自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

【東京海上日動】マツダ・CX-7の自動車保険の口コミランキング比較

マツダ・CX-7の自動車保険の口コミをご紹介します。

保険スクエアbang!なら、あなたの自動車保険も3分で一括見積依頼! /

安い自動車保険を探す


【人気保険ランキング】人気のマツダ・CX-7の自動車保険料を徹底比較

マツダ・CX-7は2006年から2013年まで販売されていたクロスオーバーSUV型乗用車です。
CXにはクロスオーバー車であるという意味が込められ、直噴ターボエンジンなどマツダ・スピードアテンザと共通する部分が多く、2009年のマイナーチェンジが行われています。
マイナーチェンジ以降、より洗練された外観と室内空間、向上した燃費を含め車に関する情報を集約して表示するディスプレイなどの先進的な機能が搭載されました。
マツダ・CX-7のドライバーが選んだ自動車保険はどのようなものでしょうか。

平均保険料 平均年間走行距離
¥90,000 6,000km
【最新】
マツダのCX-7でみんなが選んでいる人気保険ランキング
1位 東京海上日動
2位 損保ジャパン日本興亜
3位 おとなの自動車保険
※オリコン、価格.com、楽天の人気3社のランキングと
当サイトが集めた体験談をクロス集計したランキングです。

 

安い保険を探す!

 

東京海上日動の自動車保険は代理店の対応が満足できる

ペンネーム ももち
性別 女性
年齢 23
免許の色 ブルー免許
等級 6
使用地 京都府
メーカー・車種 マツダ・CX-7
保険会社名 東京海上日動
年間保険料 110,000円
運転者条件 限定なし
使用目的 業務
年間走行距離 3,000km~5,000km
車両保険

東京海上日動を選んだ理由

初めて自動車を購入したときに、東京海上日動保険に加入したポイントとして、
親が契約しているのが東京海上日動だったことと、その東京海上日動保険の代理店の社長は事故の時に頼りになる人だという噂があったことの2つがあります。

保険料は高いと感じたが加入を決めた

すぐに東京海上日動保険にするかどうか迷ったポイントとしては、自動車保険の保険料が他社と比較して少し高いと感じたことです。
けれど、実際に事故にあった人から、その保険会社の対応素晴らしさを聞いた時に、自動車保険を比較して最終的には値段が高くても信頼できる代理店の方にお願いしたほうが安心だということで、保険は保険なんだから安心感をお金で買うことにしました。

15年間無事故、継続して更新していたが突然の事故

契約してから15年間ほど無事故でしたが、ある日交差点で接触しかけるという事故(?)を起こしてしまいました。
車に接触をしないように安全のためのセーフティーブレーキがあったため、接触はしなかったものの相手方は急ブレーキを踏みました。

後部座席に乗っていたお子さんがのけぞって頭を打ったとの申し出があり、こちらとしては接触もしていないのに事故扱いにするのか?などの疑問や、やはり突然の出来事に少しパニック状態で混乱してしまい動揺していました。

事故後の対応の満足している点、不満な点

東京海上日動はとりあえずこういう時の自動車保険だと思い、事故センターへ連絡をしました。
こちらは動転しているので何から話していいのかわからなかったのですが、電話の向こうの対応係の人は、要点を一つずつ確認しながら聞いてくれたために、だんだん落ち着いて話をすることができました。

おおむね対応には満足でしたが、一つ不満な点としてはその事故の日が日曜日だったために、私の事故担当者との連絡は翌日になるということでした。
病院に行くかどうかなどの判断はこちらでしないといけない(当たり前なのでしょうが)不安は解消されないまま、警察に連絡したり、病院へ行ったりなどの対応に追われることになりました。

不満であったコールセンターの日曜非対応、代理店で解消

その後冷静になってきた私は、初めに入ろうと思った代理店の社長のことを思い出し、直接代理店に連絡を入れてみることにしました。
休日にもかかわらず、社長は電話で対応してくれることになり、「相手の人とはこちらのほうで対応する」という心強い言葉をいただいて、不安な状態と動揺から解放され、やっと安心することができました。
代理店の社長がいなければ、この不安と動揺は消えなかったように思います。

事故対応がポイントだが、保険会社よりも代理店次第

事故サービスセンターの電話の対応の方も、確かに丁寧で満足するところではあるのですが、やはりいざという時には「頼りになるかどうか」というところでの判断が、自動車保険では一番大事なのではないかなと改めて思うようになりました。
おかげで相手の方との話し合いも進み、子供にも異常はないということで、不安から解放され、この東京海上日動保険会社でよかったと思えます。
保険選びは、1つの会社ではなく複数の会社を見比べることは重要ではないかなと感じました。複数見て自分に適した保険を選ぶのが今の主流なのではないかなと思います。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×