自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険を選ぶときには、保険会社の事故対応力も重要!

自動車保険を選ぶにあたって、保険料の安さはもちろん、事故を起こしたときに保険会社がスムーズに対応・処理をしてくれるかという、事故対応のよさも重視されています。 それでは、保険会社の事故対応のよさはどのように判断すればいいのでしょうか。 そこで今回は、保険会社の事故対応について専門家に聞いてみました。

保険会社の事故対応力を見極める「4つ」のポイント

自動車保険選びで、保険料とともに重視されるのが事故対応のよさ。事故を起こしたとき、保険会社がスムーズに対応・処理をしてくれるかということです。

保険会社が挙げるメリットの一つとして、「事故対応力が強い」ということが言われます。それでは、「事故対応力が強い」というのは具体的にどういうことを意味するのでしょうか。

事故対応力といった意味では、以下のような部分が重要と考えられます。

初期対応の迅速さ
示談交渉の実績や担当者の専門性
担当者の親切で誠実な対応
ロードサービスの内容、拠点の充実性

それでは、これらの点をもとに事故対応力の強さを判断するポイントを説明していきましょう。

①初期対応の迅速さ

事故受付は24時間・365日行っている保険会社がほとんどですが、初期対応については事故の受付時間によっては翌営業日になる場合があります。

これは通販型の場合に多く、各社のホームページに初期対応が可能な受付時間が明記されています。そのため、初期対応の迅速さを特に重視するのであれば、代理店型のほうが安心なのではないでしょうか。

ただし、前述のように、これはあくまでも相手方や病院などへの連絡といった初期対応についての話であり、ロードサービスに関してはいずれも24時間・365日対応しています。

②示談交渉の実績や担当者の専門性

各社のホームページを見ると、それぞれの事故対応に関する内容が記載されています。そのため、じっくり見比べれば示談交渉の担当者は事故の専門家であるか、どのような方法で事故解決を目指すのかなど、保険会社ごとの特性が分かるはずです。

③担当者の親切で誠実な対応

最近の自動車保険では、事故現場に警備・セキュリティーサービス会社の隊員が駆けつけ、現場での対応をサポートしてくれるサービスがあります。また、通販型の保険会社であっても担当者が自宅へ赴き、事故解決についてのアドバイスや説明をしてくれるなど、非常に心強いサービスを提供しているところもあります。

④ロードサービスの内容、拠点の充実性

実際の事故の場面において、すぐにロードサービスが必要となるケースも多いです。

この点、レッカーや車の修理が必要となった場合、いかに早く現場に来てくれるかはサービス拠点の数によって比較することができます。

また、万が一車が走行不能になってしまった際はどうやって帰宅するのかなど、実際の事故を想定すると必要なロードサービスをある程度把握することができるはず。そのため、各保険会社が提供するロードサービスの内容をきちんと確認しておきましょう。

事故対応に関する「2つ」の疑問を解消する

前述の「①初期対応の迅速さ」で説明したように、保険会社では事故受付の時間と事故対応の時間に違いがあることも。その理由は、事故受付と事故対応では担当窓口が別になっているからです。具体的には、事故受付の後にその担当者が決まり、それから事故対応に入るという流れになります。

それでは、この事故受付から事故対応までの間をできるだけ短くする方法はあるのでしょうか。

この点、事故受付だけでなく、初期対応も24時間・365日行ってくれる保険会社を選ぶのがベストです。また、ロードサービスの対応の迅速さという意味では、全国にサービス拠点を数多く有する保険会社を選ぶのがいいでしょう。

また、保険会社の事故対応中に自動車保険を解約することは可能なのでしょうか。

この点、事故対応中であっても自動車保険を解約することはできます。保険会社は契約期間中に起きた事故については、示談交渉や保険金の支払いなどをきちんと行ってくれます。

ただし、事故を解決する前に解約し、違う自動車保険会社に乗り換えるという場合には注意が必要です。なぜなら、保険金を受け取るか否かで等級が変わってくるため、双方の保険会社とのやりとりに通常よりも時間がかかってしまうからです。

POINT

  • 自動車保険を選ぶ際、事故を起こしたときの保険会社の対応・処理(事故対応力)も重要
  • 事故対応力の強さを判断するための「4つ」のポイントがある
  • 保険会社の事故対応中でも、自動車保険を解約することはできる

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×