自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険で地震は1円も補償されない!地震津波噴火には特約が必要

「地震でも車両保険は下りるの?」
車両保険では地震による被害の補償は受けられません。しかし、地震特約に入ることで補償を受けられます。では地震特約に入るためにはいくら保険料がかかり、補償内容はどのようなものかをお伝えします。
  • 地震被害は車両保険では補償されない
  • 地震被害を自動車保険で補償するには特約をつけるしかない
  • 地震特約を利用すると約5千円保険料が高くなる
  • 保険料を安く抑えるには一括見積もりで保険の比較がおすすめ

安い地震保険を探す

    みんな知らない、一括見積もり 3 つの事実

  • 1. わずらわしい電話はかかってきません!
  • 2. メールアドレスは普段使っているメインのものじゃなくて大丈夫!
  • 3. つまり連絡が取れれば連絡先はなんでもOKです!

Bangなら、たった3分で20社無料で見積もれる! /

一括見積もりしてみる

実は車両保険では地震の被害の補償は受けられない

台風や洪水などの自然災害では車両保険が適用されるのが一般的ですが、注意しておきたいのは噴火や津波、地震などいわゆる「大規模災害」です。

日本は地震が多いですが、車両保険をはじめ、基本的にはどの保険でも地震が原因で起きたトラブルについて補償されません

車両保険で地震の補償が受けられない理由

補償範囲の広い一般型車両保険でも地震や津波、噴火が原因の損壊では通常は補償範囲外です。なぜなら、破損原因が「大規模災害」の場合、保険会社が補償できる限界を超えるおそれがあるためです。

通常の自動車保険には「地震・噴火・津波によって生じた事故・損害・傷害に対しての補償に関しては対象外とする」と明記されています。

つまり、地震の際の事故での修理代などの諸費用は、自動車保険では免責事由になり補償されないという事です。

地震で負った運転中の怪我も自動車保険の補償範囲外

自動車保険では運転中であったとしても、地震による怪我に対する補償や特約はありません

その場合は自動車保険ではなく、医療保険、傷害保険が該当になります。

土砂崩れは車両保険の補償対象

土砂崩れの場合は、車両保険で補償を受けることが可能な場合があります。地震を起因とする土砂崩れの場合は、車両地震特約をつけていないと補償されないので注意が必要です。

大雨による土砂崩れの場合は水災が補償範囲に含まれている必要があります。同じ土砂崩れでも、原因によって補償が受けられるかどうか決まりますので、注意が必要です。

補償内容や範囲は各社で異なるのできちんと比較することが大事です。

車両保険を比較する

車両保険で地震の補償を受けるには地震特約をつけるしかない

近年は地震が多く、不安を感じるというドライバーも多いようです。津波を伴った地震や、火山の噴火も日本では多くあります。

通常の車両保険ではカバーされないものの、これらの地震等の大規模災害に対する補償を用意している自動車保険会社も多くあります。

その特約が「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」です。

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」は範囲が広い車両保険

この特約は「地震・噴火・津波によって生じた自分の車の損害」を補償範囲とした特約です。地震を起因とする火災による全焼、流失または埋没し発見されなかったときは、全損扱いとして補償を受けられます。

大地震が多発した地区、海岸線、火山帯などに住んでいるドライバーには、とくに検討をお勧めします。
この「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」は車両保険に加入している場合のみ付帯することができます

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」の補償金額と保険料

年間保険料 補償金額
約5千円 上限50万円

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約の上限は多くの保険会社で50万円です。 それ意外の場合は補償金額の上限は車両保険の補償金額分までです。

この特約を付けた場合の保険料は主契約の5~10%程度です。金額も考慮して検討しましょう。

安い保険を探す

地震で車両保険の特約の補償を受け取る際の注意点

車両保険の地震特約を適用し、保険金および見舞い金を受け取ることができても、実は翌年の等級は1等級ダウンとなります

そして等級ダウンによって保険料が高くなります。

地震で車両保険の特約を使うと保険料が最大3万円も上がる

等級が下がるということは、次年度の保険料が上がるということです。そこで、保険料を8万円と仮定して、保険料を計算したものを各等級別に表にまとめました。

もし等級が8等級以下であれば、1等級のダウンでも、保険料は約9千円~3万円も上がります。

保険料8万円で計算
等級数 割引率(%)
(事故無し)
割引率(%)
(事故有り)
保険金額(円)
(事故無し)
保険金額(円)
(事故有り)
1 64%割増 131,200円
2 28%割増 102,400円
3 12%割増 89,600円
4 2% 78,400円
5 13% 69,600円
6 19% 64,800円
7 28% 20% 57,600円 64,000円
8 40% 21% 48,000円 63,200円
9 41% 22% 47,200円 62,400円
10 43% 23% 45,600円 61,600円
11 46% 25% 43,200円 60,000円
12 47% 27% 42,400円 58,400円
13 48% 29% 41,600円 56,800円
14 49% 31% 40,800円 55,200円
15 50% 33% 40,000円 53,600円
16 52% 36% 38,400円 51,200円
17 55% 38% 36,000円 49,600円
18 57% 40% 34,400円 48,000円
19 59% 42% 32,800円 46,400円
20 63% 44% 29,600円 44,800円

車両価格が50万円以上の車には車両保険の地震特約は必要ない

車両保険では地震の補償はありません。どうしても心配という方は地震特約をつければ補償を受けることはできます。

しかし、地震特約の補償上限は多くの保険会社で50万円です。さらに保険を利用すると翌年から保険料が高くなってしまいます。

そのため50万円以下の価値の車にしか地震特約は必要ありません

地震も補償できる車両保険を探すなら一括見積もりで保険会社を比較

車両保険で地震の補償を受けるには地震特約に保険金の上限がなく保険料が安い会社を探すことが重要です。
そこでおすすめするのが自動車保険の一括見積もりサービスです。インターネットから簡単に保険会社を無料で比較することができます。

おすすめの一括見積もりサービスは保険スクエアbang!

おすすめの一括見積もりサービスは保険スクエアbang!です。
おすすめする理由は3つです。

  • 入力は最短3分で完了!
  • 最大20社が一度に比較できる。
  • 様々な契約内容で見積もりを取って比較もできる。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×