自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車査定の必要書類一覧。これを用意すればOK

「車の査定をしよう!」と決めても、いったい何を用意しておけば良いのかと聞かれたら、あまりよくわからないという人が多いと思います。必要書類が無いと業者さんに査定に来てもらったところで査定してもらえないなんてことも…。そういったことを避けるためにも、車の査定をお願いするときにどういった書類が必要になるか知っておいて損はありませんよね。更に、査定価格決定後に売却をすることに決めたとき、スムーズに手続きをすすめるために用意すべき書類にはどういったものがあるのかも併せて知っておきましょう!

査定を決めたら”車検証”を必ず用意しましょう!

査定をしてみよう…そう思ったら、どんな書類が必要になるか気になりませんか?せっかく査定を受けるわけですから、わざわざ店舗から自宅の車まで業者さんに来てもらうことを考えても、万全の体制でお迎えしたいところですよね。車の査定は、どういった要素を確認して買取価格を出しているのでしょうか。

まず、一番重要といっても過言ではない書類が”車検証”。車検証には様々な情報が詰まっています。車種にとどまらず、メーカー、型番、登録年月日、所有者など…様々な事項を確認しなくては査定は出来ません。車買取相場を調べてもらうにも、必ずこの車検証は手元に用意しておきましょう。

本人確認のために”身分証明書”は必須です

車査定を行うには、自動車検査証を見せることはもちろん金銭的なやり取りが今後行われることも見越して本人確認を行う場合がほとんど。ですので、当日は運転免許証などの身分証明証を必ず携行しておきましょうね。

見積もり後、売却する際に必要な書類とは…

意外にも査定にはそれほど時間もかからず、車検証と本人確認が出来次第30分前後で完了します。最近の車買取会社は、査定額をわたしたちの希望額へ近づけるために最大限の努力をしてくれます。見積もりをしてもらった後にもしも、査定結果に満足して売却を決めたなら、更にどういった書類が必要になるかも知っておきましょう。

車を売却するとなると、様々な手続きが必要になります。所有権の譲渡や、ローンがあれば残債の完済が必要になります。そのために、たくさんの書類を買取会社に用意することになるので前向きに準備を進めておきたいところです。

売却時には印鑑証明証や納税証明書など様々な書類が必要になります

車の売却は、大きく金銭が動く可能性を含んでいますから、簡単にできないように印鑑証明書の添付が必要です。ですので印鑑登録がお済でないかたは登録をし、印鑑登録証明書をとっておくと良いでしょう。

また、車検時にも必要になる車税の納税証明書も必ず必要になりますから、車検証と一緒に保管しておくことをお勧めします。その他にも、自賠責保険証や売却金額の振込み先の記載したメモなどあれば完璧です。

転居歴のある人は、住民票や付票が必要になる場合も

車を購入してから転居している人は、印鑑証明と車検証に記載されている住所が異なってきます。そういった場合は印鑑証明に記載されている住所と車検証に記載されている住所が繋がるように住民票または付票を添付しなければなりません。

住民票は、現在と直近の居住地の2か所のみが記載されていますが、付票ならば転居を繰り返している人でも今までの居住地がすべて記載され住所を繋げることが可能です。住民票はお近くの市役所または区役所等で、付票は本籍地で発行してもらえますよ。

知っておけば安心!準備が出来たら、査定してみましょう!

いかがでしたか?車買取りをしてもらったことがない人でも、用意するものさえ整えてしまえば気軽に行えますので、ぜひ利用してみてくださいね。更に、査定には一括査定を利用するのが非常に有効です。業者数社に一斉に連絡がいき、無料で出張査定してもらえるので、自分で一社ずつ連絡しなくても良いのが大きな魅力ですよ。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

カテゴリ一覧

人気記事

18歳・19歳・20歳(学生)が自動車保険の保険料を安くする裏技

【知ってる?】自動車保険は、子供の免許取得時に見直すと安くなる!

車両保険金額の決め方〜車両保険の金額設定で自動車保険の保険料を安くする〜

車両保険が必要か悩んだとき、あなたが基準とすべき3つのパターン

自動車保険の等級引き継ぎを行うために知っておくべき条件