自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

通販型、代理店型、自賠責、自動車保険の種類とそれぞれの違いについて

自動車保険は本当に複雑だと思います。スーパーの駐車場に沢山車が止まっているシーンを思い浮かべて下さい。そこに止まっている車の自動車保険の保険料が全く同じという車はまずないでしょう。 それくらい自動車保険は複雑でもありますが、それだけあなたの生活に合わせて細かいところまでサービスを提供できる商品でもあります。一見複雑に思える自動車保険を「保険料」を基準に良し悪しを解説したいと思います。

保険料を安くしたいと思う人へ

保険料を安くしたいと思う方は「通販型自動車保険」と言われる保険に入ると保険料は安くなります。自動車保険は代理店型と通販型の2種類があり、通販型とは代理店分の手数料をカットした分だけ保険料が安くなっていると思ってください。

さらに保険料を安くしたい人

自動車保険の一括見積もりサイトというものがあります。これは一括見積もりサイトが仲介する形で通販型の自動車保険を中心に保険料見積もりを代行して依頼してくれます。そしてあなたの手元には複数社から保険料見積りが届きます。中には保険料が年間で数万円単位も下がった例もありますので、保険料を安くしたい人は試す価値があります。

通販型自動車保険の注意点

通販型自動車保険に入る場合、ある程度の手間は加入する側が行うことになります。テレビCMでよく聞く「ネット割引○○円!」というのは、あなたがネット上で申し込み手続きをするという手数料が割り引かれていると思って間違いありません。自動車保険知識に不安がある人には、補償に漏れが出るケースもありますから控えた方が良いかもしれません。

安心できる自動車保険に入りたいと思う人へ

自動車保険だけでなく、車を所有するには色々と知識が必要です。「ディーラーさんに全てお任せしています。」そう言う方のお話を聞いたことがある人もいると思います。ディーラーさんにお任せするということは、お任せできる安心感があるということです。この安心感がほしい人は、代理店型の自動車保険に入ることをお勧めします。

通販型とは違い保険料は割高になりますが、契約の時に「顔が見える相手に保険をお願いする安心度」は通販型とは比べ物にもなりません。万一事故に遭った時、代理店さんが事故現場に駆けつけてくれたらどれだけ心強いでしょうか。代理店さんは保険契約を守るだけでなく、あなたに安心をお届けしてくれます。安いだけが自動車保険ではありません。自動車に詳しくない方は代理店型の自動車保険に入るのも安心を得る方法です。

代理店型自動車保険の注意点

通販型より割高な保険料を払っている分の付加価値を得られているかどうか?ここを考えましょう。代理店さんと言っても人間です。あなたのニーズにお応えしてくれる方もいれば、頻繁に担当者が代わってどうにも不安が残る会社もあります。質問しても、良く分かっていない受け答えをする人もいます。付加価値に見合わない人が代理店さんの場合は、保険契約を見直す必要もあると言えます。

よくある自動車保険の勘違いやトラブル

自動車事故でよくあるトラブルは次の内容です。例をあげてご紹介します。

例)信号待ち停車中に、後ろから相手の車に追突された。幸いけが人はいません。

警察を呼んで警察から「自賠責を見せるように。」と言われました。相手の人も自賠責保険を見せていたので、相手も保険に入っていると思いました。警察からも「後はお互いに保険屋さんに電話しておいて。」と言われました。

このケースの事故の場合、あなたには責任はありません。全て相手の保険で対応してもらえます。ところが相手の人から次の日に連絡がありました。「すみません。保険に入ってなかったんです・・・。」

事故直後に警察に見せていた保険とは自賠責保険。これは相手側のけがの治療費を補償する保険です。今回の事故のようにけが人のいない事故は自動車保険(任意保険)の対物賠償が補償対象になります。

解説)警察も自賠責に連絡しろとは言っていません。自賠責は強制的に車検の時に入る保険の為、その観点から警察は自賠責加入の有無を確認しているだけであり、対物賠償をするしないまでは、事故現場で確認はしません。

こうしたけが人のない事故を物損事故と言い、警察も事故の証明はしますが事件として扱いませんので深く関ってきません。この段階では民事に当たり、警察は関与できないのです。けが人が出ると人身事故に切り替わり事件として警察も関与してきますが・・・。

こうした自動車事故に生じる責任は細かく枝分かれしていて、その枝に対して保険の補償内容も定められています。「自賠責保険に入っているから大丈夫!」と考えている方がいましたら、直ぐに自動車保険に入って下さい。事故が起きてからでは遅いですから。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×