自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

一番安い自動車保険があなたに絶対見つからない3つの理由

「結局どこが一番安いんだ…」

ひとくちに自動車保険といっても、「一番安い自動車保険」を見つけることは難しいです。それは、

  • (1)保険会社が多く料金にばらつきがありすぎる
  • (2)年齢・等級など個々人で保険料に大きく差がつく
  • (3)結婚・就職などでライフスタイルは常に変わるので必要な補償も常に変わる

という3つの理由からで、常に「あなたにとって一番安い自動車保険」は変わり続けるからです。

そこで今回は、20社以上の自動車保険を見てきたカービックタウン編集部が実際に保険を見積もりし、各年齢・年代や等級などの条件別に安い自動車保険を調査。各条件別に「結局どこが安いんだ」という疑問にこたえるべく、安い自動車保険をランキング形式 でまとめました。

安い保険を探す

このページのもくじ

このページのもくじ

【表示/非表示】

どこの会社が一番人気?安い自動車保険総合ランキング

結局どこが安い?自動車保険ランキング

自動車保険を選ぶときに、誰でも「どこの自動車保険が一番安いの?」と考えるはず。

そこで今回は、「保険スクエアbang!」で一括見積もりを取り、その結果を基に保険料が安かった保険会社「上位3社」をランキング形式でまとめました。

※18~20歳、学生の方は「18歳・19歳・20歳(学生)が自動車保険の保険料を安くする裏技」を参照

【最新】2017年8月版!当サイト調べ保険料が安い自動車保険ランキング順位会社名保険料

後述の条件で、保険スクエアBangで一括見積もり、並びに代理店に直接問い合わせた結果を参照

安い保険を探す

同じ条件でも保険料の差額はなんと61,820円

保険料の安さランキング1位の「ソニー損保」と、同じ条件で見積もりを取った「あいおいニッセイ同和損保」の保険料を比べてみると、なんと61,820円も差があることがわかりました。

代理店型自動車保険の保険料比較表
あいおいニッセイ同和損保 84,780円
差額:61,820円
三井住友海上 41,060円
差額:18,120円
富士火災 40,050円
差額17,090円
AIU保険 32,310円
差額:9,350円
朝日火災 38,920円
差額:15,780円
損保ジャパン日本興和 38,740円
差額:15,780円
東京海上日動 38,360円
差額:15,400円

このように、相場を知らず、ディーラーに言われるがままに保険に契約をしてしまうと

保険料を4倍近くも損をしていたということになりかねません。

保険スクエアBang!」 なら19社の見積もりが3分で終わるので、今自分が契約している保険料が高いのか安いのか知るためにも一度、見積もりをしてみることをおすすめします。

3分で一括見積もり

自動車保険の比較のために設定した一括見積もりの条件

今回、徹底して自動車保険各社のどこが安いのかを調べるために、ある程度同じ条件下で一括見積もりを取りました。

車種 トヨタプリウス
型式 ZVW35
初度登録年数 2015年(平成27年)1月
保険始期日 2017年(平成29年)6月1日
事故有係数適用期間 0年(事故無)
記名保険者の生年月日 1987年(昭和62年)1月10日(30歳)
婚姻状況 既婚(子どもなし)
運転者限定範囲 配偶者限定
年齢条件 30歳以上限定
免許証の色 ゴールド
使用目的 通勤・通学
保険証券 発行する
予定年間走行距離 5,000km超~10,000km以下
等級 17等級
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
搭乗者傷害保険金額:1,000万
人身傷害保険金額:3,000万
自損保険:1,500万
車両保険の有無:無

30歳以上、17等級、配偶者限定、など条件を揃えて自動車保険料を比較した結果、最も格安・安い自動車保険はソニー損保でしたが、条件が少しでも変わると安い自動車保険も変わってしまうので、見積もりを取ってみることが重要になります。

今すぐ一括見積もり


以下は、実際にソニー損保の見積もりした結果のキャプチャー画像です。
一括見積もり結果

なお、今回比較した保険会社は以下の19社です。

・イーデザイン損保
・ソニー損保
・三井ダイレクト損保
・チューリッヒ保険
・あいおいニッセイ同和損保
・アクサダイレクト(アクサ損害保険)
・朝日火災
・AIU保険
・SBI損保
・共栄火災
・セコム損害保険
・おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)
・ゼネラリ保険
・損保ジャパン日本興亜
・そんぽ24
・東京海上日動
・富士火災
・三井住友海上
・全労済

見積もりを取らないと高い保険に騙される

通販型の自動車保険は、年齢・走行距離・運転者範囲・免許の色・使用目的・車種などの条件が少しでも変わると、保険の値段が変わってしまうので、他社の保険でも同条件で見積もりを取ってみると実は高い保険で損をしていたという人が大勢います。

    自動車保険が高い人の特徴

  • ディーラーに言われた保険で契約
  • 直近1年で自動車保険を比較していない
  • キャンペーンや割引を調べていない

10~20社の自動車保険を一つずつ見積もり取ると、時間がかかり過ぎてしまいます。そこで、最近では「保険スクエアBang!」を利用して一括見積もりをする人が増えています。一括見積もりは3分程度で終わるので、どれが安い保険か気になる人は一括見積もりを取ってみるのがオススメです。

見積もりは無料! 約3分で完了! 大手損保会社が多数参加!
当サイト経由だと見積もりは無料。平均で約25,000円も保険料が安くなる!
最短3分で入力完了。見積もり結果は入力後すぐわかる!
約20社をまとめて比較。あなたにピッタリの保険が見つかる!
    みんな知らない、一括見積もり 3 つの事実

  • 1. わずらわしい電話はかかってきません
  • 2. メールアドレスは普段使っているものじゃなくて大丈夫
  • 3. 住所は番地・マンション名までの記載で十分

Bangなら、たった3分で20社無料で見積もり! /

\ 平均25,000円損しています /

今すぐ一括見積もり

3分でわかる!自動車保険を安くする唯一の方法】

なぜ、一括見積もりだと安い自動車保険が選べるの?

保険スクエアBang!」の自動車保険一括見積りとは、大手ウェブクルーが運営する日本最大級の一括見積りサービスです。最短3分で完了する入力項目を記入するだけで、19社の自動車保険の中から、自分の条件に合った安い保険を比較することができます。一人当たり平均25,000円の保険料が節約できた実績もあり、現在では利用者数が400万人を突破しています。

保険スクエbang!

保険スクエアBang!のような一括見積りサイトを利用するメリットは何と言っても、数分で安い自動車保険が見つかるところにあります。なぜ、安い自動車保険が見つかるのか、その秘密は一括見積りサイトの入力項目にあります。年齢や走行距離など、個人個人の条件によって保険料は大きく変わりますが、約10項目の質問に答えるだけで驚くほど的確に条件が絞り込めるので、その人特有の安い自動車保険が見つかるのです。

自動車保険の一括見積もりなら、忙しい人も効率よく自動車保険を見直せる

    一括見積りサイトを利用するメリット

  1. たった数分で見積もり依頼ができる
  2. 複数社の自動車保険の保険料や補償を比較できる
  3. 無料で利用することができる
  4. 保険料が安くなる(保険料を節約できる)
  5. キャンペーンを実施している場合がある

一括見積もりで安くなった人ランキング

一括見積もりをして自動車保険を乗り換えた人50人にアンケートを取り、乗り換え後に何円安くなったかをランキングにしてみました。1位はなんと9万円も安くなっていたので驚きです。

兵庫県 41歳 女性
【三井ダイレクト損保】スバルのレガシィの自動車保険が9万円も安くなった!驚きの口コミ
安くなった額 −90,000円
車種 スバル・レガシィ
等級 14等級
富士火災自動車保険→三井ダイレクト損保
160,000円70,000円

【三井ダイレクト損保】スバルのレガシィの自動車保険が9万円も安くなった!驚きの口コミ
一括見積もりは平均25,000円安くなる?

東京都 35歳 男性
【SBI損保】日産・ノートの自動車保険料を口コミで徹底比較!
安くなった額 −51,000円
車種 日産・ノート
等級 15等級
損保ジャパン→SBI損保
75,000円24,000円

【SBI損保】日産・ノートの自動車保険料を口コミで徹底比較!
一括見積もりは平均25,000円安くなる?

千葉県 52歳 男性
安くなった額 −38,000円
車種 スズキ・ ハスラー
等級 19等級
日動火災→おとなの自動車保険
60,000円22,000円

【おとなの自動車保険】スズキ・ ハスラーの自動車保険料を口コミで徹底比較!
一括見積もりは平均25,000円安くなる?

3分で一括見積もり

事故対応力が高く、保険料が安い自動車保険は?



事故対応力の比較結果から、サポート体制や無料ロードサービスが充実している保険会社3社を保険料が安い順にまとめてみました。

【最新】2017年6月版!当社調べ
事故対応がよくて保険料が安い自動車保険ランキング
1位 イーデザイン損保 26,160円
2位 三井ダイレクト 27,690円
3位 アクサダイレクト
(アクサ損害保険)
34,080円

安い保険を探す

以下は、実際に見積もりした結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

事故対応満足度が高い保険の中でも、最も保険料が安い保険は東京海上グループのダイレクト型自動車保険「イーデザイン損保」になりました。

イーデザイン損保は、東京海上グループに属している保険会社なので、代理店型(代理店系)の東京海上日動と同じ水準の事故対応サポートやロードサービスを受けることができます。

通販型・ダイレクト型と呼ばれる自動車保険の1つの弱点として言われるのが、事故解決スピードやロードサービスが遅いという事故解決力です。しかし、イーデザイン損保ではその点をしっかりとカバーしていると言えます。

また、イーデザイン損保が取り扱っている通販型自動車保険は、コスト削減により、値段が安いのも人気の要因と言えます。

テレビなどで、織田裕二さんと土屋太凰さんによる「事故解決のプロフェッショナル」をメインテーマにしたCMが流れているのを目にしますね。

実際に事故時にイーデザイン損保保険を使った人からも、「事故対応のスピードが本当に早くて助かった」などの声が上がっているのが特徴的です。

2位以下の三井ダイレクト損保やアクサダイレクト(アクサ損害保険)については、自動車保険会社の比較・ランキングのページにまとまっています。

事故対応力×安い自動車保険の口コミ一覧

イーデザイン損保

26歳女性
安いのに安心の事故対応だった。
車種 トヨタ・アクア
年間保険料 130,000円

事故をしてから保険料が10万近くupしたので、更新時期には比較のために他の自動車保険の見積もりを取りますが、やはりこちらで継続更新しています。事故とは無縁と思ってかけていた自動車保険でしたが、ありがたさを感じつつ、事故を起こしてからの心労、自動車保険料の増え方を見ると、運転に気がひきしまりました。しかし、何年経っても、担当者さんによくしていただいたのを忘れられず、感謝でいっぱいです。

免許の色 ブルー免許
等級 20
運転者条件 限定なし
使用目的 日常・レジャー
走行距離 10000km
車両保険

【イーデザイン損保】トヨタ・アクア(AQUA)の自動車保険料を比較

三井ダイレクト

44歳男性
保険料が安く電話対応も良い。
車種 トヨタカローラ・スパシオ
年間保険料 40,730円

ソニー損保には「保険料は走る分だけ」という特典がありましたが、街中の買い物ぐらいでしか車を利用しないので、自動車保険を比較しもっと安い保険料の会社への乗り換えを検討しました。
ネットの口コミを探し、三井ダイレクト損保の事故時の対応の口コミが良かったので、三井ダイレクト損保に切り換えることにしました。

免許の色 ゴールド免許
等級 15
運転者条件 配偶者限定
使用目的 日常・レジャー
走行距離 3000km以下
車両保険

【三井ダイレクト】トヨタカローラ・スパシオの自動車保険の口コミ

アクサダイレクト

22歳男性
保険料が安い上にロードサービスが充実。
車種 スバル・レガシィ
年間保険料 120,000円

自動車保険を比較して良いと思ったサービスは、安い保険料でありながらロードサービスが充実していることです。運転している人間として、とても心強いことです。
この保険会社に対して、悪いイメージを抱いたことはありません。逆にCMでの宣伝内容の通り、ロードサービスの充実さや対応の迅速さが、実際に事故に遭った際時に実感できました。事故の大小関係なく誠実に動いて頂いているということが感じられます。

免許の色 グリーン免許
等級 20
運転者条件 本人限定
使用目的 日常・レジャー
走行距離 3000km~5000km
車両保険

【アクサダイレクト】レガシィの自動車保険を口コミで徹底比較!

自動車保険が安いと口コミで評判の保険は?

実際に契約された方の口コミや評判・レビューは、自動車保険に限らず、何かを選ぶときに気になるものですね。

ここでは、「保険料が安い」と契約された方々が評価した自動車保険をランキング形式で紹介しています。

【最新】2017年6月版!当社調べ
保険料が安いと口コミで評判の自動車保険ランキング
1位 イーデザイン損害保険 26,160円
2位 SBI損害保険(損保) 30,820円
3位 セゾン自動車火災保険 42,730円

「保険料が安い」と口コミで最も評判がよかったのは、事故対応力に引き続きイーデザイン損保

イーデザイン損保と契約している人の声で特徴的なのは、「補償が充実しているのに保険料が安い」というコストパフォーマンスのよさを評価する点でした。

前述したように、イーデザイン損保は保険業界トップクラスの東京海上グループに属しており、同グループの経験と実績を活かした安心の事故解決力を実感できます。

その証拠として、特に口コミのなかでも「事故対応サポートが充実している」という声が多かった点が挙げられます。

少し細かく見ていくと、「事故受付などの電話対応がよかった」や「事故担当者の対応がよかった」など、丁寧な対応を評価する声が多く、その結果、総合満足度も高くなっています。

通販型が上位を占めているランキングのなかでも、保険料の安さもさることながら、事故対応サポートの充実度からも高い評価を得た結果になりました。

保険料が安い自動車保険の口コミ一覧

ソニー損保

32歳女性
事故対応が早くて的確。
車種 日産・ムラーノ
年間保険料 48,950円

ソニー損保と契約した理由は、家族が所有している車の保険がソニー損保で、家族からの評判や対応がよいと聞いたからです。
保険料自体は比較サイトで他の自動車保険会社と比較すると、他の損害保険会社やネット経由で加入すると更に安い保険もあるそうですが、今のところ変更するつもりはありません。
なぜなら一度車で事故をしてしまい、そのときの対応が親切で信頼しているためです。保険はいざという時に頼りになるのであれば値段には変えられないと思います。

免許の色 ゴールド免許
等級 11
運転者条件 家族限定
使用目的 日常・レジャー
走行距離 7000km~10000km
車両保険

【ソニー損保】ムラーノの自動車保険料を口コミを元に徹底比較!

イーデザイン損保

22歳男性
対応にも保険料にも不満ゼロ。
車種 ダイハツ・アトレー
年間保険料 30,000円

なんとなく、イーデザイン損保はいかにも新しい保険会社という印象でしたが、加入した後は、料金体系・会社の感じなど、あまり老舗保険と変わらないかな?と、イメージが少し変わりました。
それまでに自動車保険に入ったことはなく、その時のイメージもあくまでイメージでした。後で気付きましたが、保険料って結構安いんですよね。ドライバーになった後で、人と話していて比較サイトで自動車保険料を比較すると、自分より保険料が高い人の方が多数でした。

免許の色 グリーン免許
等級 6
運転者条件 本人限定
使用目的 通勤・通学
走行距離 3000km~5000km
車両保険

【イーデザイン損保】ダイハツ・アトレーの自動車保険の口コミ

チューリッヒ

37歳男性
年間1万円以上も安くなった。
車種 スバル・レヴォーク
年間保険料 49,000円

自動車保険を比較して妻と二人で決めた自動車保険会社は、チューリッヒ保険です。チューリッヒ保険は、「ハローチューリッヒ」の歌で始まるCMで、名前だけは知っていました。とくに悪いイメージも良いイメージもありませんでした。しかし チューリッヒ保険のサービス内容を知れば知るほどあまりの安さに驚きを隠せませんでした。

免許の色 ゴールド免許
等級 15
運転者条件 配偶者限定
使用目的 日常・レジャー
走行距離 3000km以下
車両保険

【チューリッヒ】スバル・レヴォークの自動車保険料を口コミから比較

ソニー損保

23歳男性
保険料が7万円も安くなった。
車種 ホンダ・s2000
年間保険料 100,000円

S2000はスポーツ車ということもあり、一般的な事故発生率が高く、私自身の当時の等級がまだ高くなかったということもあって、年間保険料が20万を超える見積もりとなっていました。
丁度S2000に乗り換えるときに、中古車販売店の営業担当の方が、保険会社の保険料の見積もり比較をしてくださいました。
その見積もりの中で一番安価で、サービスもいい保険会社だったのが、ソニー損保でしたので、こちらの保険会社に移行することにしました。

免許の色 ブルー免許
等級 11
運転者条件 配偶者限定
使用目的 通勤・通学
走行距離 5000km~7000km
車両保険

【ソニー損保】s2000の自動車保険料を口コミから徹底比較!

アクサダイレクト

35歳女性
アクサダイレクトに安さ重視で加入。
車種 ダイハツ・ムーヴ
年間保険料 30,000円

やはり、ボロボロだったので繋ぎで購入した安い車の為、友達と相談しながら比較サイトで各会社それぞれの特性のいろんな自動車保険を比較して、一番安いアクサダイレクトにしました。アクサダイレクトはcmでもよく名前も聞くし、条件や、保険内容、保険の説明などもシンプルでわかりやすかったです。そのほかにもアクサダイレクトの自動車保険料は安く、良いロードサービスもあるのが魅力でした。

免許の色 ブルー免許
等級 6
運転者条件 限定なし
使用目的 日常・レジャー
走行距離 7000km~10000km
車両保険

【アクサダイレクト】ムーブを愛用している人に聞いてみた!自動車保険の平均価格を比較

通販型(ダイレクト型)と代理店型のそれぞれで、一番安い自動車保険は?

通販型(ダイレクト型)と代理店型、それぞれの自動車保険にはメリット・デメリットがあります。

一般的には通販型の自動車保険は値段が安くなり、代理店型では手厚いサポートが受けられると言われます。

ここでは通販型と代理店型のそれぞれについて、保険料が安い自動車保険を紹介しています。

通販型(ダイレクト型)の自動車保険で安いのはどこ?

【最新】2017年6月版!当社調べ
通販型で保険料の安い自動車保険ランキング
1位 ソニー損保 22,960円
2位 セコム損保 25,830円
3位 イーデザイン損保 26,160円

以下は、実際に見積もりした結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

通販型の自動車保険の見積り結果は、このようになりました。

ここでもソニー損保の保険料の安さが際立った形に。とはいえ、セコム損保やイーデザイン損保も2万円台の保険料と、十分に安いと言える結果になりました。

ちなみに、通販型の自動車保険を取り扱う保険会社の多くでは、「インターネット割引(ネット割引)」を導入しています。

これは、新規でその自動車保険の契約をする(※乗り換えを含む)にあたって、Webサイトから申し込みや契約をすると、保険料が割引されるというものです。

このインターネット割引は、割引額(割引率)の高さが魅力。保険会社によっては、最大で1万円ほどの割引が適用されるので、より保険料を安くすることができるようになると言えます。保険会社によっては、1万円を固定で値引くところもあれば、保険料によって会談のように割引率が上がる保険会社、また、定率で値引く保険会社もあります。

実店舗などを持たない分、手続きなどのコストがかからないので、このような割引サービスを提供できているのが通販型の特徴と言えます。

代理店の自動車保険で安いのはどこ?

【最新】2017年6月版!当社調べ
代理店型で保険料の安い自動車保険ランキング
1位 AIU損保 32,310円
2位 損保ジャパン日本興亜 33,620円
3位 東京海上日動 38,360円

以上が、代理店型の自動車保険の見積り結果です。

なお、下記のお客様サポートセンターに実際に問い合わせて、見積もりを取りました。

会社名 連絡先 電話対応
三井住友海上 0120-632-277 ★★★☆☆
東京海上日動 0120-868-100 ★★★★☆
損保ジャパン日本興亜 0120-238-381 ★★★★★
AIU保険 0120-16-6755 ★★★☆☆
富士火災 0120-228-303 ★☆☆☆☆
朝日火災 0120-115-603 ★★☆☆☆

代理店型の自動車保険で保険料が一番安いのは、AIU保険という結果になりました。

AIU保険は、充実のロードサービスと安心のサポート体制による、手厚い補償が受けられるのが特徴です。

また、全体の結果を見ると、通販型よりも少し保険料が高くなっています。

これは、通販型と比較して、代理店型のほうが純粋に代理店を通してやりとりをする分のコストがかかってしまうので、その辺りを保険会社が回収するために保険料を上げているのです。

一方で、自動車保険についてよく知らない人にとっては、担当者から詳細な説明やサポートを受けられるというメリットが代理店型の自動車保険にはあることも事実です。

自分に合った補償プラン(補償範囲)の設定をしてくれたり、事故処理では営業担当者が代理で相手方と連絡を取ってくれたりするので安心できます。

対面で手厚いサポートやフォローを受けることができる、安心感のある自動車保険なら、代理店型がオススメです。

今すぐ一括見積もり

年齢・年代別、保険料が安い自動車保険ランキング

ここから先は、年齢・年代別で保険料の安い自動車保険をまとめています。

【10代〜20代】未成年から若年層の若者が、特に保険料が安い自動車保険

【最新】2017年6月版!当社調べ
10代〜20代の保険料が安い自動車保険ランキング
1位 アクサダイレクト
(アクサ損害保険)
40,110円
2位 損保ジャパン日本興亜 91,333円
3位 東京海上日動 139,272円

以下は、実際に見積もりした結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

学生免許を取りたての子どもなど、18歳・19歳・20歳の未成年、若年層の保険料はほかの年齢・年代と比較し高くなりがちです。

それは、未成年や20代はまだまだ運転技術が未熟であり、事故リスクが高いと保険会社に見られているためです。

別記事で紹介している、特に事故リスクが高いと見られている若者の保険料について、免許取得したての未成年者や子どもの自動車保険学生の自動車保険のそれぞれを、できるだけ安い保険料で加入するにはどうすればいいのかもご参照ください。

20代は事故率が高いと言われている上、修理費用は車の価値により高くなりますし、少々保険料が高くなっても弁護士費用特約(弁護士特約)や自損事故に備えて車両保険を付けるなど、付帯した方が安心の特約などもチェックしておきましょう。

また、少しでも保険料を安くするために、保険料が一番高くなる「限定なし」ではなく、運転者年齢条件は「21歳以上」や「26歳以上」に必ず設定しましょう。

ほかにも、初めて自動車保険に加入する場合は、等級の引き継ぎを利用するのもおすすめです。

【30歳以上】30歳から40代~50歳以上が特に安い自動車保険

それでは、30歳以上の年代の保険料が安い自動車保険はどこなのでしょうか。

【最新】2017年6月版!当社調べ
30代以上で保険料が安い自動車保険ランキング
1位 SBI損保 19,430円
2位 損保ジャパン日本興亜 25,432円
3位 東京海上日動 28,416円

以下は、30代で見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

30代を超えてくると、自動車の使用用途もある程度決まり、自身に合った補償内容がどういったものかが、ある程度わかってくるものです。

また、家族ができて一人用の軽自動車ではなく、ワゴンなどを購入する人も増えてくるので、人によって保険料にはどうしても差が出てきます。

そのなかで、保険料が安い自動車保険を選び、自分に合った補償を受けていくのが一番よい形なのかもしれません。

保険料を安くするために、まずは30歳以上の人は、運転者年齢条件を必ず見直しましょう。

また、結婚などを理由に補償対象者が増える場合も、必ず契約条件を見直すようにしましょう。

今すぐ一括見積もり

条件別!保険料の安い自動車保険ランキング

ここでは、特定の条件の場合に保険料が安くなる自動車保険を徹底比較します。

新車の時に安い自動車保険ランキング

【最新】2017年6月版!当社調べ
新車割引幅が大きい自動車保険ランキング
1位 SBI損保 -7,070円
2位 イーデザイン損害保険(損保) -6,420円
3位 アクサダイレクト
(アクサ損害保険)
-5,200円

以下は、実際に見積もりした結果のキャプチャー画像です。
(左:通常の見積もり,右:新車割引適応の見積もり
一括見積もりの結果

新車の購入時には、新車割引を使うことができます。また、通販型の自動車保険の場合は、インターネット割引も利用可能です。

新規契約には、ほかの保険会社からの乗り換えも含まれるので、自動車保険の乗り換えや切り替えを検討している方は、上記ランキングを参考に一番安い自動車保険を見つけてください。

ちなみに、基本的に自動車保険においては、「新規契約」に対して充実した割引制度が展開されています。

これは、保険会社は新規契約者を増やしたいので、最初の契約でドライバーを確保さえできれば継続して保険料を支払ってもらえるからです。

自動車保険の継続・更新時に保険料が安い自動車保険は?

【最新】2017年6月版!当社調べ
継続・更新割引の大きい自動車保険ランキング
1位 SBI損保 -10,000円
1位 セゾン自動車火災 -10,000円
1位 イーデザイン損保 -10,000円

公式サイト内の下記に割引についての記述があります。

一方で、一度掴んだ顧客を離さないように、「継続割引(継続契約割引)」もしっかりと用意している保険会社が多いです。

乗り換えたほうが安いこともあるものの、逆に、今と同じ自動車保険を継続・更新したほうが安い場合もあります。

今、もし契約している自動車保険がある方は、その保険会社が継続割引や更新割引を用意しているか、調べてみるといいでしょう。

2台目やセカンドカーの購入時に、特に保険料が安い自動車保険

複数の車両を所有しようと考えている人も、決して少なくありません。

そのような人のために、各保険会社はセカンドカー割引を用意しています。

セカンドカー割引は、すでに所有している車(1台目)のノンフリート等級が11等級以上の場合に適応されます。そして、セカンドカー割引が適用されると、新たに購入する2台目の自動車保険の等級が通常は6等級から始まるところ、7等級から始まります。

6等級の割引率は19%なのに対し、7等級の割引率は30%(※無事故係数の割増引率)。その差は11%となります。

ただし、その割引率と合わせて各社で割引があるようで、若干数字が異なるのはそのためです。

【セカンドカー割引の見積もり例】

保険会社 割引前 割引適用後 差額
イーデザイン損保 48,350円 36,590円 -11,760円
ソニー損保 49,000円 36,800円 -12,200円
三井ダイレクト 50,140円 37,500円 -12,640円

【最新】2017年6月版!当社調べ
セカンドカー割引適応の場合に保険料が安い自動車保険ランキング
1位 イーデザイン損保 -11,760円
2位 ソニー損保 -12,200円
3位 三井ダイレクト -12,640円

※ランキングが上がるにつれて割引額(差額)が少ないのは、上位になるほど割引前の保険料が安いためです。

以下は、実際に見積もりした結果のキャプチャー画像です。
(左:通常見積もり/右:セカンドカー割引適応見積もり
一括見積もりの結果

走行距離が長距離になっても保険料が安い自動車保険

年間走行距離は、契約者が自身の使用用途に合わせた距離を申告するものです。リスク細分型とも言われ、細分化したリスクの大小が自動車保険料に影響します。

基本的には、申告した年間走行距離に合わせた保険料が変動するため、距離が長くなれば長くなるほど保険料が上がる傾向にあります。

では、もし年間走行距離が15,000kmを超えるような場合、保険料が最も安い保険会社はどこになるのでしょうか。

【最新】2017年6月版!当社調べ
年間走行距離が15,000km超の場合に保険料が安い自動車保険ランキング
1位 SBI損保 29,460円
2位 ソニー損保 32,980円
3位 チューリッヒ保険 41,800円

以下は、実際に見積もりした結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

1位はSBI損保という結果になりました。SBI損保も「保険料は走った分だけ」という、年間走行距離に応じた合理的な保険料を設定しています。

すべて通販型の自動車保険であり、走行距離が長くなったからといって、代理店型のほうが安くなるということはないようです。

走行距離の区分は保険会社によってさまざまなので、もし運転する機会が減るのであれば、自動車保険を見直すチャンスでしょう。

なお、虚偽申告は絶対にしないように注意しましょう。万が一事故に遭ったときに、保険が使えないということになりかねません。

最初に申告した走行距離よりも超えること自体に問題はないので、オーバーしてしまった場合は、必ず保険会社に変更の申告をしましょう。

使用目的別・保険料の安い自動車保険~「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」~

【最新】2017年6月版!当社調べ
日常・レジャー時の保険料が安い自動車保険ランキング
1位 イーデザイン損保 23,500円
2位 全労済 24,310円
3位 セコム損保 26,630円

以下は「日常・レジャー」で見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

【最新】2017年6月版!当社調べ
通勤・通学時の保険料が安い自動車保険ランキング
1位 ソニー損保 22,960円
2位 セコム損保 25,830円
3位 イーデザイン損保 26,160円

以下は「通勤・通学」で見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

【最新】2017年6月版!当社調べ
業務使用時の保険料が安い自動車保険ランキング
1位 セコム損保 27,160円
2位 全労済 30,920円
3位 イーデザイン損保 31,490円

以下は「業務」で見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

使用目的によって、保険料の安い自動車保険にはバラつきが出る結果になりました。

「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の順に保険料の相場は上がっていきます。

なお、絶対にやってはいけないのは、保険料を安くするために使用目的を偽って申告することです。

なぜなら、契約者側が意図的に事実と異なる告知をしていた場合、保険会社はその自動車保険を解除、つまり一方的に解約することができるからです。

これは、保険金が下りないのに、被害者へ賠償金の支払いが生じる場合もあり得るということです。

自己負担額が少し増えても、使用目的を正しく申告しましょう。

オマケ①:法人名義での契約時に保険料が安い自動車保険は?

個人事業主や企業の場合は、自動車保険の法人契約も検討する機会があります。

以下では、法人契約の場合に保険料が安い自動車保険を比較してみました。

【最新】2017年6月版!当社調べ
法人契約時の安い自動車保険ランキング
1位 チューリッヒ 60,520円
2位 セコム損保 62,640円

※調査結果では2社分のデータしか取れませんでした。また、見積もり自体は電話のみの受付となっております。

それによると、1位がチューリッヒ保険、2位がセコム損保という結果になりました。

なお、法人契約の場合には補償内容を自由に選べません。補償内容は充実しているものの、これは意外と知られていない部分です。

ちなみに保険料も、通販型での個人契約のほうが法人契約よりも安い傾向があります。そのため、一度個人契約も検討してみるといいでしょう。

オマケ②:団体割引を使える安い自動車保険もある

福利厚生の一環として、企業の団体窓口を経由して自動車保険に入ると保険料が割安になる、「団体割引」を実施している会社もあります。

これは一般に「団体扱い契約(規模別料率制度)」と呼ばれるもので、企業の役職員が契約者になり、保険料を給与から天引きする方法が一般的です。

保険会社にとっては一度に多くの契約を見込めるほか、契約をする側にとっても、通常よりも安い保険料で加入できるというメリットがあります。

ただし、契約者は「企業の従業員や団体の構成員」であることが必要です。もし勤務先でこの割引を使えるなら、検討してもいいでしょう。

団体割引を利用できる保険会社や組合は以下になります。

団体割引がある保険会社 セコム損保
全労済
アクサダイレクト(アクサ損害保険)
あいおいニッセイ同和損保

ゴールド免許時に特に安い自動車保険は?

優良運転者の証であるゴールド免許。

多くの保険会社では、保険開始日時点で記名被保険者の運転免許証の帯がゴールドの場合に保険料が割引される、「ゴールド免許割引」を導入しています。

このゴールド免許割引は、保険会社によって割引率や適用条件に大きな差があるものの、うまく利用すれば保険料が10%〜20%ほど安くなります。

ここでは、実際にゴールド免許時に保険料が安い自動車保険を紹介しています。

【最新】2017年6月版!当社調べ
ゴールド免許条件時の保険料が安い自動車保険ランキング
1位 セコム損保 15,880円
2位 ソニー損保 16,570円
3位 三井ダイレクト 17,230円

割引で乗り換え!

以下は、ゴールド免許で見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

ちなみに、ゴールド免許割引が適用されるかどうかは、あくまで保険開始日時点での免許証の色によって決まります。

運転免許証はグリーンに始まり、ブルー、ゴールドへと変わりますが、ゴールド免許を持つためには「免許取得から5年間、無事故・無違反を継続すること」が必須条件になります。 
また、ゴールド免許割引が適用されるかどうかは、あくまで契約時に決める保険始期日時点での免許証の色によって決まります。

保険期間中に免許の色が変わった場合のゴールド免許割引

保険期間の途中で免許証の色がゴールドからブルーに変わってしまっても、その契約が終わるまでは割引が適用されます。

一方、加入時にブルー免許でも保険が満期を迎える以前に、免許更新によりゴールド免許に切り替わった場合、期間の途中であっても申請さえすればゴールド免許による割引を適用しているという自動車保険も多くあります。ですので、途中でゴールド免許になることがあれば、割引が適用できるか保険会社に確認を取りましょう。

被保険者にゴールド免許がいるなら名義を変更しよう

以下のような条件下では、誰名義なのかによってゴールド免許割引が適用できる可能性があります。

例① ブルー免許の自分の名義で契約していて、運転者限定条件が「配偶者限定」や「家族限定」。
奥様または旦那様、運転する家族がゴールド免許を取得している
例② これから自動車保険に加入するが、運転する家族の中にゴールド免許を取得している方がいる

上の例に挙げたような状況下であれば、ゴールド免許の方の名義に変更することをおすすめします。運転する人の範囲が変わらずゴールド免許割引適用の余地があるならば、ゴールド免許のご家族の名義にして保険料を節約しましょう。

そのため、保険期間の途中で免許証の色がゴールドからブルーに変わってしまっても、その契約が終わるまでは割引が適用されます。

ただしこの場合、次回の更新時、または他社への乗り換えのときにゴールド免許割引の適用がなくなるので注意しましょう。

車種別・保険料の安い自動車保険はどこ?

ここからは気になる人も多い、車種ごとに自動車保険の保険料を比較していきます。

どの自動車保険なら保険料が安い?ベンツ編

まずは高級外車の代表格である「ベンツ」を例に、保険料の安い自動車保険がどこか見てみましょう。

【最新】2017年6月版!当社調べ
保険料が安い自動車保険ランキング〜ベンツ編〜
1位 セコム損保 15,880円
2位 ソニー損保 16,570円
3位 三井ダイレクト 17,230円

安い保険を探す

以下は、ベンツで見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

ベンツでの見積もり結果は上記のようになりました。セコム損保は契約車のライフスタイルに最適な保険料を提示するとともに、インターネット割引も適応されます。

外車なので保険料が高そうなイメージがあるものの、見積もり結果からわかるように、契約車両が外車かどうかはあまり関係ないようです。

なお、以下の情報で見積もりをしました。

車種 ベンツ
型式 A180 -169032
初度登録年数 2015年(平成27年)1月
保険始期日 2017年(平成29年)6月1日
事故有係数適用期間 0年(事故無)
記名保険者の生年月日 1977年(昭和52年)4月10日
婚姻状況 既婚(子どもあり)
運転者限定範囲 配偶者限定
年齢条件 31歳以上限定
免許証の色 ゴールド
使用目的 通勤・通学
保険証券 発行する
予定年間走行距離 5,000km超~10,000km以下
等級 20等級
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
搭乗者傷害保険金額:1,000万
人身傷害保険金額:3,000万
自損保険:1,500万
車両保険の有無:無

どの自動車保険なら保険料が安い?デミオ編

1986年にマツダから発売されたコンパクトカー「デミオ」。2014年に行われたフルモデルチェンジで4代目を迎えました。

「魂動(こどう)デザイン」というコンセプトのもと、洗練されたフォルムになった4代目デミオ。ガソリン車とクリーンディーゼル車がラインナップされ、マツダの新世代技術であるスカイアクティブエンジンを搭載しています。

このデミオ、2020年には新型エンジンが開発されるという話もあり、今後もさらなる飛躍が期待されています。

コンパクトカーの保険料はどこが安いのかについて、デミオを例にして見積もりをしてみました。

【最新】2017年6月版!当社調べ
保険料が安い自動車保険ランキング〜デミオ編〜
1位 全労済 29,430円
2位 セコム損保 34,570円
3位 ソニー損保 35,070円

安い保険を探す

以下は、デミオで見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

ここで1位となった全労済の保険料は、比較的に安い傾向があります。

しかし、一部の声として「安かろう悪かろう」ということも聞かれるようなので、口コミや体験談などの情報の真偽はしっかり確認しておくべきでしょう。

以下の情報で見積りを取りました。

車種 デミオ
型式 DE3AS
初度登録年数 2015年(平成27年)1月
保険始期日 2017年(平成29年)6月1日
事故有係数適用期間 0年(事故無)
記名保険者の生年月日 1991年(平成3年)4月19日
婚姻状況 未婚
運転者限定範囲 本人限定
年齢条件 26歳以上
免許証の色 ブルー
使用目的 通勤・通学
保険証券 発行する
予定年間走行距離 5,000km超~10,000km以下
等級 12等級
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
搭乗者傷害保険金額:1,000万
人身傷害保険金額:3,000万
自損保険:1,500万
車両保険の有無:無

どの自動車保険なら保険料が安い?プリウス編

ハイブリッドカーの人気モデル、トヨタの「プリウス」の保険料を比較したランキングです。プリウスは低燃費ということから、男女問わず人気の車種のようです。

【最新】2017年6月版!当社調べ
保険料が安い自動車保険ランキング〜プリウス編〜
1位 ソニー損保 22,960円
2位 セコム損保 25,830円
3位 イーデザイン損保 26,160円

安い保険を探す

以下は、プリウスで見積もりを取った結果のキャプチャー画像です。
一括見積もりの結果

車種 プリウス
型式 ZVW35
初度登録年数 2015年(平成27年)1月
保険始期日 2017年(平成29年)6月1日
事故有係数適用期間 0年(事故無)
記名保険者の生年月日 1987年(昭和62年)1月10日
婚姻状況 既婚(子どもなし)
運転者限定範囲 配偶者限定
年齢条件 30歳以上限定
免許証の色 ゴールド
使用目的 通勤・通学
保険証券 発行する
予定年間走行距離 5,000km超~10,000km以下
等級 17等級
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
搭乗者傷害保険金額:1,000万
人身傷害保険金額:3,000万
自損保険:1,500万
車両保険の有無:無

軽自動車かスポーツカーかなど、条件によって安い自動車保険は違う

このように、車種によって保険料が安い自動車保険は違うということがよくわかります。

これは、「車両料率クラス(型式別料率クラス)」という自動車の型式ごとに設定された保険料率に基づいて設定されているためなのです。

簡単に言うと、車ごとに保険料が違うように損害保険料率算出機構が設定しているということです。

上記について、保険会社の目線で考えると理解しやすいです。

例えば、コンパクトカーとスピードカーの場合、一般的にコンパクトカーはあまりスピードは出ませんし、リスクを冒して運転する人も少ないと言えます。

その結果、事故を起こすリスクが少なく、保険会社が保険金を支払うリスク、金額も少ないので、型式別料率クラスが低く設定されています。

対するスポーツカーの場合、スピードを出して運転する人が多いので事故を起こすリスクが高く、しかも盗難被害に合うことが多いため、型式料率クラスが高く設定されています。

車両料率クラスは、「自家用普通乗用車(主に3ナンバー)」と「自家用小型乗用車(主に5ナンバー)」にのみ適用されています。

そのため、「自家用軽四輪乗用車(軽自動車)」、「中型貨物車(1ナンバー)」や「小型貨物車(4ナンバー)」は適用外ということになります。

今すぐ一括見積もり

気をつけなければいけない、安い自動車保険のデメリット

  • 保険の知識がないと補償範囲の選び方が難しい
  • 事故対応が対面ではなく、電話・メールでのやりとり
  • 1年以内はクーリングオフができない

1. 保険の知識がないと補償範囲の選び方が難しい

通販型自動車保険は、安さが特徴ですがその代わりにもちろんデメリットもあります。まず、知っておかなければいけないこととして、通販型自動車保険会社は店舗を持たないので、基本的に担当者に直接会うことはできません。そのため、初めて自動車保険に加入する人や代理店型から乗り換える人は、補償範囲の選び方から苦労します。

ある程度保険の知識があれば問題ないですが、「対人賠償補償は3,000万円じゃなくて無制限がいいの?」「車両保険は付与したほうがいい?」「弁護士特約は?」などなど、契約時にわからないことはたくさん出てくるので、代理店型の自動車保険のように直接説明を受けられた方が安心することはできます。契約するときに直接相談できないというのが一つ目のデメリットになります。

2. 事故対応が対面ではなく、電話・メールでのやりとり

事故対応も同じく、対面ではなく、電話やメールでのやりとりが基本となります。最近では、24時間受付を対応しており、事故調査員・弁護士・車両鑑定人などの専門家が事故を解決してくれるなどサポートは手厚い反面、やはり対面でないと安心できない場面もあります。事故対応そのものに問題はありませんが、パニックになった時に、信頼できる人が側にいてくれると非常に安心感があるので、通販型自動車保険のデメリットは、そういうところにも現れます。

3. 1年以内はクーリングオフができない

1年以内はクーリングオフができない、というのは、安い自動車保険に限ったことではありませんが、万が一補償範囲や事故対応に満足がいかず、保険会社を変えたいと思っても最大1年は我慢しなくてはいけません。契約は慎重に行う必要があり、独自のクーリング・オフを提供している保険会社もあるので、そういったことは事前に調べることをオススメします。

    独自にクーリング・オフを用意している保険会社

  • アクサダイレクト
  • アメリカンホームダイレクト
  • イーデザイン損保
  • ソニー損保
  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト
  • セゾン自動車
  • そんぽ24

団体割引のデメリット

  • 企業や団体が取り扱う保険会社以外の会社では契約できない
  • 補償プランが限定されるなど自由に補償内容を選べない
  • 団体割引の方が保険料が高くなる可能性がある

団体割引は、企業や法人が団体で自動車保険に契約する時に使える割引制度ですが、10台以上でしか適用できないなどの制限があります。補償範囲の選択などに制限もあり、場合によっては団体割引を利用することが損に繋がる可能性もあります。通販型の安い自動車保険で、一般的な法人契約をした方が安い場合もあるので、一括見積もりサイトを活用して、安い自動車保険を選ぶことをオススメします。

保険料節約で特約に加入しないことのデメリット

保険料の節約のために、弁護士費用特約など重要な特約に加入しない人がいますが、デメリットを考えず、安い保険だけを選ぶと事故を起こした時に後悔してしまいます。弁護士費用特約に加入しないと、自分に責任のない事故に遭った時や相手方が請求に応じなかった時などの交渉は、全て自分で行う必要があります。自動車事故では、自分の無罪を証明することが意外と難しかったりもするので、泣き寝入りということにもなりかねません。

他にも、自転車障害特約やファミリーバイク特約など、付与した方がお得な特約もいくつかあるので、保険料の安さだけで判断せず、自動車保険の特約はメリット・デメリットを考慮した上で加入するかしないかの判断をしましょう。

なぜ条件によって安い自動車保険はいくら変わる?その理由は?

ここまで読んだ方であればわかるように、通販型と代理店型、年齢や等級、年間走行距離、使用目的など、さまざまな条件によって保険料が安い自動車保険は変わります。

その理由はいろいろあるものの、大きくは以下に集約されます。

    ポイント

  • 自動車保険には通販型と代理店型の2種類があり、前者のほうが事業コストを削減しているため
  • 各種割引制度の有無や種類が、保険会社によって異なるため
  • 補償条件の一つひとつにつき、料金体系が保険会社によって異なるため

まずやはり、通販型と代理店型の2タイプを比較したときに、仕組み上ではどうしても前者のほうが自動車保険は安くなります。

この両者の価格差が、保険料の「安い」「高い」を最初に「操作する」と言えます。

次に、割引制度の有無が影響し、最後に料金体系で差がつくようになっています。

当然ながら自動車保険もサービスなので、すべての保険が安くなるかと言われれば、そうではありません。ドライバーのみなさんがそれぞれ違うように、一人ひとりに合った自動車保険は違います。

自分に合った補償内容にし、少しでも安い保険料に抑えることが「最安の自動車保険」に出会うための、「唯一」にして「最大」の秘訣と言えるでしょう。

自動車保険を安くする裏技

  • 車両保険の免責金額を適切に設定する
  • 分割払いはせずに、カードローンで年払いする

自動車保険には、知っておくと得する裏技がいくつかあります。ここでは、ちょっとした保険の裏技をご紹介します。

免責金額設定で車両保険を安くする裏技

免責金額設定で車両保険を安くする裏技
車両保険の「免責金額」とは、事故による破損などで車の修理が必要になった時に、自己負担で支払わなければならない金額のことです。事故を起こして、保険を使ってしまうと等級が下がってしまうので、数年間損をすることになってしまいます。なので、大きな事故でもない限りはなるべく保険は使わない方が良いので、車両保険を付与するときは、あらかじめ免責金額を設定して、車両保険を安く抑えるとお得になります。

車両保険の免責金額の設定を工夫したら、保険料が安くなった!

今すぐ一括見積もり

分割払いでも保険料を安くする裏技

自動車保険の支払い方法は年一括払いと月々の分割払いを選ぶことができます。一括で支払う分、年払いの方が割安にはなるのですが、生活費などの関係上、月払いを選択する人もいます。そうすると、合計の自動車保険料は年払いと比べると損をしてしまうと思いがちですが、カードローンを利用すると、分割払いでも損をしない裏技があります。

クレジットカードで月々の分割払いを選択してしまうと自動車保険会社に手数料を取られてしまうので、カードローンでお金を借りてから年払いを選択することで保険料が安くなります。

    実はクレジットカードの分割払いよりカードローンがお得

  • 分割払いより2万円も安くなる
  • 毎月、自分にあった返済ペースで支払うことができる
  • 強引な取り立ても面倒な書類手続きもナシ
  • 日本では7人に1人がカードローンを利用しているので安心

楽天銀行カードローンに申込

まとめ

  • 自動車保険は通販型と代理店型の2種類あり、通販型の方が保険料は安い
  • 各種割引制度を活用した方が当然保険料は安い
  • 事故リスクが低い契約者だとみなされたほうが保険料は安い
  • 一番自分に合った保険内容を見つけて、少しでも保険料を抑えよう

今すぐ一括見積もり


このエントリーをはてなブックマークに追加

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×