自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険の補償範囲はどこまで?事故時に保険料で2万円損しない方法

ガラスにヒビ、電柱にぶつかった・・
これって車両保険の補償範囲?

車両保険の補償範囲は大きく2つに別れており、それぞれのタイプによって補償範囲が大きく異なります。どちらにするかによって保険料も変動します。そこで今回は車両保険の詳しい補償範囲についてお伝えします。

●車両保険の補償範囲は一般型とエコノミー型の2つに分かれる

一般型 補償範囲が広く、自損事故当て逃げ事故もカバーするタイプ
エコノミー型 補償範囲が限定されるが、保険料が安くなるタイプ

〈車両保険の種類による補償範囲の違い〉

一般型 エコノミー型
ほかの自動車との衝突
当て逃げ ×
盗難
自然災害
いたずらなど
火災・爆発
台風・竜巻・洪水・高潮
落書き・いたずら
飛来物・落下物
単独事故 電柱・ガードレールに衝突 ×
転覆・転落 ×
自転車との衝突・接触 ×

※○は補償範囲内、×は補償範囲外を意味する

    【車両保険は一般型をおすすめ】

  • 一般型ではほとんどのトラブルが補償対象になっているので一般型がおすすめ
  • しかし補償範囲が広い一般型を選べば保険料も高くなってしまう
  • 一括見積もりをすると、一般型にした上で1番安くなる保険会社を見つけられる
  • あなたは知らずに25,000円損している!保険料を下げるなら保険スクエアbang!で一括見積もり

車両保険が安い保険

    みんな知らない、一括見積もり 4つの事実

  • 1. わずらわしい電話はかかってきません!
  • 2. メールアドレスも普段使っているメインのものじゃなくて大丈夫!
  • 3. 連絡が取れれば連絡先はなんでもOKです!
  • 4. 一括見積で、平均年間25,000円も保険料が下がっています!

Bangならたった3分で20社無料で見積もれる! /

一括見積もりしてみる

車両保険は補償範囲は一般型とエコノミー型で異なる

車両保険は自分の車両の損害にかかる修理代などの費用が補償できる保険です。他の車を巻き込むような事故が起きたときに、相手の車の損害を補償するのは車両保険ではありません

車両保険は補償範囲の違いで大きく分けての2種類に分かれています。

一般型の車両保険の補償範囲

一般型車両保険は、その保険会社が用意している車両保険の補償範囲をすべて網羅している種類の車両保険を指します。車両の損壊で手厚い補償を受けられる分自動車保険料も割高ですが、「一般型車両保険」が車両保険の中でも一番シェア率の高い車両保険です

一般車両保険では、次にご紹介する車対車限定車両保険とエコノミー型車両保険の補償範囲もカバーでき、さらに、電柱などにぶつかってしまった場合の自損事故や、加害者が分からない当て逃げ事故なども対象となります。

  • 電柱の衝突したなどの自損事故
  • 当て逃げ
  • 火災・爆発
  • いたずら
  • 飛び石などの衝突
  • 衝突・接触
  • 洪水・竜巻・台風・高潮
  • 盗難

自損事故が車両保険の補償範囲内なのは一般型だけ

自動車の運転に恐怖心があるドライバーや、ほとんど自動車の運転をする機会がないような、いわゆる「ペーパードライバー」も車を持つことがありますよね。そのような運転に自信がない人には、一般型車両保険を付帯することをお勧めします。運転技術の未熟なドライバーの単独での自損事故は非常に多い上に、近年の自動車保険(※ダイレクト型)は年間走行距離が短いドライバーの自動車保険料が安くなる傾向にあります。

エコノミー型の車両保険の補償範囲

車両保険の補償範囲はエコノミー型だと補償範囲が狭くなります。しかし、補償範囲も十分あります。
エコノミー型車両保険では、盗難、落書き、いたずら、台風、洪水、火災、爆発などが対象となります。
しかし、当て逃げと自損事故は対象外なので注意が必要です。

  • 盗難
  • いたずら
  • 飛び石などの衝突
  • 他の車との衝突・接触
  • 洪水・竜巻・台風・高潮
  • 火災・爆発

エコノミー型車両保険なら保険料を抑えられる

先述のように、「エコノミー型」は不可抗力とも言うべきトラブルに対しては補償できます。
もし、自動車の安全運転に自信があり、自損事故の危険性が少ないようであれば、車の市場価値などを踏まえて、念のため「エコノミー型」の車両保険を付帯しておくと安心です。また、飛び石や台風などによる破損など、運転に十分に注意を払っていても避けられないトラブルに対して「エコノミー型」で備えましょう。

車対車限定車両保険なら交差点での事故なども補償範囲内!

その名前の通り、補償範囲を自動車と自動車がぶつかってしまった場合の事故に限定した車両保険です。「車対車限定車両保険」では、車同士の事故だけが補償範囲なのでガードレールや電柱などの物とぶつかった場合など自損事故は補償範囲外となってしまいます。

「一般車両保険」と「車対車限定保険+限定車両保険」の大きな違いは、自損事故や当て逃げ事故にも対応できるかどうかというところが大きいでしょう。

エコノミー型車両保険(または車対車限定保険)の補償範囲外になる場合

「車対車限定保険+限定車両保険」は、こちらの対応ミスによって補償が受けられない場合があります。基本的に事故があった場合はまず警察へ連絡することが必要なのですが、特に「車対車限定保険+限定車両保険」の場合は、警察で事故証明をとっておいてもらわないましょう。なぜなら、保険会社にとっては当て逃げと区別がつかないため、再作の場合は保険金がおりないということにもなりかねません。補償を正しく受けるためにも警察への連絡を怠らないようにしましょう。

車両保険の補償範囲で保険を使う際の金額

事故時に受け取れる最大金額は車両保険金額は協定保険価額とも言われ、自動車購入時に実際に払った自動車の市場価格と同額で設定できます。

車両保険金額が全額支払われる2種類の全損

以下の2種類の全損では保険金額が全額支払われることになります。

物理的全損 修理不可能なほどに車が損壊してしまった状態
経済的全損 修理自体は可能だが、
修理費が車両保険で支払われる保険金以上の額になる状態

一方で、分損の場合は修理代としてかかった実費が保険金額を上限に支払われることになります。車両保険の免責を設定している場合は、免責金額分だけそこから差し引かれます。

ちなみにですが、車両保険を使う場合、事故ごとに保険会社からちゃんと事故調査というものが入り、車両保険の請求の是非や程度について調査をされます。そのため、事故と関係ない傷を治すということはできませんし、虚偽の申告となってしまう場合もあるので、気をつけましょう。

3分で一括見積もり

車両保険の補償範囲を広くするほど保険料が高くなる


自動車保険料は様々な要素で算出されますが、特に車両保険に関しては車種と車両保険金額の設定、等級が低いと車両保険を付帯した自動車保険料がかなり高くなります。
車両保険の付帯によって自動車保険料は高くなりますが、それに加え、「広い補償範囲」と「高い車両保険金額の設定」で更に保険料が高くなります。

補償範囲の広い車両保険を付けても保険料を安くできる節約テクニック

年間に国内で発生している事故は50万件ほどに上りますが、その中にも、いざというときに車両保険で事故に備えたいドライバーは多くいます。
では、自動車保険料を節約しながら、なおかつ、困った際に最大限に車両保険を活用したドライバーたちはどんな節約テクニックを使っているのでしょうか?

車両保険をつけても自動車保険料はたった3分の一括見積もりで安くできる

自動車保険は、一般型車両保険やエコノミー型車両保険など同じタイプの車両保険であっても保険会社によって保険料に差が出ます。
しかしながら、各保険会社に手当たり次第見積もりをお願いするのは賢い方法ではありません。

そこで自動車保険の保険の一括見積もりサイトの出番です。これを活用すると、たった3分の入力を終えたら入力内容を元に最大20社の自動車保険の見積もりを取ることができます。車両保険は必要ないと思われた方も、一度、各社の保険の見積もりを出し、見比べてから検討してみてください。

当サイトでは、自動車保険の一括見積もりサイトである保険スクエアbang!をお勧めしています。このサイトが特におすすめできる理由としては以下も挙げられます。

  • 入力時間が3分
  • 見積もり結果がすぐに見れる
  • 業界マップや会社ごとのサポートの違いなど金額以外の参考情報も載っていてわかりやすい

ぜひこちらのサイトで保険の見積もりを出してみてください。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×