マニアックすぎるその世界観、カスタム軽トラ。動画まとめ

   カテゴリ:車動画まとめ

ACG2013_555カラーサンバー20130415_-1

img:usedcarnews.jp

日本の誇る小型実用車、軽トラ。商品配達や農作業で活躍するのはもちろんですが、プライベートで愛用する方も多くいます。小さなボディに侮れない走破性、そして抜群の信頼性と手ごろな価格。独特の魅力たっぷりの軽トラの世界。今回はそんな世界にどっぷりとハマっている動画を集めてみました。

キャリイ・カスタム


キャリーの内装、外装を、レーシーにカスタムしたマシンの動画です。エアロを纏った仕様は、この車の代表的な方向性の一つでしょう。ほかにも、リジッドアクスルを生かし、クロカン風に仕立てたものや、エンジンをスワップした物も見受けられます。

6輪仕様


本来は柔らかい土や雪道用で使用する、悪路用のクローラー装着車から、クローラーを外し、6輪とした軽トラです。後ろが4輪になっていますが、残念ながら内側のタイヤは駆動しません。遭遇したことはありませんが、突然見かけると目を疑てしまうかもしれません。

隼ターボエンジンで魔改造


タイトルの通り強烈な心臓にスワップされた軽トラ。レースカーのような快音を響かせ、いとも簡単に後輪を空転させます。後半のドリフトは匠の技で観客や障害物の寸前をかすめてきます。改造もさる事ながら、そのテクニックにも脱帽です。

リフトアップ


リフトアップされた軽トラ。大型のオフロードタイヤをはいて、リジッドアクスルに板バネの車体下側を晒すとまるで本格クロスカントリーのように見えてきます。最近のクロスオーバーSUVよりも、軽トラのほうがクロカンの硬派なイメージがしっくりきます。

カスタム軽トラ大集合


数々のカスタム軽トラの画像を集めた動画です。色とりどりにさまざまなエアロを纏ったり、荷台にウイングを付けたりと。空力と無縁の形状の軽トラにフルエアロを纏わせる。思い切ったイメージチェンジで思いっきり目立つ。これもカスタムの醍醐味です。

2015軽トラ&箱バン世界一決定戦


オープニングは冗談のような光景ですが、見進めていくとガチのバトルが展開されます。インがリフトして転倒しそうなほど攻め込んだりと、本気で改造された「マシン」が本気で戦っています。これが、シビックやハチロクならなんともないレースシーンですが、軽トラ、軽バンでやると素晴らしいインパクトです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここで紹介した以外にも、多くのカスタム軽トラの動画が存在し、それぞれが、独特の美学でカスタムし楽しんでいるのが伝わってくるようです。ベースにする良質の車体が簡単に、安価に入手できるのも、愛される理由かもしれません。

PAGE TOP ↑