大人気の新旧ハチロク画像まとめ

   カテゴリ:車画像まとめ

v117-002

トヨタ・86とAE86、いずれもコンパクトなFRスポーツとして高い人気を誇ります。さすがに街中で見かける事が減ってきたAE86に対し、良く見かけるようになってきた新86。新86は決して安い買い物と言える車ではないですが、エコが叫ばれる時代でもスポーツカーに対する需要はあるとしっかりと示してくれました。そんな、新旧ハチロクを画像で見ていきたいと思います。
img:crooucy.com

トヨタ86

v117-001
img:zombdrive.com
トヨタ86。スバルと共同開発し、スバルが生産、トヨタが販売するFRレイアウトのスポーツカーで小型・軽量・低重心・低慣性をコンセプトに誕生しました。
全長4,240㎜とかなりコンパクトで全長はAE86と大差ありませんが、全幅は1,775㎜あり実物は結構大きな車に見えます。重量1,220kgは現代の車としては十分に軽量な部類に入ります。

AE86 パンダトレノ

v117-002
img:crooucy.com
ご存じ!イニシャルD藤原とうふ店号です。この漫画のおかげで、もともと人気のあったAE86にプレミアがつき、新車以上の価格で中古車が取引される事態になりました。
トヨタさんがいろいろな言い訳をしていますが、FR-Sが86となったのは、この漫画の影響としか考えられませんよね。

新86 透過図

v117-003
img:news-r.jp
86の透過図です。水平対向エンジンとメカニズムの低重心が良く分かる一枚です。
実はインプレッサやレガシイはフロントのドライブシャフトがあるため、エンジン自体は比較的高い位置にマウントされています。それに対して、FRレイアウトの86は本当に低い位置にレイアウトされているのがわかります。

AE86 レビンクーペ

v117-004
img:speedhunters.com
その昔は、AE86といえば、レビンのクーペでした!
剛性のないハッチバックと鼻先が重くなるリトラクタブルのトレノは人気がなく、特にパンダトレノは最も人気のない仕様だったと記憶しています。
それが今では、パンダトレノしか見かけなくなってしましました。

新86パトカー仕様

v117-005
img:kodansha-bc.com
実はこれ、ミニカーのトミカで有名なタカラトミーが企画で、警視庁の許可を得て特別に製作した1台です。
今年4月からトミカにラインアップされる『ビッグおかたづけパトカー トヨタ86』は子供たちのみならず大人にも大人気で、実車にしたらすごくカッコいいのでは!? との声に応えるかたちで製作されたものです。ちなみに製作は〝本物〟も作っているトヨタテクノクラフトが行ったそうです。

おまけAE86+ドリキン

v117-006
img:hot-version.jp
AE86と言えば「ドリキン」土屋圭一さん!皆さま、当然ご存じですよね?
若い方にはわからないかな、、、

まとめ

いかがでしたでしょうか、新旧ハチロク。AE86はすでに30年以上が経過しており、さすがに日常の足として使う方は減ってきました。変わりにその名を冠したスポーツカーが発売され、再び多くの人に愛されたのは何とも感慨深いものがあります。新型はかなり立派なパワーと性能のスポーツカーですので、もう少し簡素で小さなスポーツカーも出てくるといいかなと思います。

PAGE TOP ↑