自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の保険証券は紛失しても大丈夫!ただし再発行方法は1つ

「自動車保険の保険証券無くしてしまったけど大丈夫かな…」
自動車保険に加入したときに保険証券が貰えますが、保険を乗り換えたい・更新したいときに保険証券は必要なのでしょうか?今回は保険証券を紛失したときの対策をお伝えします。
    実は保険証券がなくても自動車保険は乗りかえられる!

  • 本当に必要なのは、保険証券そのものよりも「証券番号」
  • 証券番号は代理店or保険会社の営業店に電話すれば確認可能!
  • 保険証券を再発行して更新するより保険の乗り換えがお得
  • 一括見積もりサイトなら最短3分で見積もりできる
  • 保険スクエアbangなら約20社の見積もりがとれる

安い保険を探す !

    みんな知らない、一括見積もり 3 つの事実

  • 1. わずらわしい電話はかかってきません!
  • 2. メールアドレスは普段使っているメインのものじゃなくて大丈夫!
  • 3. つまり連絡が取れれば連絡先はなんでもOKです!

Bangならたった3分で20社無料で見積もれる! /

一括見積もりしてみる

自動車保険の保険証券の再発行のためにはすぐに保険会社に連絡を!

保険証券は普段は利用することもないため、どこにあるのかわからなくなってしまうこともあると思います。保険証券は自動車保険に必要なものです。すぐに保険会社に連絡して再発行しましょう。

自動車保険の保険証券は契約の成立や内容を証明するもの

自動車保険に加入した場合、保険会社から契約者に対して「保険証券」が発行されます。この保険証券は、何のために必要なのでしょうか。

自動車保険の保険証券は、契約の成立や内容を証明するものです。契約内容の確認の際に必要になるのはもちろん、事故を起こして保険を使う際や契約の更新や乗り換えのときにも必要となるので、大切に保管をしておきましょう。

特に、契約の更新や乗り換えの際には、以前の契約状況(等級や保険期間・事故有係数など)を確認する必要があるため、保険証券を使うのが一般的です。

大切なものというのは、しっかり保管をしていても、なぜかなくしてしまいます。もし保険証券を紛失した場合、契約者はどうすればいいのでしょうか。

契約期間中に保険証券を紛失した場合は、すぐに保険会社へ連絡し、新たに再発行手続きをする必要があります。

自動車保険の保険証券を紛失した状態だと保険金が受け取れない

保険証券を紛失した場合、補償内容が無効になるわけではありません。
しかし「保険金を受け取る場合」には保険証券が必要となります。

保険証券の再発行手続きには通常、印鑑証明や本人確認書類、保険証券再発行請求書などが必要になります。具体的に何を準備すればいいのかについては、保険会社に問い合わせて、確認をしましょう。

保険証券を紛失した場合、それを誰かに悪用されるのではないかという心配をする人もいることでしょう。そもそも、自動車保険の内容のみならず、住所や氏名も記載されているため、個人情報を流出してしまうこととなります。

この点、保険証券の悪用により犯罪などに直接的に結びつくことは考えにくいものの、例えば、ほかの自動車保険会社の職員が、自社の保険を売るための参考に使うといった可能性はあります。

保険証券の再発行は約1週間~2週間の期間がかかる

保険証券を紛失して再発行するためには期間が約1週間~2週間かかります。再発行にはまず、「証券記号番号」が必要になります。保険証券があればこの番号を確認できますが、紛失して分からなくなってしまった場合は保険料の領収書などの保険会社から送られてくる書類に記載されているのでこちらで番号を確認してください。そして、その番号は次回紛失してしまう危険性もあるためメモをとっておいてください。

また、再発行のためには保険証券再発行請求書、本人確認書類、印鑑、印鑑証明書が必要になります。これらの書類を準備し、契約している保険会社に提出し、届け出てください。
本人確認書類は運転免許書やパスポートのコピーで対応できます。

自動車保険の保険証券を紛失すると緊急なら契約証明書を発行できる

保険証券を紛失した後に再発行までの手続きは約1~2週間かかります。その発行の前にどうしても契約内容を証明する書類が欲しい方もいると思います。保険会社によっては契約証明書を出してくれるところもあります。緊急姓が高い場合はぜひ利用しましょう。

自動車保険の保険証券は任意保険が対象

自動車保険の証券は一般的に任意保険証書である場合がほとんどです。よく誤解されやすいいのが自動車賠償責任保険です。いわゆる「自賠責」保険です。こちらの保険は強制加入のため自動車保険証券とは別になります。自賠責の保険は把握しているが、任意保険の契約内容はよくわからない方も多いと思います。自動車保険書の内容をしっかりと確認してみてください。

自動車保険の保険証券は解約時に返却する

それでは、自動車保険の更新や契約内容の変更、解約の場合に、保管している保険証券はどうすべきなのでしょうか。

基本的に保険証券の記載内容の変更や契約内容の変更に伴い、新たに証券が発行されることはありません。

ただし、契約を更新した場合には、新たに更新後の契約に関する保険証券、もしくは「保険契約継続証」という保険証券と同じ効力を持つ書類が送られてきます。

また、補償対象の車両を変更する、あるいは証券に記載されている住所を変更する場合には、保険会社に連絡をすると手続きをしてくれます。手続きが終わると、保険会社から「変更手続き完了のお知らせ」が届くので、保険証券と一緒に保管しておくようにしましょう。

そして、自動車保険を解約する場合には、持っていた証券は破棄するか、保険会社に返却するのが一般的です。

契約の更新または別の保険会社に乗り換える際には、以前の証券に記載してある情報が必要となります。そのため、契約の更新手続きが完了する、または乗り換えの新契約がスタートするまで、大切に保管をしておきましょう。

契約の更新 新たに更新後の契約に関する保険証券、もしくは「保険契約継続証」が送られてくる。
補償対象の車両を変更
証券に記載されている住所を変更
保険会社に連絡をする。手続きが終わると保険会社から「変更手続き完了のお知らせ」が届く。
自動車保険の解約 持っていた証券は破棄するか、保険会社に返却する。

なお、新しい保険証券が届いた時点で以前の契約は無効となっているので、継続前の証券は破棄しても問題ありません。

保険証券の紛失が心配という人は、ペーパーレス化(電子化)する方法もあります。紙の無駄をなくすというエコの観点から、通販型(ダイレクト)の保険会社が主に取り入れているサービスです。保険証券のペーパーレス化を利用すると、一般に保険料が500円ほど割引されます。

自動車保険の保険証券が必要になるのは切り替えのとき

保険証券が実際に1番必要になる場合は自動車保険の切り替えのときです。現在の保険契約の内容や期間がわからなければ乗り換えも行いにくいです。しかし、今現在加入している保険で割高な保険料を支払っていることもあります。保険証券を確認することで自分に最も必要な自動車保険をみつけることができます。保険証券を確認してみてください。

安い保険を探す!

まとめ

  • 自動車保険の保険証券は、契約の成立や内容を証明するもの
  • 保険証券は、契約の更新や切り替えの際に必要になる
  • 契約を更新した場合、更新後の契約に関する保険証券か「保険契約継続証」が送られる
  • 保険証券のペーパーレス化を利用すると、保険料が500円ほど割引される

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×