自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険に加入するなら、人身傷害保険も考えておこう

自動車保険の種類の一つに、「人身傷害保険」というものがあります。 人身傷害保険とは、自動車事故によって記名被保険者やその家族、契約対象の車に搭乗している人がケガを負った、死亡した場合などの補償をするものです。 それでは、似たような補償内容の搭乗者傷害保険とは何が違うのでしょうか。また、人身傷害保険には加入したほうがいいのでしょうか。 そこで今回は、人身傷害保険について専門家に聞いてみました。

人身傷害保険は「契約対象の車に乗っている全ての人」を補償

人身傷害保険(人身傷害補償保険)とは、自動車事故によって記名被保険者(契約対象の車を運転する人)やその家族、契約対象の車に搭乗している人がケガを負った、死亡した場合などの補償をするものです。

人身傷害保険は、相手がいる事故や単独事故にかかわらず、「契約対象の車に乗っている全ての人」のケガや死亡の補償をしてくれる保険です。

また、人身傷害保険の場合、記名被保険者やその家族については「契約対象の車に搭乗中以外の自動車事故」も対象となります。例えば、ほかの車に乗っていたときや、歩行中の自動車事故についても補償されます。

単独事故の場合や人身傷害保険に加入していない場合、自損事故保険からの補償となります。しかし、自損事故保険は人身傷害保険に比べて補償が物足りないと言えるので、人身傷害保険の加入(付帯)をおすすめします。

人身傷害保険と似ているようで違う搭乗者傷害保険

人身傷害保険と同じような補償内容に、「搭乗者傷害保険」があります。人身傷害険はケガの治療費だけでなく、休業損害や逸失利益(※生涯で得られたであろう経済的利益)までを、「実際に発生した損害額の分だけ」幅広く補償してくれます。

これに対し搭乗者傷害保険は、ケガや死亡時などに保険金がおりるという意味では同じですが、保険金額は約款などであらかじめ定められています。つまり、実際の損害額とは関係なく、ケガや後遺障害の状況により「一定額」しか支払われません。また、人身傷害保険のような、休業損害や逸失利益に関する補償がないのも違いの一つです。

また、人身傷害保険の場合、記名被保険者やその家族については「契約対象の車に搭乗中以外の自動車事故」も対象となります。しかし、搭乗者傷害保険では、「契約対象の車に搭乗中の自動車保険」で、しかも「搭乗している人」が対象となる点も異なります。

また、同じくケガに対する補償をする保険として「対人賠償責任保険」があります。しかし、人身傷害保険は「契約対象の車に乗っている全ての人」のケガを補償するのに対して、対人賠償責任保険は「事故の相手」のケガを補償するという点で異なります。

車を運転するなら、人身傷害保険に加入しておくべき!

医療保険や生命保険に加入しているので、人身傷害保険は不要と考える人もいるかと思います。

この点、医療保険や生命保険では被保険者しか補償の対象とならないのに対し、人身傷害保険の場合は、前述のとおり「契約対象の車に乗っている全ての人」が補償の対象となります。

例えば、自分が他人を乗せて車を運転しているときに事故を起こしてしまったら、自分は医療保険や生命保険から保険金が受け取れても、同乗者に対する補償は何もありません。仮に同乗者自身でも医療保険に加入していたとしても、運転していたのは自分なので、ケガを負わせた責任があります。このとき、同乗者から損害賠償を求められたとしても、医療保険では賠償をすることができません。

そのような状況を考えると、人身傷害保険は車を運転する以上は加入したほうがいいと言えるでしょう。

それでは人身傷害保険に加入する場合、保険金額はどう設定すればいいのでしょうか。

人身傷害保険では、平均的に見ると3,000万円~5,000万円で保険金額を設定する人が多いようです。

しかし、人身傷害保険の補償内容には、休業損害や逸失利益などが含まれます。この休業損害や逸失利益はその人の収入によって変わる部分なので、必要な保険金額もそれぞれと言えるでしょう。

一つの目安としては、万が一事故で後遺障害が残り、働けなくなってしまった際にいくらあると安心か、または、自分が死亡した際に家族にいくら残したいかという基準で設定するのがいいでしょう。

POINT

  • ・人身傷害保険は「契約対象の車に乗っている全ての人」を補償する
  • ・人身傷害保険は休業損害や逸失利益についても補償する
  • ・車を運転する人は、人身傷害保険に加入したほうがいい

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×