自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

当て逃げ被害に車両保険!知らないと損する3つの注意点

当て逃げ被害に遭ったけど保険で修理できるかな...
こんなとき車両保険が使えるのかどうか不安になりますよね。当て逃げ被害にも車両保険は適用できます。ところが一般車両保険を利用した場合、損をすることも多くあります。今回はその注意すべき3つの注意点と保険料をあげさせないための裏技を解説します。
確認すべき3つの注意点
1 警察への被害報告が必要
2 一般車両保険でしか十分な補償がされない
3 当て逃げ犯が見つかっても保険金は返ってこない
裏ワザ 一括見積もりで一番安い保険に入る
  • 警察への被害報告が無いと補償されない
  • 相手のドライバーを認知している場合、補償範囲が限定的なエコノミー型車両保険でも補償を受け取れる
  • しかし、当て逃げの犯人を特定できる確率は非常に低い
  • つまり一般型車両保険でしか当て逃げ被害が十分補償できない
  • 保険の一括見積もりで一般型車両保険を平均2万円程度安くできる!

当て逃げに対応できる安い保険を探す


当て逃げ被害には車両保険で対応するのが賢い方法

犯人もわからず、修理しようにもお金がかかる…。
被害後はそのような気持ちになると思いますが、悩んでいる間に車を運転できないのは非常に不便だと思います。

修理を自分の保険で対応するのは、悩ましいとは思いますが思い切って保険を使うのはいかがでしょうか。
傷の大小によって使用するかは変わってくるとは思いますが大きな傷だと何十万円ものお金が発生してしまいます。

ここでは車両保険を使う際の注意点を見ていきます。

当て逃げで覚えておきたい車両保険3つの注意点

当て逃げ被害は車両保険で補償できますが、車両保険を使う際に等級や補償内容、保険金で注意が必要ですので、ここで詳しく見ていきましょう。

①当て逃げの被害報告が無いと補償されない

当て逃げに遭ったら、まずは落ち着いてすぐに警察へ連絡しましょう。
車に傷がついたくらいで警察なんて大げさじゃないの?と思う人は認識が甘いです。

警察に連絡を入れれば当て逃げ犯を捕まえられる可能性がありますし、何より重要なのは、警察へ被害届を出す事です。では、次に警察への届け出がなぜ大事か詳しく解説いたします。

実は、警察への被害届の提出も補償の受け取りのために必須!

被害に遭ってすぐ被害届を警察に出さないと、自動車保険に加入していても保険金を受け取れないということがあります。
(『事故不届け理由書』の提出で対応してくれる自動車保険会社もあります)被害届は当て逃げが発覚してからすぐでないと、警察も対応してくれない場合があるので、すぐに警察へ連絡することを心がけてください。

保険会社への報告も忘れないで

実際に愛車が何かのトラブルに遭い破損したとき、「自分の車両保険で補償されるのかわからない」ということもよくあります。

しかし、補償を適用してくれるかどうかは保険会社の判断にゆだねるしかありません。ですので、当て逃げ被害であっても保険会社へ速やかに被害報告をしましょう。

②一般型車両保険でしか当て逃げ被害が十分補償できない

車両保険にさえ加入していれば、当て逃げされたときでも保険金が受け取れると思っていませんか?

万が一のための保険なのにいざという時に使えなければ何の意味もありません。
そして、当て逃げ被害は「一般型車両保険」でしか補償できません。では、そのほかのどのような車両保険だと補償を受け取れないのかも合わせて見ていきましょう。

相手が分かる接触事故ならエコノミー型でも補償できる

当て逃げとは、文字通り「当たってきた相手が逃げてしまった」という状況を指します。
他者が運転する自動車との接触事故が起き、相手のドライバーを認知している場合であれば、補償範囲が限定的なエコノミー型車両保険でも補償を受け取れるのが一般的です。

逆に、相手ドライバーの正体がわからないままになると、補償の受け取りは難しいでしょう。

エコノミー型車両保険は補償できるトラブルはかなり少ない

先述のように当て逃げが補償範囲になっているのは一般型車両保険のみとなっています。
エコノミー型の中にもさらに「限定」や「車対車」などの種類がありますが、いずれの種類のエコノミー型車両保険でも当て逃げは補償されません。

エコノミー型の車両保険は基本的に、いたずらや落下物、盗難など不可抗力とも言うべきトラブルが補償範囲ですが、当て逃げした相手が不明の接触事故や自損事故が補償されないため保険料が安くなります。

安い保険を探す

③もし当て逃げ犯が見つかっても保険金は返ってこない

当て逃げ被害は警察に被害届を出しても、大抵犯人が見つからず被害者が泣き寝入りすることが多いですが、当て逃げ犯が捕まるケースもあります。その場合、慰謝料や保険料はどうなるのかでしょうか?

一般型車両保険を利用し補償を受け取った後に当て逃げ犯が見つかっても、「保険によって損害は回復した」と見なされてしまうので、保険金が戻ってくることも等級が元に戻ることもありません。

エコノミー型車両保険でも犯人が見つかればラッキー

一般型車両保険に加入しておらず、エコノミー型車両保険に加入していた場合を考えてみましょう。
もし、当て逃げ被害にかかる費用を自己負担した後に犯人が見つかった場合、修理代などの賠償金を請求することができます。しかし、そういったケースはごくまれにしかありません。期待を持つのはやめましょう。

修理で保険を使うことのデメリット

保険を使うと等級が下がり保険料が上がるのはみなさんご存じの通りです。
それでは等級が下がるデメリットをしっかり理解し損をしないようにしましょう。

当て逃げでも3等級ダウン、自動車保険料全体が上がる

当て逃げされた際に、車両保険を利用して修理代を請求すると、等級が3つも下がってしまいます

では、長期的に見れば一般車両保険は利用しない方がいいの?という質問をよく受けますが、一概にどちらが良いと言い切ることはできません。当て逃げ被害に一般車両保険を利用した場合と利用しなかった場合を下記で比較していますので、参考にしてみてください。

一般車両保険を利用した場合と利用しなかった場合の保険料比較

年間10万円の自動車保険に加入している20等級の人が、当て逃げ被害に遭ったときに一般車型両保険を利用して保険金を受け取った場合と、一般型車両保険を利用せずに被害額を自己負担した場合の3年間の保険料を比較しました。

3年後には両者とも20等級(事故無し)に戻るので差額は発生しません。

一般車両保険を利用しなかった場合 一般車両保険を利用した場合
等級 20等級(事故無し) 17等級(事故あり)

事故から1年後の年間保険料

一般車両保険を利用しなかった場合 一般車両保険を利用した場合
等級 20等級(事故無し) 17等級(事故あり)
割引率 63% 38%
保険料 ¥37,000 ¥62,000
差額 ¥2,3000

事故から2年後の年間保険料

一般車両保険を利用した場合 一般車両保険を利用しなかった場合
等級 20等級(事故無し) 18等級(事故あり)
割引率 63% 40%
保険料 ¥37,000 ¥60,000
差額 ¥2,3000

※等級と割引率の関係性については、「自動車保険の等級」についての記事をご覧ください。

被害額が7万円を超える場合は一般車両保険を使うべき

上記の表を見ると、一般車両保険を利用した場合と利用しなかった場合の差額は3年間で合計/¥69,000となります。

つまり、当て逃げの被害額が¥69,000未満の場合は保険を利用せず自己負担した方がお得になります。

逆に被害額が¥69,000を超えると一般車両保険を利用した方が費用を抑えられます。今回のケースはあくまで、年間の保険料が10万円で20等級の場合の計算なので、全ての人に当てはまるわけではありません。

賢いドライバーは保険料が上がるときに保険会社ごと乗り換える

先述のように、保険の補償を受け取ることで等級が下がると保険料は高くなってしまいます。
この値上がりのタイミングで保険を見直すドライバーは少なくありません。

ご自身が補償してほしいと思う最低限の補償内容でも、保険会社がどこかという違いだけで自動車保険料が大幅に変わってきます。

この差額については一括見積を取ってみないことにはどれほどのものなのかわかりません。

当サイトがご紹介している下記の一括見積サイトだと5分ほどで複数社の見積もりをまとめてもらうことができます。その手軽さからも当サイトではドライバーの皆様におすすめしています。

安い保険を探す

当て逃げで車両保険を使っても保険料を上がらない裏技

先述のように、自動車保険の補償を受け取ることで当て逃げ被害でも保険料が上がってしまいます。
当て逃げ被害に遭ってしまうと被害額も大きくなり大きな負担になってしまうことにもなりかねません。

そのように当て逃げ被害で車両保険の補償を受け取って自動車保険料が高くなった場合、どうしたら安くて安心の自動車保険を探せるのでしょうか?

補償を受け取った後の保険料を抑える近道は、より安い自動車保険へ乗り換えることです。

当て逃げ被害対策をしっかりしたいなら保険料が高くても一般型車両保険

先述のように、他者が運転する自動車との接触事故が起きた場合においては、相手のドライバーを認知している場合であれば、補償範囲が限定的なエコノミー型車両保険でも補償を受け取れます。

相手ドライバーの正体がわからないままのいわゆる当て逃げや自損事故で補償されない点を考えると、運転に自信があり、なおかつ、いざという時に自己負担できるだけの余裕があるドライバーには念のためエコノミー型車両保険を付帯することをお勧めします。

先述のように当て逃げが補償範囲になっているのは一般型車両保険のみとなっています。
エコノミー型の車両保険は基本的に、いたずらや落下物、盗難など不可抗力とも言うべきトラブルが補償範囲なので、何かトラブルが起きたとき一般型なら補償範囲内だったのに・・・というドライバーは少なくありません。

保険料が上がったら一括見積もりで最安値の保険を見つける

この記事を見て、ご自身の契約している保険の補償内容に不安があったり、エコノミー型なのにずいぶんと高い保険料を払っている気がする、という方は、一度、一括見積もりサイトで見直ししてみるとよいでしょう。

    おすすめする理由

  • 入力時間が最短3分
  • 約20社の中からあなたに合った最安値を提案
  • 見積もり結果がすぐに見れる
  • 業界マップや会社ごとのサポートの違いなども載っていてわかりやすい
  • 必要書類は2つだけ

一括見積もりに申込


当て逃げに関する悩みを
無料で相談する

まとめ

  • 当て逃げの被害報告が無いと補償されない
  • 当て逃げでの損壊は一般型車両保険でしか補償できない
  • 当て逃げでも3等級ダウンとなり、自動車保険料全体が上がる
  • もし当て逃げ犯が見つかっても受け取った保険金は返ってこない
  • 今契約してる自動車保険の補償内容に心配なときは見直しのチャンス

安い保険を探す


当て逃げに関する悩みを
無料で相談する

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×