記憶に残る映画で活躍した車達動画まとめ

   カテゴリ:車動画まとめ

アストンマーチンV12・ヴァンキッシュ

車が主役の映画、名脇役の映画、なくてはならない小道具の映画といろいろありますが、かつてはカーアクションは映画の一つの見どころでした。今回は、カーアクションのワンシーンを切り取った動画を集めてみました。なんの映画かタイトルを見ずにわかりますでしょうか?

ロータス・エスプリ

非常にオーソドックス?な、ワインディングでの銃撃戦からトレーラーの追い越しと王道カーアクションをみせるエスプリ。しかし最後はサブマリンへ変形する、そう007です。1977年の大ヒット作「私を愛したスパイ」のワンシーンです。007第10作で、その後の様々な作品に影響を与えた名作です。なにより、007に美女と車は欠かせませんね。

RX-7ドリフト

意味なく目立つ、ちょっと演出過剰気味な感じが持ち味のワイルドスピードのワンシーンです。カーマニアからみたら?な細かい部分は気にせず、あくまで映画として、カッコよければよし!のいさぎよさがエンターテイメントとして成功した秘訣でしょうか。

最初のレース

個性的な面々が個性的な車でレースを繰り広げるワイルドスピードの記念すべき最初のレースです。ナイトロはじめ、各メカを動かす無駄ともいえる過剰なスイッチ操作が満載です。ちょっと疑問をはさみたくなる部分もあるかもしれませんが、深く考えずに楽しむのが一番です。

カマロvsサリーンS281

いきなりロボット登場ですぐわかりますね。トランスフォーマーです。毎回ロボットアクションだけでなく、実車をつかったカーアクションも満載の映画です。最近の映画は、いったいどこからGCなのか実写なのか全くわかりません。

BMWが路地を爆走

BMWが路地を爆走。大爆発や派手なエフェクトはない、ぶつかればちょっとづつ壊れていく、そのリアルさが凄みをだしています。CGの派手な演出になれてしまうと、ちょっと古臭い感じもうけますが、本物のスタントを堪能させてくれる映画、大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の宣伝映像です。

ジャッキー・チェン

三菱スタリオン+ジャッキー・チェンといえば、キャノンボールです。「先に目的地に着けば勝ち」のキャノンボールスタイルはその後、さまざまなTV、漫画でリメイクされます。TVの企画で何度かキャノンボール形式のレースが行われますが、いずれも放送前にお蔵入りや、放送後事情聴取をうけるはめになっています。

 まとめ

かつてはアクション映画の花形であったカーアクションも、ド派手なCGが多様されるようになり、すこし出番がへったかな?といった印象を受けます。今回は派手なアクションシーンを集めてみましたが、名脇役として登場する映画もたくさんあります。そちらは、別の機会にご紹介できればと思います。

PAGE TOP ↑