自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の保険料は車種や車体、車両料率クラスで安くなる

自身の愛車の車両料率クラスを知っていますか? 自動車保険の保険料は、「車両料率クラス(型式別料率クラス)」という自動車の型式ごとに設定された保険料率に基づいて設定されています。 この車両料率クラスは、過去に発生した自動車事故の頻度や程度、保険会社が支払った保険金などを車種・型・年式・グレードごとに9つのクラスに分別されており、自動車保険の主な補償である「対人賠償保険」「対物賠償保険」「傷害保険(搭乗者傷害保険・人身傷害保険)」「車両保険」4つの項目に対して、「1〜9」の数字に振り分けて保険料が設定されています。そして、このクラスの数字が低いほど、保険料は安くなります。 そこで今回は、自動車保険の車両料率クラスについて説明しましょう。

車種や車体のタイプは、自動車保険の保険料を決める要素の一つ

コンパクトカーやスポーツカーなど、車種によって自動車保険の保険料は変わる

車種によって、保険料は大きく違ってきます。なぜ違ってくるのかという点は、保険会社が保険金を支払うリスク、金額が多いかどうかという観点で考えると分かりやすいと思います。
例えば、コンパクトカーとスピードカーの場合、一般的にコンパクトカーはあまりスピードは出ませんし、あまりリスクを冒して運転する人も少ないと言えます。その結果、事故を起こすリスクが少なく、保険会社が保険金を支払うリスク、金額が少ないので型式料率クラスが低く設定されています。
対するスポーツカーの場合、早いスピードで運転する人が多いので事故を起こすリスクが高く、盗難被害に合うことが多いため、型式料率クラスが高く設定されています。
ちなみに、バイクの場合には原付と二輪(自動二輪と軽二輪)の2種類しかなく、車種ごとの保険料に違いはありません。

セダン・ミニバン・ワゴンなど、車体のタイプによっても保険料は変わる

車体のタイプによっても、保険料は違ってきます。
例えば、セダンやミニバン、ワゴンなどの場合、それぞれ車の形状が「乗用車」と「商用車」で分かれており、商用車のほうが車両料率が高く設定されているため、保険料が高くなります。

セダン 前向き2列の座席を持つ箱型の乗用車で、いわゆる一般的な乗用車のこと
ミニバン ボックスの形状をした商用車のこと
ワゴン ボンネットのある車で3列シートを有し、後面にもドアを設置した乗用車のこと

バイクの場合には、原付と二輪では出るスピード、盗難に遭うリスクが二輪のほうが高いので、保険料は高く設定されています。

車両料率クラス(型式別料率クラス)も、自動車保険の保険料を決める要素

車両料率クラス(型式別料率クラス)によっても保険料は変わる

自動車保険の保険料は、「車両料率クラス(型式別料率クラス)」という自動車の型式ごとに設定された保険料率に基づいて設定されています。

車両料率クラスは、過去に起こした事故の頻度や規模、保険会社が支払った保険金などを考慮して、車種ごとに型・年式・グレードなどによって「1~9」の数字を振り分けたものです。
そして、このクラスの数字が低いほど、保険料は安くなります。例えば新車の場合(初度登録年月の翌月から起算して25カ月以内)、事故発生や故障などのリスクが少ないので料率クラスは低く設定されており、保険料も割安になります。

この車両料率クラスは、車検証の用途車種の項目に「自家用普通乗用車」や「自家用小型乗用車」と記載されている車にのみ適用されていて、「損害保険料率算出機構」が1年に一度見直しを行っています。
事故や盗難の頻度、被害額が多いと料率が上がることがあるので、無事故の人でも保険料が高くなってしまう場合があります。
車種ごとに料率クラスは違いますが、例えば車両保険を100万円に設定した場合、ホンダのアコードは料率クラスは3(保険料は78,148円)ですが、トヨタのレクサスは料率クラスが8(保険料は200,952円)となり、保険料は約3倍と大きく違ってきます。
自動車の購入を考えているのなら、対象車種がどの料率クラスなのかを知っておくといいでしょう。

車両料率クラスは、対人賠償・対物賠償・搭乗者傷害保険・人身傷害保険・車両保険に設定される

車両料率クラスは、自動車保険の主な補償である「対人賠償保険」「対物賠償保険」「傷害保険(人身傷害保険・搭乗者傷害保険)」「車両保険」4つの項目に対して、「1~9」の数字に振り分けて保険料が設定されています。

人身傷害保険とは、搭乗中に自身や同乗者が死傷した場合の治療費や仕事を休んだ場合の休業損害などについて、保険金額を上限として実際の損害額を受け取れる保険です。
搭乗者傷害とは、入院日数や後遺障害の程度に応じて、契約で決められた金額を受け取れる保険です。
人身傷害保険をセットしていれば実際の損害額を補償することができるので、搭乗者傷害は「人身傷害保険の上乗せの補償」という位置づけとなります。
搭乗者傷害保険は、事故後の早い段階で保険金を受け取ることができるので、当座の費用に充てられるという利点があります。

車両料率クラスは損害保険料率算出機構が決めている

車両料率クラスは保険会社がそれぞれに設定したものではなく、「損害保険料算出機構」が決定しています。
損害保険料算出機構は、損害保険の健全な発達と保険契約者などの利益の確保を目的とした、日本で唯一の料率算出団体です。

すべての保険会社は損害保険料算出機構の車両料率クラスを使用しており、この団体は自動車保険や火災保険、傷害保険などの損害保険について、社会的・公共的な観点から公正で妥当な保険料の算出を業務としています。
車両料率クラスは車の型式ごとに事故の発生頻度、盗難の件数、新車かどうかなどを考慮し、1年に一度見直しが行われます。
なお、たとえ無事故で等級が上がっても、その年に愛車と同じ型式の自動車事故の発生頻度が増えて車両料率クラスが上がると、保険料が高くなることがあります。
自分の車の車両料率クラスは保険証券に記載されているので、確認しておくといいでしょう。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×