自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の滞納は3カ月で強制解約!たった3分でできる2つの対策

どうしよう…口座が残高不足で払えない…。
今月の保険料の振り込み、忘れてた…。
自動車保険は月々の支払いを3回滞納してしまうと、保険を強制解約されてしまいます。その間に運転をして、もし事故でも起こしてしまったら、一生借金に溺れた生活を送ることにもなりかねません。 1度だけの滞納ならまだ間に合うので、慌てず、解約されないコツを学びましょう。
    滞納について覚えておくべき3つのこと

  • 2ヶ月滞納すると、翌月に保険料を一括請求される
  • 3ヶ月目に支払いが遅れると保険を強制解約
  • 強制解約後は、滞納した分の保険料を請求される

自動車保険は、滞納してしまうと非常に恐ろしいことになってしまいますが、一括請求や強制解約を免れるためにほとんどの人が銀行のカードローンを利用しています。

詳細はこちら

カードローンは強制解約から免れるたった一つの手段

銀行のカードローンを利用すれば未納の保険料を一括支払いすることができます。ローンの返済は、月々の返済額が決まっていないので、自分のペースで楽に返済していくことができます。

利息が気になるところですが、ご紹介しているのは銀行が提供しているカードローンなので、選び方を間違えなければ、保険を分割払いしたり、クレジットカードで支払いするよりも安く利用することもできます。


カードローンの利用方法はこちら

実際に、カードローンを利用して、保険料をキレイに返済した人の声を聞いてみましょう。

30代 男性

過去に2度、保険料を滞納してしまい、一括請求の通知が届いてビクビクしていましたが、カードローンで支払いを済ませてからは、請求がピタッと止んで、安心して車を運転することができました。

40代 女性

最初はカードローンの利用に抵抗があったのですが、使ってみると案外便利で、私は利息があまりかからないような返済の仕方をしたので、保険会社で分割で支払いするよりも安く支払うことができました。

すぐカードローンに変更

分割払いよりカードローンの方が断然お得


実際に計算をしてみると、自動車保険料を分割で無理して支払ったり未納分の保険料を無理して一括で支払うよりも、一旦カードローンを使って一括支払いした後にローンを返済していく方が負担を軽減できる場合があります。

    カードローンの5つの特徴

  • 日本人の7人に1人がカードローンを利用
  • Webで簡単で簡単申し込み
  • 申し込んだその日に利用可能
  • コンビニで簡単に借り入れと返済ができる
  • 銀行だから安心!

すぐカードローンに変更

自動車保険料の滞納で翌月に一括請求?まず最優先にすべき事

もし自動車保険の保険料の支払いが遅れていれば、交通事故を起こしてしまっても補償の受け取れないこともあります。

今すぐにでも手を打たないと取り返しのつかないことになりかねません。

自動車保険料を2ヶ月滞納すると強制契約解除

自動車保険を滞納している間にもし交通事故を起こしてしまったら補償は受け取れるのでしょうか?

実は3カ月目までの滞納の支払いを済ませることができれば猶予期間の補償は受け取ることができます。(※必ずしもそのようになる訳ではありません)

ただし、自動車保険料を滞納すると翌月に滞納分の保険料と月々の保険料が一括請求されてしまいます。
例えば支払いを2ヶ月続けて滞納してしまうと、翌月に3ヶ月分の保険料を一括請求されてしまいます。

もし、これが払えないと強制的に自動車保険の契約が解除されてしまいますし、支払が完了するまで請求書が届くでしょう。
滞納した支払いを済ませることができないとそのまま強制解約になってしまうことにもなりかねませんので気をつけましょう。

自動車保険料の滞納を長引かせずに未納分を無理なく支払う唯一の方法

滞納した時にあなたがまずやるべき2つのこと

自動車保険料を滞納している場合、次に挙げる2つの事を守らなければなりません。

①滞納分の自動車保険料は払う前に保険会社に連絡を!

自動車保険を滞納しても3カ月目の滞納までは契約解除されませんが、滞納分の保険料を支払う前に保険会社に連絡しないと契約の更新ができない場合があります。

なぜなら、保険会社としては自動車保険料を支払える経済力と信用のない加入者と取引を行うことはリスクだからです。
保険料を滞納してしまった事情や理由を伝えて保険会社とも信頼関係を構築しましょう。

②自動車保険料を滞納した状態で放置は”絶対”してはいけない

自動車保険料を滞納しても解除されるだけと考えると短期間の滞納状態は一見問題ないようにもみえるため滞納状態のまま放置される方もいると思いますが、自動車保険会社やその他の信用機関に滞納したという記録が5年間残ります。

そのため滞納情報により金融機関から融資を受けることが難しくなりますし、契約時に審査がある場合に悪影響を及ぼしかねません。これが世に言う「ブラックリスト入り」です。

そのことからも、放置せずに滞納分も今後の自動車保険料も可能な限り早めに支払いましょう。

自動車保険料の滞納を長引かせずに未納分を無理なく支払う唯一の方法

【期間別】自動車保険料を滞納したあとの正しい対処法

ここでは実際に自動車保険を滞納してしまった後に絶対にやってはいけないことと、滞納したあとの正しい対処法をお伝えします。

自動車保険料の滞納が【1~2カ月】の場合でもできる2つの対処法

保険料を滞納して1カ月、2カ月の場合はまだ強制解除にはなりません。そこでどのような対処をすればいいか保険金は貰えるのかをお伝えします。

対処法①すぐにコンビニや代理店で保険料の支払いを

2カ月の滞納では強制的に契約解除にはならず、保険会社から滞納の通知が来て猶予期間になります。

この期間にコンビニか加入の自動車保険の代理店で”絶対に”支払いを済ませましょう。

自動車保険料の滞納を長引かせずに未納分を無理なく支払う唯一の方法

対処法②保険料がどうしても払えないなら乗り替えて他社で新規契約

自動車保険料が高くどうしても保険料が払えないのであれば保険料がより安い保険に乗り替えることをお勧めします。

補償内容を少なくしても滞納することよりも安心ですし、同じ補償内容でももっと自動車保険料が安い保険が見つかるかもしれません。

安い保険を探す

自動車保険料を【3カ月以上】滞納し未払いの場合の3つの対処法

自動車の支払いを3カ月滞納してしまうと強制解除になってしまい、最悪の場合は刑事罰に問われることも考えられます。

そこで、どうしても3カ月分の保険料を一括で支払えない場合の対処法を3つご紹介いたします。

滞納しても解約よりもまずは自動車保険の中断証明書の発行を

自動車保険が支払えそうにない場合には、すぐに解約するのではなく、まず一時的に中断証明書で自動車保険を中断しましょう。

なぜ解約より中断かというと、一度契約を強制解除されてしまうと次に新規で自動車保険に加入する頃には今までの等級がリセットされてしまうためです。

解約ではなく中断証明書を活用することで新たに契約する保険料が高くなることを防ぎましょう。

再開の見込みがなければ自動車保険の解約

もし、今の自動車保険の保険料が高すぎて支払いができず、今後自動車保険で再契約しないのであれば自動車保険を「解約」することも可能です。

もちろん、解約をするには未払い分の保険料はきちんと支払わなければなりませんし、強制解除の場合は等級の引き継ぎもできません。

7等級以上だと絶対に等級を引き継いだ方が保険料は安くなりますので、解約してしまっても7日以内であれば、新しく保険を申し込めんでも今までの等級を引き継ぐことができます。

現在加入している自動車保険を解約

自動車保険を滞納してしまうと無保険となり補償金が億単位で必要になる場合もあります。また、3カ月分を一度に請求された場合に支払いができない可能性も高まります。

そうなる前に自動車保険料を見直し少しでも安い契約に変えることで保険料の支払いの負担を減らすことができます。

また、保険を乗り替えた後も等級はそのまま引き続き利用できるので自動車保険料の節約につながります。

次こそ安い自動車保険

自動車保険料の滞納を長引かせずに未納分を無理なく支払う唯一の方法

滞納してしまった自動車保険料を無理をせずに一括で支払うための方法をご紹介します。

銀行カードローンで滞納の負担を減らせる理由

当サイトがご紹介している銀行のカードローンは、以下に挙げる2つの理由から、自動車保険料の滞納で苦労されているドライバーの皆様からご支持をいただいています。

銀行ならではの利息で返済の負担が抑えられる

やはり、カードローンの利用ではいちばん利息が気になりますね。ですが、当サイトがご紹介しているのは銀行が提供しているカードローンなので、消費者金融やクレジットカードの割高な金利で支払うよりも安く利用することもできます。

ローンの月々の返済額が決まっていない

月々の返済額が決まっていないため、滞納分を一括で返済したあとはご自分のペースで返済していくことができます。
ですので、無理なく返済できる月々の返済金額をしっかりと考えて上手に返済しましょう。

自動車保険を滞納した原因が分割払いの場合の対処法

自動車保険を滞納した原因が「月々の支払いでお金が無くなり保険料が支払えない!」なんてことはありませんか?更に無理のある分割払いを利用しているならそれは危険です。
いつまでたっても支払いが終わらず、保険料が払える日は来ません。ここではそのような方には特に銀行のカードローンおすすめしてます。

無理して分割払いしているならこちら

負担の少ない自動車保険を見つけるには一括見積サイトで比較

保険料の負担を減らすために自動車保険を比較するには一括見積サイトがおすすめです。
面倒な電話営業を受けることなく、簡単に複数の保険会社の保険内容と金額を比較することができます。

おすすめの一括見積サイトは保険スクエアbang

そして、一括見積サイトでおすすめするのは「保険スクエアbang!」です。
おすすめする理由は3点

  • 入力時間が最短3分
  • 見積もり結果がすぐに見れる
  • 業界マップや会社ごとのサポートの違いなども載っていてわかりやすい

こちらのサイトで自動車保険の見積もりをまとめて取り、自動車保険滞納の心配のない安い自動車保険を探しましょう。

一括見積もりに申込

まとめ

  • 滞納した支払いを済ませることができないとそのまま強制契約解除
  • 自動車保険料を2ヶ月滞納すると強制契約解除
  • 信用機関に滞納したという記録が5年間残る
  • 中断証明書を取得し自動車保険を中断する
  • 払い続けるのが苦しい時は解約も考える
  • 一括見積もりで最安値を見つけたうえで乗り換える

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×