テントウムシから続くスバルの軽の歴史。画像まとめ

   カテゴリ:車画像まとめ

subaru-rex-05

1958年に誕生した「スバル360」から始まり、数々の個性的なスモール・カーを生み出してきたスバルの軽自動車の歴史。残念ながらトヨタとの統合の一環で富士重工での軽規格車両の開発、製造は終焉を迎えてしまいました。今回はそんなスバルの軽の歴史を画像で振り返ってみたいと思います。

360

subaru-360-front-left-side
img:www.motortrend.com
ドイツ・フォルクスワーゲンの国民車「ビートル」=「かぶと虫」にちなみ、それより小さな車体から「てんとう虫」の愛称で親しまれた「スバル 360」は、富士重工業が中島飛行機時代に培った航空機技術を応用して作り上げた軽自動車です。僅か385kg!!という軽量な車体に、空冷2サイクル2気筒エンジンをRRレイアウトで搭載しています。大人4名が乗車し、標高差1000m近い赤城登山道路を登り切ることが出来るまで開発テストが続けられたというエピソードはあまりにも有名。今ではかんがえられませんが当時の車は結構登り切れない坂と言うものが存在したのです。

R-2

subaru_r2_1_69
img:cartype.com
大ヒットの傑作モデル360の基本メカニズムを踏襲しつつ、それを熟成、発展させたモデルR-2。
アルミ合金製シリンダーブロックの採用など改良も施されていますが、ホンダN360、スズキ・フロンテやダイハツ・フェローなど強力なライバルの出現により苦戦をしいられました。

レックス

subaru-rex-05
img:motoburg.com
良く言えば落ち着きがあるデザインクルマ、レックス。初代は若干のアクがありスバルらしさを残していたものの、2代目、3代目はスズキ・アルトやダイハツ・ミラなどライバルと対抗するためか、比較的おとなしめの外観になっていきます。また、1981年登場の2代目で、スバル360時代から続いていた駆動方式・RR方式をFF方式へと変更しました。

VIVIO

subaru-vivio-9921
img:www.autodata1.com
かわいい車名は英語のVIVID(鮮やかな、生き生きとした)に由来する造語で、排気量の「660」をローマ数字で表記した 「VI VI 0」 にもかけられた洒落たものでした。可愛い名前とは裏腹にスバルらしく走り重視の硬派モデルも設定され、RX-R (FF) のニュルブルクリンクベストタイムは9分54秒台をマークしています。

プレオ

subaru-pleo_mp50_pic_34195
img:www.carsbase.com
1990年代後半、軽自動車の主流は従来型のセダンからユーティリティ重視のトールワゴンに移行。
これを受けスバルでもヴィヴィオの後継車としてプレオを発売しますが、1998年当時にはすでに各メーカーの主力となる軽トールワゴンが出そろっており、老舗であるスバルが最後発となっていました。

ステラ

subaru_stella_1024x768
img:avto-russia.ru
従来の走りやプレミアに重点を置いた路線から、メインターゲットを女性にシフトして、乗り心地の向上に加え、ベビーカーの乗せやすさ、チャイルドシートへの乗せやすさなどにも重点がおかれました。伝統の直列4気筒エンジン、4輪独立サスペンションは引き続き採用され、スバルの代名詞であるフルタイムAWDモデルも健在。走りにこだわるスバルらしさも持ち合わせていましたが、2011年5月販売終了を発表します。以後のステラはスバルでの自社生産ではなく、ダイハツ・ムーヴのOEM供給を受けたモデルとなりました。

 まとめ

2011年3月以降、スバル製軽自動車はサンバーだけが群馬県太田市にある本工場で生産が続けられていましたが、FRスポーツ「BRZ」、「トヨタ 86」の生産ラインへとリニューアルされ、すべての生産が終了しました。4気筒エンジンに独立懸架サスペンションなど最後までメカニズムに拘りのあったスバルの軽、現在の体制では当面復活はむつかしそうです。

PAGE TOP ↑