自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自転車傷害特約を自動車保険に付けるメリットまとめ

車の免許をお持ちでない学生や、買い物は近所で済ませる主婦には自転車が大活躍します。 そんな自転車も車と同じ立派な車両です。 歩いている方と接触した場合は相手に怪我を負わせてしまう可能性もありますし、物に接触した場合は物を壊してしまう可能性もあります。 車に保険をかけるのは当たり前の考えですが、今利用している自転車に自分や相手を補償する保険はかかっていますか?

自転車による事故で人生が台無しになってしまうことも。。

ほとんどの方が盗難以外の保険はかけていないと思います。

そもそも、車ほどスピードは出ないから安全とお考えかもしれませんが、過去に日本で自転車事故による賠償金が9500万円という判決がでた事例もあります。
ごく普通のサラリーマンの生涯年収が約2億円と言われていますから、9500万円なんてとても払える金額ではありません。
なので、万が一の場合を考え自転車にも保険をかけておくべきと言えます。

しかし、自転車事故を補償してくれる保険なんて…と思うかもしれません。
そこで、自転車傷害特約という特約が存在します。

自転車での事故も自動車保険で対応?自転車傷害特約とは!

自転車傷害特約とは、自動車保険に特約として付帯できる特約で、以下のような場合に補償されます。

  • 自転車を運転中に転んで怪我をして入院した場合。
  • 自身が歩行中に他人の自転車とぶつかり怪我をして入院した場合。

簡単に言うと、自転車が絡む事故の場合は保証されるという事です。

補償の対象となる範囲は記名被保険者本人、配偶者、同居の親族、別居の未婚の子供となっており、かなり広めに設定されています。
ただし、怪我をした場合でも、入院しなければ補償されないので注意が必要です。
骨折して通院している。と言う場合に自転車傷害特約は適用されないので注意が必要です。
個人賠償責任保険があるから自転車傷害特約や必要ない。と言うわけではありません。

自身は補償されない?自転車傷害特約と個人賠償責任保険の違い。

自転車傷害特約と個人賠償責任保険の違いを簡単に説明すると、自転車傷害特約は契約者側を、個人賠償責任保険は相手側をそれぞれ補償する保険です。
つまり、自転車傷害特約のみを契約している場合は事故を起こしても自身しか補償されず、個人賠償責任保険のみを契約している場合は相手のみが補償されるという事です。

  • 自転車傷害特約 ⇒自身 ○ 相手 ×
  • 個人賠償責任保険⇒自身 × 相手 ○

このようになります。

人身傷害補償保険が使える?自転車事故も補償してくれる自動車保険。

自動車保険は、あくまで自動車での事故のみに対応する保険なので、自転車事故の場合は補償されません。
しかし、現在加入している自動車保険で補償される場合もあります。

それが、人身傷害補償保険になります。
人身傷害補償保険ももちろん保険なので、補償範囲があります。
その補償内容を『契約車両に乗車中のみ』で契約している場合は、契約している車での事故でしか補償されませんが、条件を『契約車両以外、自転車、歩行中』に変更することにより、自転車に乗車中でも補償されることになります。
契約車両のみを補償範囲に設定している場合は自転車での事故は補償されませんが、補償範囲を拡大することにより自転車での事故も補償されるということです。

ただし、自身が自転車に乗車中または歩行中でも、相手が車の場合のみ保証と設定している保険会社もあるので、自転車でも補償されるように設定を変更したい場合にはどのような場合に補償されるのかを見極める必要があります。
このように補償条件を拡大することにより、保険料は上乗せされる場合がほとんどですが、自動車保険を契約している場合、新たに自転車傷害特約を契約する場合よりも保険料が安く済む場合がほとんどなので、自動車を所有していて、家族によく自転車に乗る方がいる場合は人身傷害補償保険の内容を見直してみるのもひとつの方法ではあります。

自動車保険の特約として設定できる自転車傷害特約ですが、ひとつで自転車事故すべてをカバーできるわけではありません。
事故相手を補償するためには個人賠償責任保険が必要ですし、もし自転車が盗まれた場合は自転車盗難保険も必要になります。

あくまで、自身を守るための保険なので、どこまで補償されるのか?また、保険内容を変更することにより、保険料はどのくらい変わるのかを見極めて契約するべきと言えると思います。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×