自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車種別で自動車保険の料金を比較しました。

車の購入を考えているが、どんな車でどのくらいの保険料がかかるかわからないため購入を決めかねている…そんな方は多いのではないでしょうか。安い買い物ではないですし、購入しても維持していけないからすぐに手放す…なんて悲しいですもんね。車を購入する前に、維持費がどれくらいかかるのかを把握しておくことが大切です。

突然ですが自動車保険クイズです

自動車保険、実は一括見積して乗りかえると、25,000円安くなるってホント!?

↓  あなたの答えは?  ↓

    正解!なんと25,000円安くなるんです!

  • 一括見積サイト「Bang」経由で保険を乗り換えると、平均25,000円安くなっている!
  • 見積もり自体は最短3分で終了し、20社の保険を比較可能!
  • 言い換えると、最短3分で「一番安い保険」を探せるので、一括見積もりしてみよう!

一括見積もりする

まずはBangを見てみる

    不正解!なんと25,000円安くなるんです!

  • 一括見積サイト「Bang」経由で保険を乗り換えると、平均25,000円安くなっている!
  • 見積もり自体は最短3分で終了し、20社の保険を比較可能!
  • 言い換えると、最短3分で「一番安い保険」を探せるので、一括見積もりしてみよう!

一括見積もりする

まずはBangを見てみる

このページのもくじ

車タイプ別

現在の日本で販売されている車は軽自動車、小型車、普通車、高級車、外車とかなり大まかに別けるとこの4種類に別ける事ができます。

これらの特徴と簡単な見分け方としては、
・軽自動車 ⇒ 黄色いナンバー(車体が小さいため高速走行や長距離の走行は苦手だが、燃費の良い車種が多い)

・小型車  ⇒ 白地に5××もしくは7××ナンバー(一般的な車。車体は軽自動車より大きいため高速走行も安心、ハイブリッド車も多く比較的燃費は良い。)

・高級車  ⇒ 白地に3××ナンバー(各メーカーのフラッグシップとも言える車種であり、車体が大きく重厚感がある。車の装備はものすごいが、その分、車体の重さや大きさの影響で燃費は落ちる。)

・外車   ⇒ 白地に5××もしくは3××ナンバー(ベンツやBMW、アウディなどが外車の部類。他にもフェラーリやフォードなど、ナンバーでの見分けはつかないが、国外のメーカーのため、デザインが特徴的)

となります。

車タイプ別その2

車が小さいほど保険料は安くなりますが、高級車や外車と比べてどれくらいの差が出るのか、代表的な車種を例に出して説明します。
※すべての車種で条件を同じにするため、初年度登録を2011年10月、対人対物無制限として計算しています。

メーカー・車種 車タイプ 50,180 円/年 4,390 円 /月
ダイハツ ムーブ 軽自動車 50,180 円/年 4,390 円 /月
ホンダ フィット 普通車 57,660 円/年 5,050 円 /月
トヨタ クラウン 高級車 70,680 円/年 6,180 円 /月
BMW 3シリーズ 外車 69,020 円/年 6,030 円 /月

  
かなり大まかな計算になりますが、某保険会社でそれぞれの代表的な車種で見積もりを出したとこの上記のようになりました。
一番安い軽自動車と一番高い高級車では、年に20,000円もの差が出るという事がわかります。
もちろん、条件は個人個人で違いますし、保証内容も個人の必要性に合わせて変更しますので、あくまで例という事にはなりますが、同じ条件の場合だと、これだけの差が出るという事ですね。

安い保険を探す!

保険料は普通車、高級車という以外にも、料率クラスと言うものでも算出されます。
料率クラスとは各保険会社が保険の使用率を調べ、車種ごとに保険の使用率を調べランク付けするもので、1から9までのランクに別けられています。
保険の使用率、つまり事故にあっている車ほど保険料が高くなってしまうというシステムです。
これは残念ながら、すべての保険会社で共通となっており、しかも統計としてデータを取るため自身が事故にあっていなくても、人気車種やスポーツカーの場合は事故にあいやすいという事で他の車種よりも保険料が高くなってしまいます。人気車種の料率クラスがあがる理由は車を選ぶ人が多いため、その分事故にあいやすいと考えられているからです。

料率システムは毎年更新されるので、事故にあっていないのに保険料が変わったという場合は料率クラスが変更されたと考えるのが妥当です。
保険会社などに問い合わせると料率クラスを教えてくれるので、同じクラスの車で特に車種にこだわりがないというのなら、料率クラスの低い車を選ぶのも保険料を安く抑えるひとつの方法ですよ。
ちなみに、軽自動車には料率クラスの概念はありませんので、軽自動車は一度契約したら保険料が大きく変わるということはまずありえません。

車の大きさによって保険料はかなり違ってくるため、購入後の支払いも考えて車種を選ぶ必要があります。自動車保険会社によっては同じ車種でも自動車保険料が違ったりキャンペーンを行っていたりするので比較することが大事です。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×