自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

東京海上日動の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

東京海上日動の自動車保険の補償内容や事故対応・ロードサービス、保険料などをわかりやすく紹介します。

他社と今すぐ比べる

このページのもくじ

東京海上日動の評価 おススメ度
保険料の安さ ★★★☆☆
事故対応 ★★★★☆
補償範囲・補償内容 ★★★☆☆
サポートの充実度 ★★★★☆
口コミ評判 ★★★★★

他の代理店型保険をチェック

保険会社毎の特徴を知ることであなたにぴったりの保険を見つけることができます。
下記の表は簡単なものではありますが、代理店型の特徴をまとめたものになります。

保険会社 おすすめ度・特徴
東京海上日動 おすすめ度:★★★☆☆
・国内のメガ損保 東京海上日動ブランドの信頼
・イーデザイン損保と比較し保険料がかなり割高
セコム損保 おすすめ度:★★★★☆
・警備会社大手セコムが事故対応
・代理店型と通販型を取り扱い
三井住友海上 おすすめ度:★★☆☆☆
・国内のメガ損保MS&ADインシュアランスグループの安心感
AIU保険 おすすめ度:★★★☆☆
・レッカー運搬はどこでも無料
富士火災 おすすめ度:★★☆☆☆
・事故の初期対応が迅速
あいおいニッセイ同和損保 おすすめ度:★★☆☆☆
・レッカー移動は60kmまで無料
保険を選ぶ際に、他社と比較することは非常に重要です。保険料が同じでも会社が違えば保険の充実さも違います。
保険会社を比較するには、一括見積もりサービスがオススメです。最短3分で20社から見積もりが取れるので、希望条件に合わせた各会社毎の料金をまとめて比べることができます。

安い保険を探す

東京海上日動のメリット・デメリット

東京海上日動の自動車保険を他社と比較する際に押さえておきたいメリットとデメリットをご紹介します。

東京海上日動のメリット

自動車保険選びで気になる事のひとつに事故が起きた時の保険会社の示談交渉力が気になるというのがあります。
中には示談交渉力が低い自動車保険会社がある中でこの東京海上日動の示談交渉力はかなり高いという特徴があります。

なので、事故が起きた時に自分は悪くないと言った主張して相手方も自分は悪くないと真っ向から主張が対立した場合も
東京海上日動なら安心して示談交渉を任せる事ができるというのがあります。

もちろん、いくら東京海上日動の示談交渉力が高いと言っても担当者の能力がすべて同じでない以上
多少の差はあります。ですが、概ね東京海上日動の示談交渉力は高いと評判であるというのがあります。

東京海上日動のデメリット

では、東京海上日動にはデメリットはないのかというとそういう事はないです。
どこの自動車保険でもメリットとデメリットがあるように東京海上日動にも当然デメリットがあります。

では、実際に東京海上日動にはどういうデメリットがあるのかというとそれは
それはここの保険料が高いというのがあります。ですから、自動車保険は事故の示談交渉力よりも
頬権料が安い事を優先する人にとってはかなりのデメリットになります。

ですが、いくら保険料が高いと言ってもその分サービスの質が高いのが東京海上日動の特徴ですので
サービスの質を重視する人にとっては保険料が高いというデメリットもあまり気にならないと思います。

最大20社の保険を比較してみる

東京海上日動の補償内容

東京海上日動では、以下の補償を行ってくれます。
(※すべての補償ではありません)

相手方への補償 ・対人賠償責任保険
・対物賠償責任保険
・対物全損時修理差額費用特約
ケガの補償 ・人身傷害補償保険(車内・車外)
・搭乗者傷害保険
・人身傷害諸費用補償特約
・無保険車傷害
ご自身のお車などへの補償 ・車両保険
・車両全損時諸費用特約
・車両新価格特約
・レンタカー費用等選べる特約
・車両搬送費用保障特約及びサービス
オプションの補償 ・ちょいのり保険(1日自動車保険)
・弁護士費用特約
・車対車免ゼロ特約
・ドライバー保険

東京海上日動の自動車保険の特約

東京海上日動の自動車保険では、契約した車両を運転する型を限定することで保険料が割安になります。本人・夫婦限定特約、家族限定特約があり、限定された方以外の人が運転中の事故は、原則として保険金が支払われません。その他にも運転者の年齢条件特約があります。
東京海上日動の自動車保険を契約した車両の事故で、相手方に法律上の損害賠償請求をするために負担した弁護士費用または法律相談費用に対して1事故について補償を受けられる方1名あたり300万円を限度に保険金が支払われる「弁護士費用特約」があります。もらい事故は、保険会社が示談交渉することができないので、弁護士に示談交渉を依頼する必要があります。
契約した車両と相手自動車との衝突または接触によって損害が生じたとき、相手自動車の情報が確認されている場合免責金額が運用されません。

東京海上だけのちょいのり保険とは

親や友人の車を借りて運転中の事故を補償する24時間単位で加入できる自動車保険です。

  • 保険料は24時間500円~。補償プランによって金額は変わってきます
  • 手続きはすべてスマートフォンで完結
  • ちょいのり保険を利用し無事故の場合、ご利用回数に応じてお得なサービスがある

ご自身の自動車の補償には車両保険

東京海上日動の自動車保険の車両保険は、衝突や接触等の事故により、契約した車両に生じた損害に対して保険金が支払われます。「一般条件」と「エコノミー車両保険(車対車+A)があります。保険金額が50万円未満の車両保険について、修理費が保険金額以上となり修理を行う場合は、50万円を限度に保険金が支払われます。契約した車両が全損となったときの車両全損時諸費用保障特約と事故や故障により契約した車両が動かなくなった時の車両搬送費用補償特約およびサービスは自動セットされます。その他には、レンタカー費用等選べる特約、新車が大きな損傷を受けたときの車両新価保険特約、追突などの過失のない事故により契約した車両が壊れたときの車両無過失事故に関する特約などがあります。

東京海上の車両保険で補償できるトラブル

事故連絡の方法は代理店または東京海上日動安心110番(事故受付センター)への電話があります。

飛び石によるキズは補償できる

飛び石被害(飛来中もしくは落下中の他物との衝突による損害)は、「一般条件」「エコノミー車両保険(保険料は軽減されますが補償が限定される)」どちらのタイプの車両保険でも補償の対象ですが、「1等級ダウン事故」となり、翌年ノンフリート等級が1等級下がり、事故有係数適用期間(「事故有」の割増引率が適用される期間)が1年加算となります。保険金請求に関しては、保険金請求書や修理費用の見積書または領収書等が必要となります。保険金は損害額(修理費用)から免責額を差し引いた額となります。

盗難被害は補償できる

盗難被害も、「一般条件」「エコノミー車両保険」どちらのタイプの車両保険でも補償の対象ですが「1等級ダウン事故」となり、翌年ノンフリート等級が1等級下がり、事故有係数適用期間が1年加算されます。車が盗難被害に遭ったとき、まずは所轄警察署に盗難の届を出す必要があります。保険金請求に際しては、保険金請求書や所轄警察署の証明書が必要となります。盗難の場合は、保険金額の全額が支払われます。また全損時臨時費用補償特約により保険金額の10%(上限20万円下限5万円)が支払われます。

当て逃げ被害は補償される?

当て逃げ被害については「一般条件」の車両保険のみ補償されます。当て逃げ被害については「3等級ダウン事故」となり、事故有計数適用期間が1年加算となります。被害がわかったら直ちに所轄警察署に届出する必要があります。保険金請求の際には、保険金請求書や所轄警察署その他公の機関が発行する証明書が必要となります。

人身傷害への補償

以下のような補償をつけることで、自動車事故で人にけがを負わせてしまった場合でも安心です。

搭乗者傷害

東京海上日動の自動車保険の搭乗者傷害特約は、契約した車両の事故により、乗車中の方がケガ・死亡した場合や、後遺障害が生じた場合に、補償を受けられる1名のみ保険金額に基づいてあらかじめ設定した額が保険金として支払われます。「搭乗者傷害特約(一時金払)」と「搭乗者傷害特約(日数払)」ではケガの場合に支払われる保険金および条件が異なります。トータルアシスト超保険は、契約した車両が二輪自動車またわ原動機付自転車の場合に限ります。

東京海上日動の傷害保険について

東京海上日動の自動車保険の人身傷害保険は、契約した車両の運行に起因する事故等で生じたケガによる治療費・休養損害あるいは死亡による逸失利益・精神的損害等、補償を受けられる1名について、過失割合にかかわらず保険金額を限度に実際の損害額(総損害額)に対して保険金が支払われます。車外での自動車事故や契約した車両以外の車に乗車中の事故は、「人身傷害の他社搭乗中および社外自動車事故補償特約」で補償されます。

最大20社の保険を比較してみる

東京海上日動の事故対応・ロードサービス

東京海上日動では自動車事故を起こしてしまった際にどのような事故対応を受けられるのでしょうか?

国内外損害サービス拠点数 244
バッテリー上がり
スペアタイヤ交換
燃料切れ時ガソリン配達サービス 1年間に1回
車両搬送サービス 無制限

JAF会員ならさらに安心のロードアシスト

東京海上日動のロードサービス「ロードアシスト」はJAFと組み合わせることで、以下の表にてご紹介するような強みを発揮できます。

JAFとロードアシスト JAFのみ
(ロードアアシストなし)
ロードアシストのみ
30分以内の対応
30分以上の超過作業台 × ×
パンク修理代 ◎※1 ×
チェーンの着脱作業代 ×
事故以外の牽引作業台 ×
ガソリン(10l無料サービス) ×※2

JAF会員であることが確認できない場合、JAF以外の業者は上記表の拡大サービスを提供できない場合があります。
※1JAFが実施した応急対応後の修理業者等での修理代もサービスの対象内となります。
※2一部作業台・ガソリン代等の費用は加入者負担となります。

東京海上日動の自動車保険のロードサービス

絶対にないと言えないのが、交通事故と突然の車の故障です。現在の車社会では、自分がどんなに気をつけていてももらい事故の危険があります。また、新車でも車検を受けたばかりの車でも、突然の車のトラブルに見舞われることもあります。
しかし万が一の事故でも事故対応のプロのスタッフがしっかりサポートする東京海上日動の自動車保険のロードサービスは、心身両面で加入者の力になります。

24時間365日受け付けの事故体制!安心のロードサービス

昼夜を問わず起こるのが事故や車の故障です。もし、夜中の事故や故障では修理工場も当てにできません。また、バッテリー上がりとか、パンクなどの故障時の緊急修理他、急なガソリン切れ時のガソリンのお届けなどを通して加入者のカーライフのサポートを行なっています。
事故と同様突然の故障で動かなくなって困ったときも24時間体制のロードサービスに連絡をすればすぐに駆けつけます。車が動かなければレッカー車も手配いたしますからもしもの時も困ることなくすみます。さらに、事故のときだけでなく、日常生活でもお客様をしっかりサポートします。

事故のときだけでなく日常生活でもしっかりサポートする4つのアシスト

【ロードアシスト】は、ご契約のお車について、事故や故障時のレッカー搬送、故障やお車のトラブル時の応急対応等を行い、【事故防止アシスト】では、事故や災害防止などの情報をご提供します。
また【事故現場アシスト】は、お客様が最も不安な「事故発生から24時間」をしっかりサポートし、【メディカルアシスト】は、お電話にて各種医療に関するご相談に応じたり、夜間の救急医療機関や最寄りの医療機関をご案内します。

ずば抜けて優れている事故対応の良さ

トータルアシスト自動車保険には、「賠償に関する補償」と「ご自身の補償」そして「お車の補償」と、3つの基本保障で万全の補償体制が整っています。
また、万が一の事故の際にはより手厚くお客様への補償を行うため、「弁護士費用特約」「入院時選べるアシスト特約」「レンタカー費用等選べる特約」(または「レンタカー費用等選べる特約(お車搬送時のみ補償いたします)」)の3つの基本特約をおすすめします。
この3つの基本保障と3つの基本保障の詳細は、東京海上日動の自動車保険のロードサービスの公式サイトで詳しくご紹介されていますのでご覧ください。

カーライフをより良いものにする東京海上日動の自動車保険

事故の時の万全の対応はもちろん、日常生活でもお客様をしっかりサポートしているのが東京海上日動の自動車保険自動車です。保険を選ぶなら、ぜひ、東京海上日動の自動車保険をお選びください。選んで良かったと思っていただける自動車保険です。

代車を呼びたい時は

まずは東京海上日動の担当者へ連絡しましょう。

ステップ①連絡時に契約内容を確認

代車が借りられる自動車保険を契約しているか確認します。東京海上日動では代車特約のことを商標名:「レンタカー費用等補償特約」といいます。この特約が付帯されている場合、わナンバーなどのレンタカーが保険対象になります。おくるま搬送時という条件がある場合は車両が走行不能状態で搬送された場合のみ対象です。

ステップ②レンタカーを受け取る

契約が確認出来、担当者が代車を探したら、レンタカー会社の担当者から直接連絡がかかってきます。持ってきてもらう場所、時間、立会人など詳細を打ち合わせし届けてもらいます。返却方法(修理工場乗捨てなど)もこの時に打ち合わせしておくと安心です。

東京海上日動の事故対応口コミ

新車のダイハツムーブコンテ購入1か月後に追突事故、東京海上日動の担当者さんの優しさに感動

ダイハツムーブコンテを購入して1カ月後に追突事故に遭い、リアバンパーを大きく損傷しました。 東京海上日動の新価保険(新車保険特約)に入っていたがあまり役に立ちませんでした。相手方と自分の保険会社2社からの連絡対応に追われ仕事が手につかない時期もあり大変だった話です。

なぜ東京海上日動の事故対応は安心できるのか

東京海上日動は損害サービスにおいて、エキスパートたちが高い専門知識を活かし、最善を尽くして契約者が遭遇した事故を解決しています。

損害調査員数 約1,500人
弁護士数 約520人
顧問医数 約100人

最大20社の保険を比較してみる

東京海上日動の保険料・割引

東京海上日動の保険料は、下記にご紹介する条件や割引によって変わります。

東京海上日動の自動車保険料を決める要素

以下に挙げるような、免許の色や年齢条件、運転者条件によって保険料が決まります。

東京海上日動の免許割引き

東京海上日動の免許割引き制度は、詳しく掲載されていませんが10%の割引きがあるとされています。ゴールド免許を保有している場合になるので、年間の保険料が8万円程だと考えると8000円ほど安くなる計算になります。月々支払い換算すると700円もお得になります。その他のグリーン免許やブルー免許保持者は、割引き制度が適用されません。また自動車保険業界では、ゴールド免許を保有していても年齢ごとに保険料が異なっている場合もあるので注意が必要になります。
東京海上日動の免許割引は、ホームページやインターネット上に詳しく掲載されていないので契約をする時に自分の目で確認することが重要です。

東京海上日動の年齢条件

東京海上日動には、トータルアシスト自動車保険とTAPそれぞれに年齢条件が設定されています。」

トータルアシスト自動車保険の4つの年齢条件

トータルアシスト自動車保険は東京海上日動が提供している総合自動車保険の事で「年齢を問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「35歳以上補償」の4つの区分分けで年齢を定めています。

TAP3つの年齢条件

TAPは東京海上日動の一般自動車保険の別名で、レンタカーや教習自動車が対象外になっている点にトータルアシスト自動車保険との違いがあります。そしてこのTAPは「年齢を問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」の3つの条件を設けていて、「年齢を問わず補償」に関しては一般・総合保険のどちらも未成年者も対象となります。また記名被保険者が法人の際は対象者が全てに及ぶのも特徴です。

東京海上日動の自動車保険は走行距離区分の規定がない

東京海上日動は「何kmから何kmまで走った」という区分が存在しておらず、走行距離で保険料を変動させていない自動車保険です。そのため走行距離が多い人程メリットが多く感じられるかと思いますが、東京海上日動は代理店を通して保険の運営を行っているので、直接顧客と繋がっているダイレクト型保険と異なって年間保険料がやや上向きになっています。しかしながら走行距離規定のオーバーがない事に加えて「トータルアシスト自動車保険」という治療費や賠償費等の補償が適用されるサービスを展開しているので、利用者への手厚いアフターサービスが特徴的とも言えるでしょう。

配偶者限定と家族限定の違いとは

自動車保険を契約する際には必ず保険の対象となる範囲を定める必要があります。
その際に本人限定にするか配偶者限定にするか家族限定にするかまたは限定なしにする場合もあります。

ですが、配偶者限定と家族限定の違いが分からないという方も多いと思います。
では、実際に東京海上日動で契約した場合は配偶者限定と家族限定はどうなるのかというと
それは配偶者限定特約にすれば主な運転者とその配偶者が運転していた場合に保険が適用されます。

しかし、その範囲を家族にまで広げるとかなりその割引率もかなり下がってしまいます。
それが家族限定と配偶者限定の大きな違いです。

つまり誰が運転していた時に事故を起こした時に保険が適用されるかで
その割引率も変わってくるという事です。

またここは運転する人の年齢によっても割引率も違ってきます。

東京海上日動の自動車保険にある車の使用目的とは

東京海上日動の自動車保険では車の使用目的を決めて加入すると保険料が安くなる仕組みが用意されています。
この車の使用目的には日常・レジャー使用、通勤・通学使用、業務使用と3種類あります。
このうち保険料が高くなるのが業務用の車です。
なぜ保険料が高くなるのか、その理由は他の使用目的の車より事故リスクが高くなるからです。
逆に家庭用の車は事故リスクが少なくなるために保険料が安くなります。
車の使用目的によっては保険料に差が出るため、事前に比較検討することが重要です。
ただし保険料を安くしたいからと言って、本来通勤・通学用の車なのに日常・レジャー用の車で申告してはいけないです。
日常・レジャー使用で申告し、通勤・通学中に事故を起こすと補償が受けられない恐れがあるため正しい申告を行って下さい。

東京海上日動の割引制度

以下に挙げるような各種割引制度があります。

各種割引 割引を受ける条件
新車割引 ・契約車両の用途・車種が自家用車であること
・始期日の月が契約車両の初度登録年月の翌月から起算して25ヶ月いないであること
福祉車両割引 契約車両が福祉車両の場合
Eco割引 ・契約車両の用途・車種が自家用車であること
・ハイブリッド車もしくは燃料電池自動車であることが表示されていること
ゴールド免許割引 ・保険始期日にゴールド免許の方
複数所有新規特則 ・既に自動車保険を契約している人で2台目以降のお車を新の契約する場合
※一定の条件を満たす時
ノンフリート多数割引 保険始期日時点で契約者が記入被保険者として保険証券で3台まとめて契約している場合で一定の条件を満たす時

東京海上日動のセカンドカー割引

セカンドカー割引とは、2台目以降の車の自動車保険に新規で加入する際に、7等級から開始できるというものです。7等級から開始できるということは、割引率が大幅に変わるため、大変お得です。
東京海上日動のセカンドカー割引の特徴としては、1台目の車が東京海上日動以外の自動車保険に加入している場合でも、2台目以降の車であれば、セカンドカー割引の対象になるという点です。
2台目以降の車の自動車保険でお悩みの方は、東京海上日動のセカンドカー割引を考えてみてください。

最大20社の保険を比較してみる

東京海上日動の各種手続き

東京海上日動の手続きに関しては下記をご確認ください。

東京海上日動の支払い方法

トータルアシスト自動車保険というもので、入院時選べるアシスト特約」など、事故が起きてから損害の状況に応じて補償内容を選択することができるのも大きな特徴です。お支払い方法は、口座引き落とし、クレジットカード払い、コンビニ払い、請求書払いがあります。月払のご契約の場合、最終回目の月払保険料は満期日の属する月に請求します。口座振替、クレジット払いに関しては、一括払い、分割12回払いが可能です。コンビニ払いは、他に郵便局やペイジー、インターネットバンキングからも可能ですが、一括払いのみとなります。請求書払いに関しても一括払いのみが可能です。

東京海上日動の自動車保険の新規加入手続き

東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト自動車保険」は、パソコンやタブレット型端末を利用したご加入手続きも可能ですが、基本的には東京海上日動の代理店を介した契約手続きがメインの加入手続きとなっています。

まずはお電話等でご連絡

したがって、東京海上日動で自動車保険に加入されたい方は、まずは代理店または東京海上日動まで連絡しましょう。担当者が希望にそった保険商品を案内するとともに、東京海上日動の代理店より自動車保険の見積りが送付されます。この見積りで検討し、希望のご契約内容を決めることになります。

代理店でご契約お手続き

契約内容を決定したら案内さた代理店に行き申込書を作成することになります。契約にあたっては、代理店から提示されたパンフレット兼重要事項説明書をよく読んだ上で、申込書に署名または記名・押印、これを代理店の担当者に提出します。こうした手続きが終了した後、東京海上日動より手元に保険証券等が送付され保険加入が完了となります。

すでにご加入の方の手続き

すでに東京海上日動にご加入の場合、下記の手続きが必要になる場合があります。

東京海上日動の更新手続き

契約の満期日の2か月前をめどに、東京海上日動から更新の案内(更新ガイドブック・重要事項説明書等)が発送されます。更新の案内が到着後に契約の東京海上日動代理店または東京海上日動より具体的な手続き等について連絡があります。また、契約の満期日までに契約者と連絡がとれず、契約者から更新の申出がない場合は、更新特約にもとづき、更新前の契約と同様の契約内容にて自動車保険の契約が自動更新されます。

東京海上日動の解約手続き

東京海上日動の自動車保険の解約の手続きについては契約した東京海上日動の代理店または東京海上日動の営業店にて承っており、契約者本人からの連絡が必要になります。書面での手続きが必要となり、インターネットや電話からの手続きは不可能となっています。

住所変更

保険証券に記載されている専用フリーダイヤルのカスタマーセンターへ電話するか、または契約した代理店にて住所変更の連絡を承っています。契約した本人による連絡が必要となります。また、住所変更については、契約者専用ページに登録するとホームページ上で受付が可能になります。

保険料を滞納してしまった時の対処法

その月の自動車保険の保険料の振替ができなかった場合は原則として翌月に再度前月分を請求します。再度の請求でも振替ができなかった場合、その後東京海上日動から口座への請求は行わず、別途契約者が保険料を払込む必要があります。自動車保険の支払いを3カ月滞納してしまうと強制解除になってしまうので気をつけましょう。

中断証明書の発行

中断証明書は一旦車を手放して次の車に今まで契約していた自動車保険の等級を引き継ぐことができるシステムで、契約している自動車保険が7等級以上であることと、実際に車を手放していることが中断証明書の発行の条件となります。なお、中断証明書の利用には、契約の中断日(解約日または満期日)から5年以内に、契約している東京海上日動の代理店または東京海上日動に、中断証明書の発行を申出する必要があります。

等級引継ぎ手続き

新しい車を購入して車を入れ替えた際(乗り換えた際)に今まで契約していた自動車保険の等級の引き継ぎができます。引き継ぎの条件は、入替後の車の所有者が記名被保険者、契約する車の所有者(所有権留保条項付売買契約による車の場合は買主、貸借契約により借り入れた車の場合は借主。)それらの配偶者または同居の親族であることで、入替後の車が、新たに取得または1年以上を期間とする貸借契約により借り入れた車、または所有者が記名被保険者、契約する車の所有者に該当する方が既に所有している車であること。
契約の車(古い車)と入替後の車(乗り換えた車)が同一の用途・車種(同一とみなして取り扱うことができる用途・車種を含みます。)に該当することが必要となっています。

また、自動車保険会社を変更する場合でも自動車保険の等級の引き継ぎ自体は可能となっています。契約している保険の満期日の翌日から起算して7日以内に次の自動車保険会社に契約を済ませる必要があります。

車両入替

車両入替の手続きについては東京海上日動カスタマーセンターの電話受付、または契約した代理店にて承っています。新しい車の自動車検査証等を用意したうえで、契約者本人からの連絡が必要となります。
東京海上日動カスタマーセンターへの連絡は保険証券に記載されている専用フリーダイヤルを利用してください。
なお、手続きに際しては契約者本人であることを確認されます。

名義変更

中古車の購入やオークションや個人間の自動車売買等で、保険の申込みまでに自動車検査証等の所有者の名義変更が間に合わない場合等で、車の所有者の名義が実際の所有者と同一でない場合は、自動車保険の契約に際して所定の手続きにより所有者の実態を確認しています。
東京海上日動に契約中、名義を変更するときの手続きについては東京海上日動の代理店または営業店に確認が必要となります。契約手続き後、所有者名義の変更手続きをすることになります。インターネットや電話による変更手続きは使用できません。
また、改姓の手続きについては、東京海上日動カスタマーセンター(フリーダイヤル)または契約した東京海上日動代理店にて承っており、手続きには契約者本人からの連絡が必要となります。

最大20社の保険を比較してみる

東京海上日動とあいおいニッセイ同和損保など5社徹底比較!他の代理店型自動車保険との違いは?

東京海上日動の自動車保険を競合5社と比較してみましょう。

保険会社 保険料 強み 弱み
東京海上日動 ★★★☆☆
¥38,360
・国内のメガ損保 東京海上日動ブランドの信頼
・補償が充実
・イーデザイン損保と比較し保険料がかなり割高
セコム損保 ★★★★☆
¥25,830
・代理店型と通販型を両方扱っていて選択可能
・標準装備の補償が多い
・ロードサービスが他社より目立たない
三井住友海上 ★★☆☆☆
¥41,060
・国内のメガ損保MS&ADインシュアランスグループの安心感
・プラン次第ではかなり保険料を抑えられる
・三井ダイレクト損保と比較し保険料がかなり割高
AIU保険 ★★★☆☆
¥32,310
・グローバル大手AIG傘下の安心感
・レッカーは運搬距離を問わず無料
・可も無く不可も無い
富士火災 ★★☆☆☆
¥40,050
・ロードサービスの満足度が高い
・事故の初期対応が迅速
・補償内容など資料がわかりづらい
あいおいニッセイ同和損保 ★★☆☆☆
¥34,080
国内のメガ損保MS&ADインシュアランスグループの安心感
・他社より環境への配慮を尊重
・レッカー移動は60kmまで無料
・保険料が割高
・事故対応が他社に劣る

比較してわかる!東京海上日動の自動車保険

東京海上日動は日本最初の保険会社であり国内有数の海上系メガ損保として、長きにわたり信頼と安心を培ってきた老舗の自動車保険会社です。

東京海上日動とあいおいニッセイ同和損保を比較

あいおいニッセイ同和損保は、東京海上日動同様メガ損保の自動車保険です。この2つを比較すると、事故が起きて自動車が走行不能になり自動セットの特約にてレッカーけん引をそれぞれ依頼した場合、東京海上日動が利用料の上限15万円のところを、あいおいニッセイ同和損保であれば利用料を30万円を限度に支払ってくれます。例えば山間部など、整備工場まで距離のあるようなが外出の多い方ではあいおいニッセイ同和損保が良いでしょう。

東京海上日動と富士火災を比較

富士火災も創業は大正7年と歴史ある保険会社で、グローバルの大手損保グループであるAIGの参加ということもあり長年の厚い信頼があります。しかし、事故が起きサービスを受けた加入者の口コミでは東京海上日動の方が圧倒的に満足したという評判が集まりました。両社とも、歴史ある代理店型自動車保険として対面での安心感も提供していますが、富士火災の方が目立たない印象です。

最大20社の保険を比較してみる

東京海上日動の会社概要

東京海上日動の会社情報は以下をご確認ください。

社名 東京海上ホールディングス株式会社
本社所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-2-1
業務内容 損害保険会社、生命保険会社、証券専門会社、保険業を営む外国の会社、その他の保険業法の規定により子会社とした会社の経営管理
取締役社長 永野 毅

東京海上日動の自動車保険の約款はWEBで閲覧できる

東京海上日動の自動車保険の約款はWEBで閲覧できます。しかしトータルアシスト自動車保険(総合自動車保険)とTAP(一般自動車保険)、ドライバー保険(自動車運転保険)に分かれていて、それぞれ始期日によって約款が違うので注意しましょう。

東京海上日動の問い合わせ方法

東京海上日動自動車保険への問い合わせ方法は、電話とインターネット、窓口の3つの方法があります。
商品・サービスに関する問い合わせや不満や要望はカスタマーセンターへの電話・インターネットで、保険金の請求に関する問い合わせは電話のみで、保険の各種手続き(加入や契約内容の変更・解約など)は代理店・営業店の窓口で、といったように問い合わせ内容によって方法もそれぞれ違ってきます。

商品・サービスに関する問い合わせにおいての例外

上記の商品・サービスに関する問い合わせでは例外として個別の方法が用意されているものがあります。それは、超保険・ちょいのり保険に関する問い合わせです。これらは一部の店舗でのみ取り扱われる保険なので、専用の超保険カスタマーセンターや1日自動車保険カスタマーセンターにて問い合わせをするということになっています。

東京海上日動のメディア情報

東京海上日動はTVCMやアプリなど様々なメディアで見ることができます。

東京海上日動のCM

東京海上日動のCM、挑戦シリーズには開発篇と留学篇の2種類があります。
開発篇は企業の開発者がロケット開発を夢見て入社、年月が経ち社長の前でプレゼンするも反対をされてしまう。1度は諦めかけるも何かに背中を押されて1歩を踏み出す。1年後その夢を掴み取ると言うものです。
留学篇は女子高生が海外留学を夢見るも親の反対にあって教師との3者面談の場で諦めそうになる。そこでまた何かに背中を押されて1歩踏み出す。留学の夢を叶えると言うものです。
両篇共その背中を押す何かが東京海上日動でありたいというCMになっています。
俳優は開発篇は郭智博さん、留学篇は山田杏奈さんが主人公です。

東京海上日動の自動車保険のアプリの特徴と使用方法

東京海上日動のスマホアプリ「モバイルエージェント」は、誰でも簡単に使用することができて、ECOドライブ・安全運転状況・ご当地クイズなど楽しみながら利用する事ができるアプリです。また、担当代理店へすぐに連絡することができることや自分の位置をコールセンターに知らせることもできます。とてもシンプルな操作性になっているので安心して利用する事ができるアプリになっています。アプリを使用する際の費用はかかりませんが、ダウンロードをすることなどでの通信料金は利用する方が負担となるので注意が必要です。対応していない機種も一部あるので利用する際は確認する必要があります。

他の自動車保険を比較する

東京海上日動損保以外の自動車保険

通販型 ソニー損保
アクサダイレクト
三井ダイレクト損保
おとなの自動車保険
イーデザイン
チューリッヒ保険
SBI損保
そんぽ24
セコム損保
代理店型 東京海上日動
三井住友海上
あいおいニッセイ損保
富士火災自動車保険
AIU保険

各社それぞれに特徴があり自分に合ったものを見つけるのは大変だと思います。
そこで、自動車保険の一括見積もりというのをご紹介します。

「保険スクエアBang!」で一括見積もり

自動車保険を比較できる「保険スクエアBang!」は最短3分で約20社を無料で見積もりすることができます。

一括見積もりをする

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×