全塗装はもう古い?白のボディをブルークロームに。カーラッピングの行程動画

 更新日:2015/01/04    カテゴリ:車動画まとめ

ブルークロームのランボルギーニ

車の全塗装はちょっと・・・でも色を変えたい。というニーズから最近人気のカーラッピング。
全塗装とは違い、フィルムを貼るだけなので剥がせば元のボディカラーに元通りにできることからマットカラーやクロームカラーなど通常の塗装では難しかったり莫大な費用がかかるカラーへのチェンジが人気。
今回はそんなカーラッピングの行程をランボルギーニのガヤルドで実際に行っている行程の動画を紹介します。

動画は白のガヤルドがショップに入ってくる所からスタート。

白のガヤルド

ラッピングはヒートガンを使って伸ばしながら形状に合わせて空気が入らないように貼っていき、最後に余分な部分をカットするやり方。窓に貼るカーフィルムに似てます。

ヒートガンで伸ばして貼って行く

ブルークロームのラップをボンネットやバンパー、フェンダーなどパーツ毎に貼って行き全体をラッピングしていきます。

フェンダーがブルークロームに

これをボディ全部に施すとこんな感じで白かったガヤルドがブルークロームに。

ブルークロームのランボルギーニ

この動画は海外の動画ですが、国内でもカーラッピングができるショップも増えてきています。フルラッピングだと20万〜50万ほどかかってしまいますが、通常の塗装で出来ないカラーにチャレンジしやすいので、興味がある人は探してみていかがですか?

フルラッピング以外にもボンネットのみやルーフのみなら5万円前後でできるので、車のちょっとした印象を変えるのにはいいのではないでしょうか。

PAGE TOP ↑