自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の運転者家族限定特約で限定される家族の範囲

自動車保険のなかには、運転者を限定することによって保険料が安くなるものがあります。例えば、「運転者家族限定特約」の場合には、運転者を家族に限定することによって保険料が安くなります。しかし、補償される「家族」とはどの範囲までを含むのでしょうか。 そこで今回は、運転者家族限定特約の補償範囲について専門家に聞いてみました。また、同様に運転者を限定する「運転者年齢条件」についても触れています。

運転者家族限定特約で補償される「家族」の範囲

自動車保険の特約のなかには、運転者を家族に限定することによって保険料が安くなるものがあります。それが、「運転者家族限定特約」です。

運転者家族限定特約を付帯した場合、家族以外の者が運転しているときの事故は補償の対象外となります。そのため、一時的に友人が車を運転していたなどというケースでは、その間は無保険の状態となってしまい、何の補償も受けることができないという点には注意が必要です。

「基本的には家族しか運転しないけど、たまに友人や同僚に運転を頼むときもある」というような人は、保険料は割高にはなるものの、運転者の範囲を「限定なし」にするほうがいいでしょう。

家族以外の第三者が車を運転することがないのであれば保険料が安くなるわけですが、その「家族」とはどの範囲までを含めるのかが気になるところです。運転者家族限定特約における家族の範囲は次のとおりです。

記名被保険者
記名被保険者の配偶者
記名被保険者またはその配偶者の親族
記名被保険者またはその配偶者の別居している未婚の子

記名被保険者とは、保険証券に記載されている、契約車両を主に運転する人を意味します。

この範囲のなかでも問題になるのは、「配偶者」「親族」「未婚の子」についてです。

「配偶者」は婚姻関係にある場合はもちろん、内縁関係も含まれる点には注意が必要です。また、「親族」は同じ建物に同居している親族をいい、配偶者(内縁を含む)、6親等以内の血族、3親等以内の姻族がこれにあたります。さらに、「未婚の子」とは、過去に婚姻歴がない子どものことです。

なお、運転者家族限定特約と同様に、適用範囲が問題となるものに「人身傷害補償保険」や「ファミリーバイク特約」があります。人身傷害補償保険は同居の親族が、ファミリーバイク特約については記名被保険者の家族が含まれます。

運転者家族限定特約と運転者年齢条件の違い

自動車保険の特約には、運転者の範囲を限定する「運転者家族限定特約」のほかに、運転者の年齢を限定する「運転者年齢条件(運転者の年齢条件に関する特約)」もあります。

「運転者年齢条件」は、車を運転する人の年齢を「21歳以上」や「26歳以上」、「35歳以上」と限定することによって、保険料が安くなるものです。

「運転者年齢条件」が適用される範囲は次のとおり。運転者家族限定特約との大きな違いは、同居をしている未婚の子も範囲に含まれるという点です。

記名被保険者
記名被保険者の配偶者
記名被保険者またはその配偶者の同居の親族

これらの範囲のうち、契約対象となる車を運転する最も若い人の年齢に合わせて設定を行います。

運転者家族限定特約は家族しか運転しないのか、それとも他人も運転するのかという判断で設定するものです。対する年齢条件については、運転者家族限定特約にように他人を考慮することはせず、あくまで家族間のみで年齢を設定します。そのため、どちらを付帯するかはこれらの点を踏まえたうえで決めるべきでしょう。

なお、運転者家族限定特約と年齢条件を付帯することによって、運転者を家族に限定して保険料を割安にし、さらに運転者の年齢を限定することで、より割引率が上がるというメリットがあります。

POINT

  • 運転者家族限定特約は、運転者を家族に限定することによって保険料が安くなる
  • 運転者家族限定特約で補償される家族には、「配偶者」「親族」「別居している未婚の子」が含まれる
  • 運転者年齢条件は、車を運転する人の年齢を限定することによって保険料が安くなる

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×