自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

44歳の自動車保険料の相場は?安い保険の口コミ

自動車保険の44歳の方の口コミをご紹介します。

ズバット車買取なら、あなたの車も1分で一括査定依頼! /

自分の車を高値で売る


44歳の自動車保険料の平均は?損しないために安い保険を探す方法

「44歳の人の保険料の相場っていくらだろう?」「車を複数台持つようになったし、保険を見直したら安くなるだろうか?」夫婦や家族で運転したり、両親から車を譲ってもらったりすると、自動車保険においても割引や等級、名義のことなど、複雑なことが増えますよね。ただ安いだけではなく、補償や事故対応の点でも、おすすめな保険はどこでしょうか。ここでは44歳の保険料の相場と、44歳に人気がある保険を、実体験にもとづく口コミ付きでご紹介します。

44歳のみんなの保険料 平均年間走行距離
¥55,000 6,000km
【最新】
44歳のみんなが選んでいる保険ランキング
1位 アクサダイレクト
2位 三井ダイレクト
3位 SBI損害保険(損保)
※オリコン、価格.com、楽天の人気3社のランキングと
当サイトが集めた体験談をクロス集計したランキングです。

 

最大20社の保険を比較してみる

 

44歳男性:アクサダイレクトの自動車保険は安い

ペンネーム のんた
性別 男性
年齢 44
免許の色 ブルー免許
等級 20
使用地 長野県
メーカー・車種 トヨタ・ヴォクシー
保険会社名 アクサダイレクト
年間保険料 56,000円
運転者条件 配偶者限定
使用目的 日常・レジャー
年間走行距離 7,000km~10,000km
車両保険

今までよりも値段が安く補償内容も充実していてのでアクサを選んだ

実は、私は今までは違う自動車保険会社を使っていました。そこは、国内の自動車保険会社で10年以上の付き合いのある保険会社です。しかし、一年間の保険料の総額がちょっと高すぎる事もあって、今回保険の一括見積もりを出してみたのです。返答が何社からかあったのですが、その見積もりの内容が今まで加入していた保険会社よりも全て良かったです。

車両保険を付けたのに以前よりも安くなった

返答があったすべての保険会社は、今までの保険会社より料金は安かったのです。その中でアクサダイレクトの自動車保険にしたことは訳があります。

まず、走行距離で保険料が変わるタイプのところも多いのですが、それほど保険料は安くなかったどころか、シミュレーションをすると逆に割高になってしまったからです。

また、特約を付帯するとやたらに高くなるタイプや車両保険を付けることで保険料が高額になるものが多い気がしたのです。ところが、アクサダイレクトは車両保険を付けたのに今までよりも自動車保険料が安いのです。

「自分なりに保険会社を調べた結果、一番信頼できる会社でした。」

気になるところとして、最近の自動車保険は頻繁に価格改定が行われているので、どこが安いという傾向があっても、一番安いという誰かの意見を全て鵜呑みにするのは危険だと思い、いろいろ自分なりに調べてもみたのです。

年齢や特約、性別、走行距離などによっても、その自動車保険料は大きく変わります。私の場合はアクサダイレクト自動車保険が一番安く、保険会社としての信頼性もあると思うのでここを選びました。

事故対応に関する口コミもよかったのでこのまま継続したい

また、当然、事故を起こす気はありませんが、事故対応をひとつの基準にする事は、万が一のときに備える保険だからこそ必要だと思います。

その点このアクサダイレクトでは過去の事故対応方法など、いろいろネットでも調べたところ、他の自動車保険会社と比較しても評判は安定しているように感じたのです。

親切・丁寧な対応を安く購入できる設定になっており、ここはアクサダイレクトに変更すべきと思ったのです。

44歳男性:三井ダイレクト損保の自動車保険は安い

ペンネーム 賃貸ハウスパパ
性別 男性
年齢 44
免許の色 ゴールド免許
等級 15
使用地 神奈川県
メーカー・車種 トヨタ・カローラスパシオ
保険会社名 三井ダイレクト損保
年間保険料 20,730円
運転者条件 配偶者限定
使用目的 日常・レジャー
年間走行距離 3,000km以下
車両保険 なし

保険会社を変えたことで、年間保険料が約2万円安くなった

中古自動車屋でカローラスパシオを購入しました。ショップに勧められるまま、あいおい損保に加入しました。

初めての車購入だったので、車両保険にも加入しました。保険料は年間4万円を払っていました。
子供が生まれ、家計の見直しをすることにしました。自動車保険の年間4万円がかなりの負担だったので、他の保険会社への乗り換えを検討することにしました。

ダイレクト型の保険料が割安

インターネットで調べると、自動車保険の中でダイレクト型保険が割安だったので、ダイレクト保険に絞って探すことにしました。

保険に加入する意図は、事故が起きた時のためなので、事故が起きた時の保険会社の対応をネットの口コミで検索しました。保険料年間2万円以下の会社もありましたが、口コミの内容が良くありませんでした。

口コミも見比べ保険会社を選んだ

二人目の子供が生まれたので、さらに保険料の見直しをすることにしました。ソニー損保の走行距離に応じた保険料払いの仕組みも、普段街乗りしかしない我が家では恩恵がありませんでした。

現在加入している三井ダイレクト損保はソニー損保よりもさらに保険料が安く、事故時の対応も口コミでは悪くなさそうだったので、三井ダイレクト損保に加入することにしました。

自分に合う保険会社を選ぶべき

自動車保険のプランの選定は人に聞くと情報が狭くなる気がします。全く初めての自動車保険加入で用語もなにもかわからないのであれば、説明を人に聞いて勉強するのはありでしょう。

しかし、自動車保険会社の担当者に勧められるままに加入をすると後で後悔することになると思います。インターネットには自動車保険の仕組みについて細かく説明されているサイトが数多くあるので、自分で勉強して自分に合うプラン、保険会社を選択した方が良いと思います。

自動車保険の用語は法律用語のようで難しい言葉も出てきますが、あきらめずに読んでいれば必ず理解できるようになります。

各会社を比較することで、いい会社に出会える

必ず複数の自動車保険会社を比較することも大事だと思います。保険会社それぞれの強みがあります。そして、結局はシンプルで安い保険料の保険会社に落ち着くのではないかと思います。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×