箱根ターンパイクを封鎖してGTマシン・ドリフトマシンが爆走。前代未聞モーターヘッドの動画がヤバイ

 更新日:2015/01/04    カテゴリ:車動画まとめ

箱根を貸し切ってドリフト

「カスタムの突破力!」をコンセプトに発行されているモーターヘッドが主催で、日本の箱根ターンパイクを封鎖し、GTマシンやドリフトマシンが200km/hオーバーの全開で駆け抜けていく動画が公開されました。

走り屋にも人気の高い箱根ですが本来であれば法律上、今回のような走り方はご法度。海外ではケンブロックのジムカーナのように公道を貸し切って撮影された動画も多々ありましたが、日本でこの規模は今回が初めてではないでしょうか?

BMW Z4

箱根の峠を200km/hオーバー

最初に登場するBMWのZ4のドライバーはルマンやフォーミュラー・ニッポン、SUPER GTなどの経験があるプロドライバーの荒聖治。このBMWのZ4は最高速度214km/h(汗

フォードGT

フォードGT40

2代目は1960年代に生産されたフォードGT40。フォードGT40の最高速度は156km/h

R35 GTR(ドリフト仕様)

全開ドリフトのR35GTR

チューニングされたドリフト仕様のR35GTR。ライバーはD1グランプリに参戦している川畑真人。

5速全開200km/hオーバーでのドリフトは圧巻。

R35 GTR

チューニングされたR35GTR

次もチューニングされたR35GTR。最高速度は220km/h。ドライバーは谷口信輝

スバル インプレッサ

カスタムされたインプレッサ

インプレッサ。最高速度は190km/h。ドライバーはSTIでSUBARUの走りをつくり上げてきた辰己英治。

スバル インプレッサその2

スバルインプレッサ

ラリー仕様のスバルのインプレッサ。この車はナンバーついてるから一般車?最高速度は190km/h。ドライバーはラリードライバーの新井敏弘

車もドライバーもプロの本格的な撮影でかなりヤバイ動画ですね。

日本でもこういった公道を貸し切った撮影やイベントが増えるといいなぁ。

引用:モーターヘッドマガジン

PAGE TOP ↑