自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

高い自動車保険を節約するためには?

車は必要だけど維持費を抑えたい。という場合にまず目につくのが自動車保険です。 現在加入している自動車保険に対し、高いと思ったことはないでしょうか? 保険内容を見直すことによって保険料を今よりもずっと節約することも可能なんです。

自動車保険節約のポイント

代理店型から通販方の自動車保険へ変更する。

代理店型の保険の場合、店舗を維持するためにテナント料や人件費などがどうしても必要になります。店舗を維持するための費用も加入している保険料に上乗せされているので、保険料が高くなっていると言うのが現状なので、代理店型の保険に加入されている方はテレビやインターネットで宣伝している通販方に変更してみてはいかがでしょうか?
通販方は代理店型と違い、店舗を維持するコストが必要無いので、同じ保証内容でも保険料を安くできる保険会社がほとんどです。
ただし、代理店型は事故を起こした際に担当者がすべて対応してくれますが、通販型の場合は、事故の申告などの必要な手続きをすべて自分でこなす必要があります。
保険内容は自分でも少しは理解している。と言う方は代理店型から通販型に切り替えるメリットは大きいと言えます。

保証内容に条件をつける。

すべての自動車保険には年齢条件、記名被保険者本人のみ保証などの運転者の補償範囲と言うのもがあります。
運転者の年齢条件を全年齢から30歳以上、運転者の範囲を家族から本人のみに変更した場合は運転者の範囲が30歳以上の本人のみと絞られるため、保険料を安くすることができます。
デメリットとしては、運転者の範囲を限定した場合、限定外の方が事故を起こした場合は保証されません。
なので、運転者の範囲を家族、年齢条件を全年齢から30歳以上に変更する場合は、運転する家族が全員30歳以上であることを確認する必要がありますので注意が必要です。

車両保険の必要性を考える。

自動車保険の保険料の約半分を占めるのが車両保険です。
車両保険は、車体に傷をつけてしまったり、当て逃げされた場合に自分の車を守る保険ですが、もし事故にあい車両保険を使用した場合、契約更新後から保険料が大幅に上がってしまいます。
さらに多くの場合、車両保険をつけていても修理費用が10万円以内の場合は後の車両保険の値上がり率と照らし合わせると自腹で支払った方が安い場合が多いというのも事実です。
ローンを完済している場合や、何かあっても自腹で修理するとお考えの方は車両保険を外してしまうのも保険料を節約する方法と言えます。

使用目的を明確にする。

車の使用目的により保険料は大幅に変わってきますので、自分は車をどのように利用しているか?というのを明確にするというのも保険料の節約につながります。
車の使用目的ごとに業務、通勤・通学、日常・レジャーと分かれていますが、この中で一番運転する機会の多い業務で契約している場合は事故の危険が多いため保険料が多くなってしまいます。
続いて、毎日車を使うと言う意味で通勤・通学があります。
使用目的の中で一番保険料が安く抑えられるのが、日常・レジャーとなっておりますので、普段の買い物や、週末のドライブなどでしか車を使わない場合は使用目的を日常・レジャーに変更しましょう。
現在は、年間の走行距離によって保険料が割安になる場合もあるので、車の使用目的を明確にするのは保険料の節約のためには重要なことと言えます。

他の節約方法と言えば、家族で二台以上車を所有していることが条件になりますが、保険内容の重複している箇所を削ることにより保険料を抑えることができます。
旦那様の車の保険で奥様の車の保証を兼ねる事ができる場合があるからです。
つまり、二台以上保有の場合は一台の車の保証をフルサポートでかけておくことにより、その他の車で不必要な特約を排除できるという事です。

上記のように、保証内容を見直し、不必要な保証、特約を排除することによりかなりの保険料の節約につながります。
しかし、当然のことではありますが、保険会社により同じ保証内容でも保険料は違ってきますので、必要な保証内容、特約をしっかりと確認し、インターネットなどで、一括見積もりをしてみることをオススメします。
保険は万が一に備えるためのものですので、万が一の場合に保証されない!なんてことにならないようにしっかりと確認しておきたいですね。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×