自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険、自賠責保険と任意保険の違い|保険金額や慰謝料限度額について

自動車保険は大きく2種類に分かれます。 乗用車から原付まであらゆる車両を運転する人が、公道を走るために国から加入を義務づけられている「自賠責保険」と、車両所有者が自分の意思で加入の有無を決められる「任意保険」があります。 今回は保険金額や補償内容など両保険の違いから、任意保険の必要性について説明します。

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車損害賠償責任保険の略称のことで、自賠責ともいわれています。公道を走る乗用車、バイク、原付バイクなどすべての車両は自賠責に加入することが法律で義務付けられていて、「強制保険」ともいわれています。

自賠責保険の証明書は車両にいつも置いておかなければならず、もしこの証明書がない場合には30万円以下の罰金となります。また、有効期限を経過している場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金と免許停止処分を受けます。

本来、自賠責は国が開始した保険制度であり、その趣旨は交通事故の被害者に最低限の補償を受けさせるというものでした。ただし、対象となるのは人身事故に限定され、被害者及び被保険者の死亡または傷害を負った場合にのみ保険金が支払われることになっています。

自賠責は無制限に保険金が支払われるわけではなく、限度額があり補償内容も法律に定められています。

  • 死亡の場合
  • 限度額は、被害者1名につき3000万円です。
    補償内容は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料です。

  • 傷害を負った場合
  • 限度額は、被害者1名につき120万円です。
    補償内容は、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料です。

  • 後遺傷害を負った場合
  • 限度額は、被害者1名につき常時介護を要する場合で4000万円、随時介護を要する場合3000万円です。
    等級に応じて75万円から4000万円までの幅があります。

補償内容は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等です。

なお、一度の事故で何台もの車両あるいは何人もの被害者が出るというケースでも、すべての被害者に対して保険金が支払われることになっています。また、保険期間中であれば何度事故を起こしたとしても支払われる金額は減額されません。

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険は法律で加入を義務付けられていますが、任意保険は加入するかどうかは当事者任せとなっています。この他に自賠責保険と任意保険には次のような違いがあります。

  • 【対象事故】
  • 自賠責保険は物損事故や自損事故は対象となっておらず、自動車の運行による人身事故のみが対象です。これに対して、任意保険は人身事故だけでなく物損事故や自損事故も保険の種類や契約内容により対象となります。

  • 【限度額】
  • 自賠責保険は、前述のとおり被害者1人に支払われる保険金の限度額は法律に定められています。これに対して、任意保険はどのような内容の保険に加入するかにより限度額が変わってきます。一般的には、限度額が高くなれば保険料も高くなります。

  • 【示談交渉】
  • 自賠責保険では、契約者本人が示談交渉を行わなければなりません。これに対して、任意保険では保険の種類にもよりますが、保険会社が示談交渉を代行してくれる場合があります。

  • 【過失相殺】
  • 過失相殺とは、事故に関する損害の公平な分担という観点から、被害者にも過失がある場合には加害者の損害賠償額を被害者の過失に応じて減額するという民法上の制度です。自賠責保険は、事故で死傷した被害者を救済するための制度なので、被害者に重大な過失があった場合にのみ一定の割合で減額されるにすぎません。

    これに対して、任意保険は過失相殺が適用され、被害者に過失がある場合には加害者の賠償額は過失割合に応じて減額されます。

  • 【免責】
  • 免責とは、保険金の支払い義務を免れる場合のことをいい、その事由を免責事由といいます。自賠責保険は被害者の救済の制度ですので、免責される場合は限定的です。

    たとえば、保険契約者または被保険者の悪意によって生じた損害についてのみ免責されると自動車損害賠償保障法に規定されています。これに対して、任意保険では、契約約款に数多くの免責事由が規定されています。

自賠責保険のみでは不十分?

自賠責険は国が始めた保険制度だけあって手厚い補償があり安心できると思いがちです。しかし、実際の交通事故による損害は自賠責保険だけでカバーしきれない場合がほとんどです。以下のような具体的な事例で考えてみれば明らかです。

例えば、自分の不注意で大事故を起こしてしまい死亡者が1名出てしまったとします。死亡した人が年収500万円以上の30代男性ならば、ある保険会社のデータによると補償金額は約7500万円を請求されるそうです。死亡の場合に自賠責で補償される限度額は3000万円ですので、4500万円は不足します。仮に被害者が50代の主婦であっても補償金額は約3500万円以上を請求され、500万円以上不足します。

このように自賠責保険のみでは現実の事故で十分な補償をすることができません。そこで、これをカバーするために任意保険というものがあるのです。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×