究極のマシンF40・画像まとめ

   カテゴリ:車画像まとめ

v132-001

F40、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作したマシンで、公称最高速度324km/hでは、発売当時は世界最速でした。エンツォ・フェラーリが同社の「そのままレースに出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化した、歴代フェラーリ生産車の中でも根強い人気を誇る車種です。そんなF40の画像をあつめました。
img:bilmodel.dk

サイドショット

v132-001
img:bilmodel.dk
ピニンファリーナによるデザインのF40。当時のデザインラインに沿った、比較的シンプルなラインで構成されたウエッジシェイプが良く分かるサイドショットです。数多くのエアインテーク、アウトレットがその性能を示しています。

バックショット

v132-002
img:carthrottle.com
バックファイアを吹き出し疾走するF40。空理気を本気で考えて設計されたディフュ―ザ―や巨大なリアウイングもよくわかります。F40は本来は赤しかないのですが、画像のマシンは特別に黒になっています。

パワートレイン

v132-003
img:thelingenfeltercollection.com
パワートレインはインタークーラー式ツインターボエンジン、F120A型を搭載。このエンジンはランチアのグループCカーランチア・LC2のデチューン版であり、ターボチャージャーは日本の石川島播磨重工(現IHI)製。排気量2,936ccは当時のFIAが定めたターボ係数1.7を掛けて5,000cc以下のクラスに収まるようにしたものと言われるが、具体的なターゲットとなったレースやカテゴリーは不明です。

インテリア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img:hasumicorp.exblog.jp
余計なものがないまさにスパルタンと形容するのがふさわしい内装。他のフェラーリとは一線を画します。鍛えていないと踏めないとまで言われた、重いクラッチもこのマシンの性格を表しています。

透過図

v132-005
img:tistudio.sakura.ne.jp
車体の構成がよくわかる透過図のイラストです。1960年代のフェラーリ製レーシングカー、あるいは従来の市販フェラーリと同様の楕円鋼管 チューブラーフレームによるスペースフレーム方式ではありますが、当時開発されたばかりの複合素材や構造部接着剤といった最新のマテリアルを組み合わせた半モノコック構造とし、高い剛性を得ています。

レース仕様

v132-006
img:car-mania.deviantart.com
テールランプとキャビン以外は完全にレースカーです。レースカーの様なF40ですが、実は適合するカテゴリーがなく、そのままレースに出た例はほとんどありません。1990年台になると適合するカテゴリーも現れますが、最新のマクラーレンF1には敵いませんでした。

まとめ

F40、イタリア語読みでエッフェクアランタはいかがでしたでしょうか?伝説的なスーパーカーとして良くメディアにも取り上げられ非常に有名なマシンの1台といえると思います。以後、F50、エンツォと登場しますが、これほどのインパクトは無い様な気がします。フェラーリにはぜひ再び、世界中が注目するようなコンセプトのマシンを登場させてほしいと思います。

PAGE TOP ↑