自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険(任意保険)について最低限知っておくべきこと

クルマを購入して、最初に思い悩むのが自動車保険についてですよね。 例えば「保険の種類が分からない……」「どの保険を選んだらいいの?」「自賠責保険だけではダメなのかな?」など。 そこで今回は、そんな自動車保険に関する基本的なことを専門家に聞いてみました。

任意保険の基礎知識

任意保険の特徴を学ぼう

強制保険と任意保険

自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」と「任意保険」の2つから構成されています。まずは、それぞれの補償の違いを見ていきましょう。

強制保険の概要

いわゆる「自賠責保険」と呼ばれる保険のことです。正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といい、一般に略して「自賠責保険」と呼ばれています。

自動車やバイク(二輪自動車・原動機付自転車)を運転する場合、法律(自動車損害賠償保障法)によって加入が義務づけられている保険なので、自動車やバイクを購入すると必ず加入する必要があります。また、自賠責保険に未加入の場合、法律で罰せられます。これが「強制保険」と呼ばれる理由です。保険料は車種によって一律です。

強制保険の補償内容

交通事故の被害者を救済するという観点から、他人をケガさせた、死亡させた場合の対人賠償保険のみ補償されます。全ての契約者に公平に、かつ被害者へ迅速に支払いをするため、保険金などの支払い限度額も決まっているのが特徴です。

ケガをさせた場合 最高120万円まで
死亡させた場合 最高3000万円まで
後遺傷害が残った場合 最高4000万円まで

万が一賠償金額が限度額を超えてしまった場合、自己負担となってしまいます。

どの保険会社や代理店でも加入することができますが、一般的には自動車やバイクを購入する際、自動車販売店で加入を勧められることが多いのではないでしょうか。

任意保険の概要

いわゆる「自動車保険」と呼ばれる保険のことです。正式名称は保険会社によって違いがありますが、どの会社も「○○自動車保険」という商品名になっていることが多いようです。自賠責保険と違い、補償の内容によって保険料が異なるのが特徴です。

任意保険の補償内容

被害者に支払うための「自賠責保険」と違い、自動車の車種や運転者の条件に加え、さまざまな補償(対人・対物賠償保険、車両保険、人身傷害保険など)のなかから自分に必要な補償をカスタマイズして、事故リスクに備えることが可能です。また、各種特約を付帯することで、自動車事故以外の日常のリスクにも備えられます。

強制保険と任意保険の補償の違いは?

上記のとおり、「自賠責保険」は他人のケガ・死亡に対する最低限の補償のみですが、「任意保険」は自賠責保険ではカバーできない、他人の身体・物に対する補償や、自分自身のケガ、クルマに対する補償、日常生活で起こる事故の補償など、さまざまなリスクを手厚くカバーすることができます。

また、「任意保険」では免許証の色や運転者の条件、車両の安全装置の有無によって保険料の割引を受けることができます。さらに、運転者が優良ドライバーかどうかを測る「モノサシ」として「等級制度」が設けられているのですが、この等級制度によって割引を受けられるも特徴の一つです。

任意保険は絶対に加入すべき

あなたは「絶対に事故をしない」と言い切れますか?

事故によっては賠償金額が数千万?数億円の高額になることも。自賠責保険に加入していても、支払い限度額を超えると自己負担になります。任意保険に未加入の場合、万が一事故が発生しても、自分も相手も守ることができません。

現在、日本の任意保険加入率は対人・対物保険が約70%強、傷害・車両保険が40%強と言われています(日本損害保険協会調べ)。自分に必要な補償をカスタマイズして、任意保険には必ず加入しましょう。

POINT

・強制保険(=自賠責保険)は「最低限の補償」である
・「任意保険」には割引制度がある
・「等級制度」があり、自分の等級によって割引の適用がある
・自分も相手も守るためには「任意保険」の加入が必要

任意保険にはさまざまな種類がある

任意保険の基本的な構成

任意保険は「主契約」と呼ばれる契約の基礎部分と、「特約」と呼ばれる補償のオプション部分の2つから成り立っています。

特約で補償内容の充実、補償範囲の限定でカスタマイズ

各保険会社によって特約の内容はさまざまですが、最近人気の特約として「弁護士費用特約」「日常生活賠償補償特約」「ファミリーバイク特約」などがあります。これらの特約を上手く活用して、自分だけの自動車保険をカスタマイズしましょう。

任意保険「主契約」の基本的な構成

任意保険の主な補償には、以下のようなものがあります。

1.対人賠償保険(相手への補償)
交通事故で相手方にケガをさせた時や、歩行者をケガさせた時、死亡させてしまった時などに、自賠責保険の補償限度額を超える賠償部分について、保険金が支払われます。

2.対物賠償保険(相手への補償)
交通事故によって、相手のクルマや物などの財物に損害を与えた場合、保険金が支払われます。

3.人身傷害保険(自分自身や搭乗者への補償、無保険車への補償)
クルマに搭乗していた時に事故でケガした場合、治療費や働けない場合の収入を補償します。また、相手方に過失のある事故に巻き込まれてケガをした際、相手が任意保険に未加入(=無保険)だった場合、ご自身の保険契約から保険金が支払われます。

4.車両保険(契約対象のクルマの補償)
契約をしているクルマが事故で破損・汚損してしまった場合、車両保険金が支払われます。なお、交通事故以外の事故(いたずら・盗難・自然災害など)でも支払われることがあります。

任意保険の主な特約には、以下のようなものがあります。

弁護士費用特約 事故の際、弁護士を依頼し発生した費用を補償する
個人賠償特約 自動車事故以外の事故で、賠償責任がある場合の費用を補償する
ファミリーバイク特約 自宅の原付(原動機付自転車)やミニバイクを補償の対象にする
新車特約 事故で新車が全損になってしまった場合に、車両購入金額を補償する
レンタカー費用特約 事故時にレンタカーした場合の費用を補償する

これ以外にもたくさんの特約があるので、必要な特約をオプションとして、自分にピッタリ合う補償にしましょう。

任意保険の割引制度

運転者の条件による割引

ノンフリート等級制度(等級別料率制度)とは

1?20等級(全労済は22等級)および「無事故」や「事故有」の区分によって、保険料が割引・割増される制度のことです。初めて自動車保険を契約する場合は、「6等級(S)」からのスタートとなり、全労済以外は20等級が最高、1等級が最低となっています。

事故有係数適用期間とは

事故有の割引・割増率を適用する期間のことです。上限は「6年」となっており、「0年」になると、事故無の割引・割増率に戻ります。事故有係数適用期間中は、事故のなかった同じ等級の人と比べて保険料が高くなります。

リスク細分型とは

自動車保険の保険料算出の基礎となる保険料率は、契約者一人ひとりの事故リスクの大きさを、契約のさまざまな状況から分析して算出されています。現在、主要な保険会社は「リスク細分型」という独自の保険料率を使用して、ドライバーそれぞれの事故リスクに即した保険料を設定しています。

運転者年齢限定割引(特約)とは

契約対象のクルマを運転する人の年齢条件を設定することで、保険料が変わります。「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」など、保険会社によって異なりますが、例えば40歳のご夫婦しか運転しないケースでは、「35歳以上」にしておくと保険料も安くなります。

運転者範囲限定割引(特約)とは

契約対象のクルマを運転する人の範囲を設定することで、保険料が変わります。「本人限定」「夫婦(配偶者)限定」「家族(※)限定」「限定なし」など、保険会社によって異なりますが、例えば上記の運転者年齢条件と合わせて「夫婦(配偶者)限定」とすることで、保険料がさらに割安になります。

※「家族」:同居の家族、あるいは別居の未婚の子どもを意味する。

ゴールド免許割引とは

主に運転される人(記名被保険者)の免許の色がゴールドだと、割引が適用されます。ゴールド免許割引の割引率は、10%前後となっています。

車両の条件や安全装置による割引

エアバッグ装着車割引

以前は、エアバックが装着されている車両について割引がありましたが、現在は、エアバック装着車割引を適用する保険会社はありません。

ABS装着車割引

ABSとは「アンチロックブレーキシステム」の略称で、ブレーキを勝手にロックしないためのシステムのことです。現在、主要な保険会社のうちABS装着車割引が存在するのは、全労済の「マイカー共済」のみです。ABS装着車割引の割引率は5%となっています。

エコカー割引

契約対象のクルマが各保険会社の定めるエコカー基準に該当すると、割引が適用されます。割引については3%の割引や、保険料から1000円のオフなど、保険会社によって異なります。

※「エコカー」:電気自動車(EV)や、エンジンと電気のハイブリッド車、クリーンディーゼル車など、次世代自動車を指す。

なお、エコカーを購入すると、環境性能に優れたクルマとして、各種自動車税の優遇があります。

新車割引

契約対象のクルマが新車(※)に該当する場合、割引が適用されます。

※「新車」:保険開始日が、車両の初度登録月の翌月から25カ月以内の自家用乗用自動車を指す。

福祉車両割引

契約対象のクルマが福祉車両(※)に該当する場合、割引が適用されます。福祉車両割引の割引率は3%前後となっています。

※「福祉車両」:車両に「車いす乗降装置」や「リフトアップシート」があるなど、身体が不自由な人を運ぶため、あるいは身体が不自由な人が運転しやすいように改良された車両で、消費税が非課税のクルマを指します。詳細については、自動車販売店に問い合わせをしてください。

そのほかの割引

インターネット割引

通販型の自動車保険に多い割引です。インターネットから申し込むと、初回保険料を5000円~10000円ほど割引する会社が多いようです。2回目以降の割引は、会社によって取り扱いが異なります。

ノンフリート多数割引

同じ保険会社内で、複数の車両を同一証券で契約する場合に適用される割引です。車両の台数によって、割引率が1%?5%と異なります。一部の保険会社のみ取り扱う割引制度です。

セカンドカー割引

すでに1台目の自動車保険契約があり、かつその保険契約の等級が「11等級以上」である場合、2台目を新規取得した際に適用される割引です。1台目と2台目の保険会社は異なっていても大丈夫です。「複数所有新規割引」と言われることもあり、どの保険会社でも取り扱っています。

年間走行距離による割引

ダイレクト系損保会社で特に多くなった「年間走行距離」による割引は、「今後どれくらいの距離を走る予定か」または「過去1年で走った距離はどれくらいか」を自己申告することで適用が可能です。ただし、事故時にその自己申告の数値と著しく異なる場合は、保険金の支払い対象外となることがあるので注意しましょう。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×