自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

飛び石の傷には車両保険!上がってしまう保険料を安くする方法

「飛び石で傷がついた……、保険って使えるかな?」
飛び石被害には車両保険を使うことができます。
しかし、保険を使うことにより等級が下がってしまい、保険料が結果として上がってしまいます。今回は少しでも保険料を下げる方法を、飛び石被害に関する疑問を解消しながらご紹介していきます。
みんなの疑問 回答
保険は適用されるの?
等級は下がるの?
保険料は変わらない? ×
→上がります
保険料を上げないためには
一括見積もりで安い保険会社にすることがオススメ!

  • 当サイトオススメの一括見積もりサイト「保険スクエアBang!」では、最短3分約20社もの保険会社の中から1番安い保険料の保険会社を見つけることができる!
  • 見積もりをすると、平均25,000円保険料が下がっている
  • 「飛び石被害に遭ったから車両保険を使いたいけど、来年の保険料がこれ以上高くなるのは嫌だな……
    そんなあなたにオススメ!

 

安い保険会社を検討する

 

No 保険料を上げない方法 オススメ度
1 車両保険を解約する ★☆☆☆☆
2 車両保険をエコノミー型に変更する ★★★☆☆
3 一括見積もりで安い保険会社にする ★★★★★
・運転に自信のある方は、車両保険を保険料が安くなるエコノミー型に変更することは検討するべき
・しかし、補償範囲が狭くなるのは要確認
・一番安全で効果がある方法は安い保険会社にすること

みんな知らない、一括見積もり 3 つの事実

  • 1. わずらわしい電話はかかってきません!
  • 2. メールアドレスは普段使っているメインのものじゃなくて大丈夫!
  • 3. つまり連絡が取れれば連絡先はなんでもOKです!

Bangなら無料で20社比較、たった3分で見積もれる! /

 

一括見積もりをする

 

一括見積もりのやり方を詳しく解説!

まずは、保険スクエアbangのサイトを見てみます。
※このページを開きながら見積もりを取ってみましょう!


このボタンを押すと一括見積もりが始まります。

以下で記入例を紹介しています。
わからない項目は例をそのまま記入すると簡単に見積もりができます。

項目 記入例
メーカ名 トヨタ
車名 ヴォクシー
初度登録年月 2015年6月
型式 AZR60G
車のナンバー ナンバーがわからない
車の使用状況 日常レジャー
年間走行距離 4000km以上、5000km未満
満期日 平成29年7月1日
契約している保険会社 SBI損保
保険の更新状況 同じ
等級 14等級
車両保険 付帯していない
事故件数 なし
事故あり係数適用期間 0年

 

今すぐ見積もり

※記入例を見ながらやると誰でも簡単に見積もりができます。

飛び石はもちろん車両保険は使える!避けられない事故に備える保険

車両保険を付帯すると自動車保険料が高くなるからつけたくない」と思うドライバーも多いかと思います。

中には運転に自信があり、自損事故もほとんど起こしたことがないため必要無いと思われて付けなかった方もいらっしゃるでしょう。
ですが、ひとえに事故と呼んでも、運転技術ではどうにもならない自動車トラブルも実は少なくありません。

たとえば盗難当て逃げ洪水での浸水など案外たくさん避けられないトラブルがあります。
ここでは「飛び石」に焦点をあて、詳しくご説明します。

車両保険で飛び石被害に補償を受けることが可能

何も備えていないときに限って、飛び石被害に実際に遭ってしまうということもあります。
飛び石被害にさえ遭わなければ必要のなかった出費ですので、特に修理費用がかさむような損壊になったときこそ車両保険の出番です。

飛び石は対物補償ではなく車両保険での補償なのはなぜ?

飛び石被害は基本的に、車両保険での対応になります。
「前の車が石を飛ばしてきたんだから、相手の対物賠償保険での補償じゃないのか!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、道路上では、どの車が石を飛ばしてきたのか証明することが難しいので、「飛び石」被害は全て車両保険での対応になるのです。

エコノミー型車両保険でも飛び石は補償できる

車両保険は、主に一般型車両保険とエコノミー型車両保険の2つがありますが、大体の保険会社で補償範囲の限定的なエコノミー型でも補償範囲に含まれます。

ですので、一応はつけておいたようなエコノミー型車両保険でも安心できますね。

一般型とエコノミー型の補償範囲

一般型 エコノミー型
他の自動車との衝突
当て逃げ ×
盗難
自然災害・いたずらなど 火災・爆発
台風・竜巻・洪水・高潮
落書き・いたずら
飛来物・落下物
単独事故 電柱・ガードレールに衝突 ×
自転車との衝突・接触 ×
転覆・転落 ×

一般型は相手がいる自動車事故だけでなく、自分が塀にぶつかるといった単独事故や当て逃げなどの相手が特定できない事故も補償の対象となり、エコノミー型は単独事故や相手が特定できない事故については補償の対象外となります。そのため、一般型のほうが保険料は割高になります。

車種などの条件によって保険料は異なるものの、平均すると一般型よりもエコノミー型のほうが30%~50%ほど保険料は安くなる傾向にあります。

もし、車両保険の付帯をしていなくて少しでも付帯するか検討される方は、5分でできる一括見積で各社の自動車保険の保険料を試算してみてはいかがでしょうか。

 

3分で20社比較する

 

飛び石で知っていると役に立つ車両保険の補償受け取りまでの2ステップ

実際に飛び石被害に遭ったらどうしますか?ここでは、飛び石の被害に遭った後、車両保険の補償を受け取る際に重要な、以下の2ステップを解説します。

  • ステップ①飛び石被害に遭ったら何より先に保険会社に事故報告
  • ステップ②車両保険を使うかどうかは修理代の見積もりを取ってから考える

①飛び石被害に遭ったら何より先に保険会社に報告しよう

まず最初に保険会社に事故報告の連絡をしましょう。事故対応のプロである保険会社の担当者が、事故対応に不慣れなあなたに代わって、次にするべきことを教えてくれるので安心です。

また、これはケースバイケースですが、他車への接触や建造物への衝突など二次的な事故が起きるほどの規模の被害の事故が起きた場合は、欠かさず警察への連絡もしましょう。

保険会社からは事故届に関しては聞かれない場合もありますので、警察への連絡に迷ったときはまず保険会社に連絡して指示を仰ぎましょう。

保険会社の担当者にその場ですぐ連絡を取り、その後の行動を一緒に考えることでスムーズに手続きが踏めるので、飛び石被害に遭った場合はできるだけ早く保険会社に事故報告の連絡を入れましょう。

②修理費用の見積もりを取って車両保険を使うか考えよう

飛び石での破損の程度にもよりけりですが飛び石被害でかかった修理費用で車両保険を使うと損をすることがあります。

後述しますが、例えば今の等級が1つ下がる前後の自動車保険料の、差額未満の修理費で済むような軽微な傷であれば、あえて車両保険を使わない方がいいでしょう。
長いスパンで考えると出費を抑えられます。

ですので、車両保険の補償の受け取りを急がず、飛び石での破損の程度が車両保険を適用したほうがいいものか、その後の保険料と合わせて一度考えてみましょう。

修理後に保険会社に請求はNG!車両保険が使えなくなるかも

ときに、保険会社へ事故報告をせずに修理に出し、その後事故負担した修理費用を保険会社に請求したところ補償を受け取ることができなかった失敗談を耳にします。
保険会社は、修理前の事故による損壊状況をしっかり検証しないと補償をすることが適切か判断が出来かねます。

ですので、修理費用の見積もりを取っても修理に出してしまう前に保険会社へ相談してください。

焦って請求しないで!飛び石で車両保険を使った方が損になるかも

修理代の見積もりを取ってみたところ、車両保険を使わないほうが得策だったということもあります。

たとえば、自損事故や盗難、飛び石などいかなるトラブルも車両保険の補償を受け取ることで等級がダウンします。

車両保険の補償を受け取り等級が下がると、自動車保険料が丸ごと上がってしまうので注意が必要です。

等級がダウンし、保険料が上がったらどうすればいい?

  • 一度等級がダウンすると、もう一度戻していくのはなかなか難しい
  • 保険料を抑えるなら、そもそも契約している保険を見直すのもあり
  • 当サイトオススメの「保険スクエアBang!」なら3分で20社から見積もりが取れる
  • しかも無料なので、一度保険料が安くなるか試してみるのがオススメ

 

3分で一括見積もり

 

飛び石で車両保険を使うと保険料は絶対上がる

車両保険も、対人・対物の他の保険と同様に、補償を受け取ると等級が下がり、それに伴って自動車保険料が上がります。

等級とは契約者のランクのようなもので、1年間無事故だと翌年のランクが上がり自動車保険料に掛かる割引率が上がる仕組みです。(車両保険と等級に関して詳しくはこちら

先述のように、等級という観点から、場合によっては車両保険をあえて使わない方がいいこともありますので、実際に飛び石の被害に遭った際の参考までにご覧ください。

車両保険の補償を受け取ると保険料は”絶対に”高くなる

車両保険を使うべきかどうか悩む破損はよく起きるものですが、車両保険を使うかどうかの判断基準に「車両保険における等級」が参考になります。

車両保険で1等級ダウン!飛び石などの避けられないトラブルでも保険料は上がる

通常、車両保険が適用できる事故やトラブルは大きく分けて「3等級ダウン事故」と「1等級ダウン事故」があり、飛び石被害をはじめその1等級ダウン事故には次のようなものがあります。

等級 項目 説明
等級1ダウン 火災、爆発 燃料漏れなどの事故による火災
等級1ダウン 自然災害 台風、竜巻、洪水、高潮など
等級1ダウン 落書き、いたずら 第三者による故意のいたずら
等級1ダウン 窓ガラスの破損 事故による窓ガラスの破損
等級1ダウン 飛来中・落下中の他物との衝突 飛び石・雹(ヒョウ)などによる破損
等級1ダウン 労働争議 騒じょうまたは労働争議に伴う破壊
等級1ダウン その他 偶然の事故によって生じた損害

注意※地震などの広範囲に及ぶ大きな災害の場合、一般型でも通常は補償範囲外の扱いとなります。別途特約を設定している場合に限り、何らかの補償が適用されます。

上記のように、一見して「ドライバーに非がなさそうに見える事故」でも、車両保険はじめ自動車保険の補償を受け取ることで等級は必ず下がります。

車両保険を使うと、自動車保険料の金額はこれだけ上がる

等級が下がるということは次年度の保険料が上がるということです。
そこで、保険料8万円で仮定し計算し、各等級別に表にまとめました。

保険料8万円で計算
等級数 割引率(%)
(事故無し)
割引率(%)
(事故有り)
保険金額(円)
(事故無し)
保険金額(円)
(事故有り)
1 64% 131,200円
2 28% 102,400円
3 12% 89,600円
4 2% 78,400円
5 13% 69,600円
6 19% 64,800円
7 28% 20% 57,600円 64,000円
8 40% 21% 48,000円 63,200円
9 41% 22% 47,200円 62,400円
10 43% 23% 45,600円 61,600円
11 46% 25% 43,200円 60,000円
12 47% 27% 42,400円 58,400円
13 48% 29% 41,600円 56,800円
14 49% 31% 40,800円 55,200円
15 50% 33% 40,000円 53,600円
16 52% 36% 38,400円 51,200円
17 55% 38% 36,000円 49,600円
18 57% 40% 34,400円 48,000円
19 59% 42% 32,800円 46,400円
20 63% 44% 29,600円 44,800円

車両保険を使い高くなった保険料は一括見積もりで見直し安くする

飛び石で車両保険を使っても使わなくても、万一の盗難被害や台風などの災害、当て逃げに備え車両保険を付けておきたいですね。

車両保険を付帯すると自動車保険がどうしても高くなりますが、ここではあなたにとって安い自動車保険を簡単に探す方法をご紹介します。

最短3分の入力で最大20社から保険料の安い自動車保険を探す唯一の方法

自動車保険そのものが高いと感じている、または、自動車保険料が上がる見込みがあって自動車保険料を安くしたい方に、自信をもっておススメしたいのは自動車保険ごと乗り換えることです。
自動車保険会社は、どれも似ているようでも、同じ希望条件で一括見積もりをすると驚くほど自動車保険料に差が出ます。

あなたにとって一番安い他の自動車保険を探し、今加入している自動車保険の保険料を安く抑えるよりも、他社に乗り換える方が何よりも保険料の節約に繋がるでしょう。

そこで、当サイトが自信を持っておススメしている一括見積サイト「保険スクエアbang!」をご紹介します。

 

一括見積もりに申込

 

まとめ

  • いくら運転が上手でも、飛び石は避けられない。
  • 実は、飛び石での損壊もエコノミー型車両保険の補償範囲に入る。
  • 車両保険で飛び石被害の補償を受け取るには、正しいステップを踏むことが肝心。
  • 飛び石に車両保険を適用すると、等級が下がり保険料が絶対に上がる。
  • 一括見積で探し、保険会社ごと乗り換えるのが賢い節約の近道

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×