自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

他車運転特約で安心!補償できる範囲と4つの条件

他車運転特約ってつけた方がいいのかな…
他車運転特約とは、被保険者やそのご家族が他人の車を運転し交通事故を起こした際、自分の契約車両として補償を受けられる特約です。ぜひつけておきたい特約ですが、その分保険料が上がってしまいますよね。今回は、特約をつけた上で保険料を安く抑えられる方法をお伝えします。
    【他車運転特約が適応される人の範囲】

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
    【他車運転特約のメリット】

  • 他人の車を運転し交通事故を起こした際、自分の契約車両として補償を受けられる
  • そのため自分の自動車保険から保険金が支払われる
  • 車を借りた人に迷惑をかけないためにも、絶対につけておきたい特約のひとつ
  • ただし特約をつけると保険料が上がってしまう
  • 保険料を抑えるには一括見積もりで保険会社を比較するのが1番!
  • なぜなら約20社を一度に比較できるので最安価が見つかるから

今すぐ一括見積もりする

まずは事例を見る

自動車保険の一括見積もりで、91%の人が安くなっている
自動車保険の乗り換えで安くなった人は91%越え

最安値が見つかる

自動車保険で他人の車で起きた事故を対処できるたった一つの条件

ドライブなどで友人の車やレンタカーなど他人の車を運転する機会がある限り、他人の車でも事故を起こしてしまうことが今後起こるかもしれません。あなたの自動車保険が役に立つのかどうか、他人の車を運転する際に知っておきたい自動車保険の特約について詳しく説明します。

他車運転特約でしか他人の車で起きた事故に自動車保険は補償できない

他車運転特約とは、自身の補償内容をそのまま他人の車の運転時のトラブルに当てはめることができるので、自身が自動車保険で他車運転特約を付帯していれば他人の車でも自身の保険でカバーできます。
気になる補償範囲は、

  • 車種
  •   自家用普通乗用車 ⇒5ナンバー車
      自家用小型乗用車 ⇒3ナンバー車
      自家用軽四輪乗用車 ⇒軽自動車(黄色ナンバー)
      自家用普通貨物車(2トン以下)⇒1ナンバー車(2トントラックなど)
      自家用小型貨物車 ⇒4ナンバー車
      自家用軽四輪貨物車 ⇒軽トラック、軽バンなど
      特殊用途自動車 ⇒8ナンバー車(キャンピングカー、消防車など)

上記の車種で契約者、配偶者、親族以外の友人、知人(個人名義)の車であれば他車運転特約の対象になります。
上記の車種と言っても、普通免許で運転できる範囲の車のみですので、家族以外の個人名義の車であれば補償対象ということになりますね。

他車運転特約で補償できないシチュエーションに要注意!

他車運転特約は簡単に言えば家族以外の車を運転していれば対象になりますが、家族以外であれば誰の車でも対象になるわけではありません。
他車運転特約が使えない場合としては、

  • 会社の車
  • 受託中の車
  • 盗難車

が挙げられます。

会社の車は営業などさまざまな用途で使われますが、社用車での事故は基本的に業務中の事故とみなされるため、個人の保険は適用できません。保険会社としては業務中の事故は、会社の保険で対応という考えになっています。

受託中の車とは、整備工場やガソリンスタンド、運転代行など、お客様から車を預かって運転する場合です。整備工場やガソリンスタンドで車庫入れの際に擦った、運転代行中に事故にあったという場合でも、会社が法人契約している保険が適用されるので、個人の保険を適用することはできません。友人の車を無断で運転しても他車運転特約は適用されません。

他車運転特約の対象にならない場合は主に上記の3つになりますので、法人名義の車、金銭を受け取って仕事として運転している車、そして盗んだ車には適用できないということになります。
また、車両保険に加入していない場合は、借りた車での単独事故や飛び石などによって必要になった修理費用は補償されないのでご注意ください。

代車やレンタカーで覚えておくべき自動車保険の活用法

自身以外の車では、友人や知人の自動車に次いで代車やレンタカーもまた運転する機会も多くありますよね。それぞれ保険はどのようになるのか、こちらも見ていきましょう。

整備工場で借りた代車でも自動車保険が付いていると安心

車検や修理のために整備工場に入庫した場合、修理期間中は整備工場からの代車を借りる場合がほとんどで、整備工場からの代車は法人名義となりますが、この場合は他車運転特約は適用になります。

レンタカーははじめから自動車保険が付いているケースが多い

また、レンタカーの場合、基本的にはレンタカーを借りる際に保険に加入することになるのでレンタカーの保険を優先的に使用することになりますが、もしレンタカーの保険で対応しきれない場合は他車運転特約を使うこともできます。

他車運転特約がついていても自動車保険料が安くなる唯一の節約術

他車運転特約は自動車保険に加入した際に、保険会社によっては基本プランではじめからついている特約のひとつですが、他車運転特約が付帯されていない場合、他人の車を運転したら無保険で運転するということとなんら違いはありません。
特約を外すことにより保険料を抑えることもできますが、もし他人の車を運転する機会が一度でもあるようなら付帯させておいても損はないのではないでしょうか。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×