自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の種類は大きくわけるとたったの7つしかない

単に自動車保険と言っても、「対人賠償保険」や「対物賠償保険」、「車両保険」など、実はいろいろな種類があります。また、自動車保険では様々な特約があります。さらに、保険会社にも「代理店型」と「通販型」があります。そこで今回は、自動車保険に関連する種類について、専門家に聞いてみました。

自動車保険の基本的な種類について理解しよう

自動車保険(任意保険)には、基本的に次のような種類があります。

対人賠償保険 交通事故により相手を死傷させてしまった場合に賠償金を補償。
対物賠償保険 交通事故により相手の財物に損害を与えてしまった場合に賠償金を補償。
人身傷害補償保険 搭乗中の人が交通事故により死傷した場合、損害額を補償。過失割合に関係なく保険金額内の損害金額を支払われる(実損払い)。
搭乗者傷害保険 搭乗中の人が交通事故により死傷した場合、保険金が支払われる(定額払い)。
車両保険 自分の車を補償する。交通事故や台風などの自然災害(地震に由来するものは除く)、いたずら被害などによる損害に車両保険金額を上限に補償。
自損事故保険 独事故により搭乗者が死傷した場合、定額を補償。
無保険車傷害保険 契約者が被害者で、相手が不明、賠償能力がない場合に補償。

なお、自損事故保険と無保険車傷害保険は、任意保険に自動付帯されます。

自動車保険を契約する場合、補償内容や特約は、それぞれどのような基準で選べばよいのでしょうか。

自動車保険の基本的な補償内容は、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害補償保険」「車両保険」です。補償内容については、対人賠償保険と対物賠償保険、人身傷害補償保険が最も重要となります。そのうえで搭乗者傷害保険もあれば、さらに補償が手厚くなります。

ただし、保険料はその分だけ高くなってしまうため、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険どちらかを付けたいのであれば、補償範囲が広い人身傷害補償保険を選択したほうがいいでしょう
う。

車両保険に関しては、費用が高額になっても修理して乗り続けたいのであれば、加入しておいたほうがいいでしょう。しかし、高額な修理費用を払うなら車を買い替えるという場合は、車両保険を付けないことで保険料を倍近く節約するのも可能です。

車両保険には、「一般型(一般条件)」と「エコノミー型」があります。一般型のメリットとしては、当て逃げや単独事故なども補償の対象となるなど、補償範囲が広い点が挙げられます。ただし、エコノミー型に比べて保険料が割高になる点がデメリットと言えます。

また、エコノミー型には一般型に比べて保険料が割安になるというメリットがある反面、当て逃げや単独事故などは補償の対象外になるなど、補償範囲が一般型に比べて限定されるというデメリットがあります。

メリット デメリット
一般型(一般条件) 事故の補償範囲が広い 保険料が割高となる
エコノミー型 保険料が割安となる 補償範囲が限定される

それぞれの保険料の差については、車両保険に加入する車の条件によって変わってくるためケースバイケースではあるものの、全体的な平均としては、エコノミー型のほうが30%~50%ほど保険料が安くなる傾向にあります。

もらい事故のように自分に全く過失がないケースでは、保険会社が間に入って示談交渉をすることができません。そのため、弁護士に依頼した際に発生する費用を補償してくれる、弁護士費用特約も付けておくと安心です。

また、同居の親族で原動機付自転車(原付)に乗っている人がいる場合は、ファミリーバイク特約へ加入するのがおすすめです。

また、保険料を安くことのできる割引制度を利用することも有効です。

自動車保険の割引制度には、ABSやエアバック、盗難防止装置などの安全装置による割引、ゴールドカードや運転者限定などの契約形態による割引があります。安全装置により損害額が抑えられるし、ゴールドカード所持者は事故率が低いと言えます。また、限定することで利用者の対象範囲が狭まるという観点から、保険会社にとってリスクが軽減します。そのため、保険料が割引になるのです。ただし、保険会社によって割引率や条件は異な流転には注意が必要です。

このような割引制度を利用するのとともに、現在の自動車保険を見直すことをおすすめします。車両保険の見直し(免責金額を設定する、車両保険の付保を取りやめるなど)や人身傷害保険だけに絞り搭乗者傷害保険をやめる、不要な特約を削減するなど、補償範囲を狭めることで保険料は安くなります。

なお、以前には保険会社が提供する自動車保険に「TAP」や「SAP」と呼ばれるものがありました。TAPとSAPは、任意保険の契約形体の種類のことです。TAPは「事業用総合自動車保険」であり、幅広いサービスを付けることができました。SAPは「自家用自動車総合保険」で、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・無保険車傷害保険・自損事故保険が基本のセットになっていました。

このように、以前は自動車保険の充実した補償内容を組み合わせてセットにして販売していましたが、現在では、新規契約で見かけることはほぼありません。

自動車保険の保険会社には、「代理店型」と「通販型」がある

自動車保険の保険会社には、「代理店型」と「通販型」があります。

自動車保険の加入が初めての人や、自動車保険の知識があまりない人は、対面式で保険内容の説明やアドバイスが受けられる代理店型をおすすめします。ただし、手数料が取られる分だけ保険料が高くなっているので、契約時や事故時にも親身になってくれる代理店を選ぶことが重要です。なお、保険料を安くしたいのであれば、通販型のほうがいいでしょう。なお、契約する前に比較サイトを利用すれば、複数の保険会社の保険料を一括で見積もりすることができるので便利です。

よい代理店を見極めるには、次のような部分を確認すべきでしょう。

  • ①質問にわかりやすく親切に答えてくれるか
  • ②代理店としての実績
  • ③ネットの口コミ

質問にわかりやすく親切に答えてくれるか

自動車保険は複雑な部分が多いです。だからこそ素人でもわかるよう、親切・丁寧に納得するまで対応するのが代理店の役割です。説明がわかりづらい、あるいは対応が不親切な代理店では、今後の長い付き合いを考えると不安ですよね。

代理店としての実績

保険会社から表彰をされているなど、営業成績がよい代理店を選ぶのも一つの方法です。そのような代理店は保険の知識や経験が豊富で、きちんと顧客を満足させられているという証でもあります。店舗に行った際には表彰状などがないか、ぜひ確認してみてください。

ネットの口コミ

もしかすると、この方法が信頼できる代理店を選ぶ一番の指標になるかもしれません。今はどのようなサービスにおいても、ネット上に口コミが寄せられている時代です。代理店に関しても、ネットの口コミを参考に決めるのというのもよいのではないでしょうか。「直接は言えない不満でも、匿名であれば言いやすい」という口コミ特有の性質を利用すれば、その代理店の本質を見極めることができそうです。

POINT

  • 自動車保険には「対人賠償保険」や「対物賠償保険」、「車両保険」などの種類がある
  • 自動車保険には、安全装置による割引や契約形態による割引などがある
  • 自動車保険の保険会社には、「代理店型」と「通販型」がある

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×