小さいです

車両保険金額の相場を紹介

車種が違えば保険金額が大きく異なり、保険金額がほぼ同じでも等級などによって保険料が異なることが分かります。

保険金額を高く設定しても、等級が高ければそれだけ高い割引率が適用されるので、保険料が安くなっています。

アンケートを取った12人の車両保険金額と保険料の平均を記載します。

車両保険金額の平均 保険料の平均
約108万円 約5,542円

車両保険金額を見直したら保険料はいくら?

車両保険で保険金が満額支払われるのは全損事故だけ

先ほど述べたように、車両保険金額は車両保険を使ったときに支払われる保険金の限度額です。しかしその限度額の車両保険金額が満額支払われるのは全損の事故のときだけです。

車両保険の金額は事故程度で分損と全損に分けられる

自動車の損壊の程度は「分損」「全損」という言葉で説明されることがあります。

「分損」というのは「部分的な破損」を意味し、程度次第では修理の必要がないと判断されるケースもあります。

一方の「全損」は一般型やエコノミー型などを問わず、いずれの車両保険でも補償範囲に入ります(※ただし、自損事故や単独事故による全損はエコノミー型での補償は難しい)。

車両保険の契約内容や破損した状況によって、補償されるかどうかという保険会社の判断が決まります。

そして、全損に至る自動車事故の場合には車両保険金額の上限の補償を受けられます(※廃車費用やスクラップ代を差し引いた額が補償されるケースが一般的)。

全損扱いになる代表的な3つのケース

また、車両保険における「全損」は、大きく分けると物理的全損経済的全損盗難被害の3つがあります。以下では、その違いを説明しましょう。

物理的全損 修理できないほど車が損壊してしまった状態
経済的全損 修理自体は可能でも、かかる修理費が車両保険金額以上の額になる状態
盗難被害 自動車が盗難に遭い、発見できない状態

①物理的全損〜修復不可能なまでの損壊

例えば台風で自動車が水没してしまった、他車を巻き込む事故で修理ができないほどに損壊してしまった、自動車にとって致命的な破損や修理をしても復旧できないほど破損をした状態を「物理的全損」と言います。

物理的全損となった場合、その自動車を廃車にするか、自動車を買い替えるケースが多いです。

②経済的全損〜修理費が車両保険金額以上の損壊

フロントガラスやバンパーが壊れたというように、走行に支障のない破損でなかったとしても「全損」という扱いになるケースがあります。

例えば、修理費50万円を支払うことによってまた走れるようになったものの、設定した(受け取る)車両保険金額が40万円というようなケースです。

このような、修理費が車両保険金額を超えている状態を「経済的全損」と言います。差額分(10万円)は自腹で支払うことになります。

これは主に、かなり減価償却が進んだ中古車が陥ることが多く、そもそも十数万円など、車両保険金額そのものがかなり低い場合に特に多いようです。

③盗難被害〜車両自体が盗まれて見つからない状態

万が一自動車が盗難の被害に遭ってしまった場合にも、車両保険金額の上限が支払われます。

車両保険金額の設定が適切か見直しが必要

車両保険の金額は契約時の車の価値に基づいて決定されます。

そのため、車が古くなったり走行距離が伸びたときには必ず見直しが必要です。

車の価値が下がった分、保険金がもらえない可能性もあるからです。

また、同じ車両保険金額でも保険料は保険会社によって異なるので見直しすることでお得になります。

保険料の安い自動車保険のカンタンな探し方

一括見積もりサイトを利用すれば、現在加入している自動車保険や、付帯している車両保険の保険料も一緒に見直すことが可能です。

また、保険料の安い自動車保険を簡単に探すこともできます。

いくつかある一括見積もりサイトのなかでも、「保険スクエアbang!」なら、たった3分(※最短の場合)の入力作業で、約20社もの見積もりを取れます。車両保険にオプションをつけた場合などに分けてシュミレーションして比較することができます。

車両保険の金額のまとめ4つ

  • 車両保険金額は自分の車に対する補償の最高額
  • 全損扱いになったときのみ保険金が満額支払われる
  • 車両保険金額を低く設定すれば保険料が安くなる
  • 保険料は等級や年齢の影響が大きいので車両保険金額は高めが実はお得

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×