すぐわかる!車両保険の免責

そもそも車両保険の免責ってなんだろう

免責とは「自己負担分」のこと

事故による破損などで車の修理が必要になったとき、その修理費用の補償などにおいて、そのうちの一定額を保険会社ではなく被保険者本人が負担することがあります。それが免責です。車両保険における免責金額とは、「保険会社が支払いを免れる金額=被保険者の自己負担になる金額」のことを示しています。下の図で見るとわかりやすいですね。
(図)
ですが、もしものために保険に入っているのに、どうしてわざわざ自腹を切るのでしょうか。車両保険で免責金額を設定するメリットについてはこちらで開設します。

設定する、しないもあなた次第。免責は自分で選択するもの

免責金額、すなわち自分で負担する金額については選択することができます。基本的には車両事故1回目の免責金額、2回目以降の免責金額を、それぞれ設定することが多いようです。保険会社によっても異なりますが、1回目5万円、二回目以降10万円に設定した際は【5-10】と表記されることもあります。では【0-0】というのはなんでしょう。これは何回目の事故であっても自己負担を負わないということです。つまり「免責金額を設定しない」ということと同じ意味ですね。

車両保険適用=免責の適用 ひとめでわかる免責適用事例の一覧

自己負担が発生する事例にはどんなものがあるでしょうか。実は、「車両保険が適用される事例=免責が発生する事例」なのです。よって車両保険が適用される事例はおおむね以下のようになります。補償範囲は保険会社によっても異なりますので、くわしくは確認しましょう。
(図)
車両保険には大きく分けて「一般車両保険」、「エコノミー(車対車+A)」の2タイプがあります。補償が充実している分、一般タイプの方が保険料は高くなります。

免責金額はいくらにすべき?免責金額をゼロに設定しない2つのメリットと1つのデメリット

メリット①保険料が安くなること

車両保険の免責金額は、高く設定すればするほど月々の保険料は安くなります。つまり【0-0】よりも、【0-10】、【0-10】よりも【10-10】に設定した方が保険料は安くなるのです。保険会社やそれぞれの個人条件によって金額は変わってきますが、だいたい年間8000円から15000円の差額が生まれます。どのくらい安くなるのか気になる方は、こちらの表を見てみてください。

メリット②必ずしも免責金額ぶんの負担がないこと

ちょっと不思議かもしれませんが、免責金額をいくらと設定していても、必ずしもその金額を負担することになるとは限りません。それならば免責金額を設定しておいた方が、保険料が安くなってお得かもしれませんね。ではどんな場合なら免責金額を負担しなくてよいのでしょうか。それは車が全損した時です。全損には以下の3つの場合があります。

車が修復不可能であるとき

まず挙げられるのが、車が事故などによって修復不可能なまでに損害を受けてしまった場合です。車が自動車としての機能を果たせなくなってしまったときは、全損として扱われます。

車が盗難にあったとき

車が盗難にあって発見できない時も、全損として扱われます。盗難によって、全損あつかいになり損害保険金が支払われたあとは、その車の所有権は保険会社に移転します。よってその後に被保険自動車が発見された場合も、原則的には返還してもらえません。

修理費が車両保険の保険価額以上になったとき

車両保険に加入するとき、保険価額(補償の上限金額)を設定します。保険価額は、一般的に契約時に各保険会社が設定した車両の時価額、再調達価額が基になっています。この保険価額を修理費が超えてしまうと全損扱いになります。例えば、事故による修理費用が50万円となった場合、その車の保険価額が30万円であれば、修理可能な状態であっても全損として扱われるのです。

デメリット①事故時にまとまったお金が必要なこと

先に述べたような例外はあっても、免責金額はもしものときに自己負担になる金額です。事故にあったうえに手元の貯金を取り崩すのは精神的に辛いですよね。事故時に自分の手元にいくらくらいの余裕をつくれるかを考慮したうえで、免責金額を設定する必要があります。「そうはいっても、具体的に1回目と2回目の設定金額をいくらにすればいいのか、金額によって保険料にどのくらいの差が出るのか、いまいちピンとこない…」という方のために、次のトピックでパターン分けをしてみました。あなたにあった免責金額を設定しましょう。

ひとめでわかる!免責金額の設定パターンと保険料

免責金額設定の3つのパターン

免責金額の幅は各会社ごとに異なりますが、設定方法には大きく分けて4パターンあります。免責金額を設定するか(①しない=0-0)、どう設定するか(②2回目以降の額を上げる+車対車免責ゼロ特約、③2回目以降の額を上げる、④1回目と2回目を同額に設定する)の4パターンです。以下の図のようになっています。
(図)

保険料から比較する、免責金額の設定4パターン

では、4つのパターンごとの年間保険料を見てみましょう。保険会社2社を対象に、まったく同じ条件で試算しました。
(図)
同じ条件で試算を行ったところ、上記のような結果になりました。B社では免責金額の設定金額によって年間の保険料に2万円の差が出ました。気になった方は以下のサイトで試算することができます。

免責金額を設定しているのに、1回目ゼロ円?車対車免責ゼロ特約

保険期間中に発生した最初の事故が他の自動車との衝突・接触事故であり、相手方を確認できる場合にかぎり、 この特約により自己負担額を差し引かずに保険金が支払われる特約です。たとえば、免責金額を【5-10】に設定していて、1回の事故として他の自動車との衝突事故が発生した場合、免責ぶんの5万円は差し引かれません。そのまま100万円が保険金として支払われます。もしもの事故のときには自己負担なしで備えたいけれど、保険料もおさえたいという方は付帯するのがおすすめです。

免責金額の相場は0~10万円

免責金額は各会社ごとに設定方法や幅も異なりますが、だいたい0円、5万円、7万円、10万円の組み合わせで選ぶようになっています。A社のように【0-0】の金額設定ができない会社もあれば、B社のように車対車免ゼロ特約自体が存在しない会社もあるので、比較することが重要です。

みんなはどうしてる?免責にまつわる体験談とおすすめの免責金額設定パターン

免責金額の設定パターンについては把握できたでしょうか?ほかの人はどうしているのか気になりますよね。では実際にどんな声があるのか、おすすめのパターンについて体験談を見てみましょう。
(図)

最適な保険料のために。免責設定のポイントと見直しのタイミング

等級が下がった後の保険料を意識して、免責を設定しよう

車両保険を使うと次の年度から保険料が上がります。少額の事故の補償ため高い保険料を払うのはもったいないですよね。そんなあなたには高額の免責金額を設定することで保険料が節約できます。もしもの時だけに使うのが保険です。例えば、現在年間3万円の保険料で6等級の方が事故を起こして3等級に下がった場合、次の年度は約4万1千円に保険料が上昇します。保険を適用していない場合だと次の年度は等級が7等級に上がり、保険料は約2万6千円になりますよって1万5千円の差が生じます。この金額分よりも保険料が安くなるように免責金額を設定することをおすすめします。
(図)

車の価値は毎年下がる。年に1回、車両保険を見直そう

車両保険の保険金は車両価格で決まります。車の価値は毎年下がり、減価償却されていきます。毎年、その車両に車両保険をいくらかける必要があるのかを見直し、免責金額についても見直すのがよいでしょう。

車両保険をつけると保険料はどれだけ高くなる?一括見積もりサイトで比較してみよう

車両保険をつけた保険料は、保険会社によって差が出る

車両保険をつけると、どうしても自動車保険の保険料は高くなりますが、2015年のデータによれば車両保険に加入している人は56パーセントと過半数です。車両保険をつけるかどうか迷っている方は、実際にどのくらいの保険料がかかるかご存知でしょうか。入る以上は安心も安さも両方譲れませんよね。車両保険を付けた保険料は、保険会社によっても大きく異なります。自分の保険を見直せば、車両保険をつけても保険料が上がらなくて済むかもしれません。

まとめて比較するには、一括見積もりサイトがおすすめ!

保険会社で見積もりをしようと思っても、いくつもあたるのは大変ですよね。一括見積もりサイトなら、手の空いた少しの時間で、たった一度の入力で保険会社ごとに補償や保険料を比較できます。

一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」がおすすめな3つの理由

一括見積もりサイトのなかでもbang!がおすすめな理由として
・安心
・早い
・予約ができる
以上の3つが挙げられます。bang! は、15年以上にわたり300万人以上に利用されているため、安心して利用できます。入力にかかる時間はたったの3分です。また、bang!には見積もり依頼予約機能があり、必要な情報を入力しておけば、満期日まで60日の時点で自動的に見積もり依頼を完了してくれます。一般的に満期日が90日以上先の場合は、保険料の見積もりをすることができないのですが、この機能があれば先の見積もりも忘れずに行えます。用意するものは免許証と保険証券または車検証の2つだけです。さっそく比較してみましょう!

知っておきたい免責の「実は」

手続きは簡単。契約後に必要な書類はない

免責は簡単に契約することができます。また、契約後も面倒な書類等の必要なものはありません。

免責に消費税はつかない

保険会社から収受する金額は免責金額をを除いた除いた金額となります。また、支給された保険金も課税対象ではないため、免責では一切消費税がかかりません。

免責の回数は契約期間でリセットされる

免責は多くの保険会社で1回目と2回目で金額を決めます。例えば1回目は5万円の免責、2回目は10万円といった形です。この回数は1年が契約期間になっている場合が多いため、翌年の更新でカウントがリセットされます。免責設定後、自身が経験する2回目の事故であったとしても、契約更新後であれば、1回目の免責金額が適用されるのです。

レンタカーで事故。もしものための免責補償制度

レンタカーを借りた際に負担する車両免責額と対物免責額を免除する制度です。一定の加入料を払うことでレンタカーで事故を起こしてもお金を払う必要がなくなります。しかし、免責補償制度を利用してもレンタカー会社に対しては営業補償料を支払わなければいけない場合が多いです。

車両保険は悩むぐらいなら入る必要あり!

入っていればよかった!車両保険が必要ないと思った人達の悲鳴 当て逃げの被害で総額30万円の修理費 都内在住30歳会社員の男性。ガソリン代が馬鹿にならないので、少しでも固定費を浮かせようと自賠責保険

続きを見る

車両保険は使うべき?3等級下がると自動車保険料は約3万円ほど高くなる

車両保険は使うと等級は下がる?等級で変わる保険料の早見表保険料8万円で計算等級数 割引率(%) (事故無し) 割引率(%) (事故有り) 保険金額(円) (事故

続きを見る

自損事故で車両保険を使用するメリット

一目瞭然!車両保険タイプと保障範囲の一覧 車両保険は一般型と、エコノミー型があり、適応範囲は異なる 車両保険とは、自車にのみ適応される保険です。一般型とエコノミー型の2つ種類があります。この2種類

続きを見る

車両保険の補償金額はいくらにするべき?

一目瞭然!車両保険タイプと保障範囲の一覧 車両保険は一般型と、エコノミー型があり、適応範囲は異なる 車両保険とは、自車にのみ適応される保険です。一般型とエコノミー型の2つ種類があります。この2種類

続きを見る

自動車保険によくある勘違い 知っておきましょう弁護士費用特約

「自動車保険、どうしてこんなに高いの?」事故に遭わない人ほど、毎月支払う保険料に疑問を感じることがあると思います。また自分の契約している保険もどこまで補償を受けられるのか、細かいところまで把握仕切れて

続きを見る

自損事故で自動車共済を使いました

ダイハツムーブコンテを購入して1カ月後に追突事故に遭い、リアバンパーを大きく損傷しました。東京海上日動の新価保険(新車保険特約)に入っていたがあまり役に立ちませんでした。相手方と自分の保険会社

続きを見る

ハイブリッド車や電気自動車なら、エコカー割引を活用

新しく車を購入するにあたり、ハイブリッドカーや電気自動車を検討している人はいませんか? いわゆる「エコカー」と呼ばれる車には、地球環境に優しい、燃費がよいのでお財布にも優しいなどのメリットがあります

続きを見る

PAGE TOP ↑