自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険、自賠責保険と任意保険の違い|保険金額や慰謝料限度額について

年払いと月払いってどっちがいいんだろう…?
保険料の支払い方法には年払いと月払いがあり、年払いの方が保険料の総額は安くなるんです。ところが、一概に年払いの方が安いからいいと言うことはできません。ここでは、両者のメリットやデメリットを踏まえた上で、保険料を安く抑える方法を述べたいと思います。
  • 年払いと月払いでは年払いの方が保険料が安い
  • ただし年払いでは1度に大金を支払わなければならないので負担が大きくなる
  • どちらに設定しても保険料を安くする方法はたったひとつ!それは一括見積もりをすること
  • 一括見積もりでは約20社の保険会社を比較することができるので、最安価を見つけられます。

今すぐ一括見積もりする

まずは事例を見る

保険料を月払いにしたらどうなるの?支払い方法は?

保険料を月払いに変更した場合、一回の負担は減りますが、毎月支払わなければいけないというデメリットがあります。
さらに分割払いなので、保険料は年払いよりも割高になってしまいます。

しかし、一括で10万円近い金額を支払うことを考えれば、月々の支払い額は単純計算で1/12で済みますので、家計も少しは楽になるのではないでしょうか。
気になる月々の支払い方法ですが、自動車保険の種類がたくさんあるように、支払い方法にもさまざまな方法があります。
代表的なのが、

  • 銀行引き落とし
  • クレジットカード払い
  • コンビニ振込み

今や保険料の支払いも公共料金と同じように選ぶことができます。

ただし、国内や代理店型の自動車保険では基本的にはクレジットカード以外の銀行引き落としやコンビニ払いも対応していますが、外資系や通販型の保険会社では、月払いはクレジットカードのみとしているところが多いようです。
そういった保険会社の場合、年払いから月払いに変更するにはクレジットカードを所有していることが最低条件となります。

思っていたのと違う!分割払いの相違点

年払いから月払いに変更した場合、単純に月に1回、年に合計で12回の支払いで済むと考えてしまいますが、保険会社によって支払い方法は異なります。
例えば分割回数による違いです。。
月払いであれば12回払いと言うことになりますが、分割方法は保険会社によって違うので、分割払いの場合は保険会社が定めた回数で支払う必要があります。
分割回数も12回で設定している保険会社なら問題はありませんが、11回払いや、10回払いで設定している会社もあるので、支払い方法を分割する場合には、何回払いになるのかをしっかり確認するようにしましょう。

また、そのほかで注意したいのがクレジットカード決済です。
某通販型の保険会社の支払い方法はクレジットカードの一括決済のみで、決済後にカード会社に対して分割で支払いをするという方法を採用している会社もあります。
こういった場合は保険料支払い後にカード会社へ連絡し支払い方法を変更しなければ、翌月にカード会社から一括で請求され、保険料の分割払いの意味が無くなってしまう場合もあります。

自動車保険は一括で支払う場合、かなりの金額なので支払い月は家計をかなり圧迫してしまいます。分割はトータルでの負担は増えますが月々の支払いが安く済む分家計にはやさしいと言える方法です。

分割方法に違いはあれど、今ではどこの保険会社でも年払いのほかに月払いや分割払いを採用しています。
通販型の保険会社では保険料を分割する際にクレジットカードで決済するという方法が一般的なようですが、代理店型の保険会社の場合はクレジットカードのほかに銀行引き落としや、コンビニ払いも選択できますので、分割払いの選択肢は通販型よりも広いと言えるでしょう。

保険料の支払いを年払いから月払いに変更することにより、負担はかなり楽になります。
しかし分割の内容を把握していなければ逆に年払いよりも厳しいという場合もありますので、支払い方法をよく確認し、支払う方にとって一番支払いやすい方法に切り替えることが大事です。

<自動車保険の年払いと月払いの保険料を比較は一括見積もりが簡単

年払いのほうが月払いよりも保険料は安くなります。しかし、どれくらい安くなるかは保険会社によって異なります。すべての保険会社で確認することは時間も手間もかかります
そこでおすすめするのが一括見積もりサイトです。簡単な3分の入力だけで保険会社の保険料がわかります。

また、保険会社によっては自動車保険の加入キャンペーンを行っているので比較してみましょう。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×